読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションや見た目に関することを比較するサイトです。

ボタンについて 貝ボタン? オシャレなボタンは存在するのか?

ファッションその他 ファッションその他-生地・素材
スポンサーリンク

ボタン

f:id:penta0602:20151007183006j:plain

パーカーにもシャツにもジャケットにも付いているパーツ「ボタン」

普段あまり意識しないと思いますが、ボタンは印象を左右するパーツです。

色、大きさ、種類等によってその洋服の見た目を激変させます。

なので今回はそんなボタンの「見え方」について紹介します。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

実際どれぐらい違うの?

 ボタン1つで実際どれほど印象が変わるのか写真を交えて紹介していきます。

 

色編

f:id:penta0602:20151007183956j:plain

 

f:id:penta0602:20150830001207j:plain

 

上が白シャツに黒ボタン。

下が白シャツに白ボタンです。

 

もう全く別物ですよね?

色数が少なければ少ないほどシンプルで大人っぽくなります。

ボタンの色はとても重要です。

 

 

大きさ編

f:id:penta0602:20151007184623j:plain

 

今度はボタンの大きさに注目してみましょう。当たり前ですが、ボタンが大きければ大きいほど存在感が増します。

つまりその洋服においてのボタンの重要度が増すという事です。

色が生地と違えば目立つしボタンが大きければより目立ちます。

 

すごい当たり前のことなので何言ってるんだ?と思われるかもしれませんが、ここを意識して洋服を選んでいる人は意外と少ないものです。

 

洋服が好きな人にとっては当たり前のことですが、当ブログを読んでいただいている方は昔から洋服が好き!と言う方は少ないはずなので、言われてみればと思うでしょう。

 

 

種類編

色や大きさはとても簡単な話で覚えることもないですし意識さえすれば分かりやすいです。

 

でも種類に関してはどんなものがあるか知らないでしょう。

そもそもボタンに種類があるなんて考えていない人も多いでしょう。

でもいくつも種類があって、それぞれ見え方も違います。

 

珍しいものを覚えても見る機会がないと思うので、それなりに見かけるものだけ紹介します。

 

ポリエステルボタン

f:id:penta0602:20151007215228j:plain

素材的に加工しやすく、日本のみならず世界でも大きな割合をしめているのがポリエステルのボタンです。

後述する高級ボタンの「貝ボタン」の代用品としても使われています。

f:id:penta0602:20151007215444j:plain

↑貝ボタン風のポリエステルボタン

 

貝ボタン

f:id:penta0602:20151007215916j:plain

見ての通り高級感のあるボタン。

見た目だけでなく実際に高級な洋服に使用されています。

 

ナイロンボタン

f:id:penta0602:20151007183006j:plain

写真のように発色性にとても優れているのがナイロンボタン。

カジュアルライクなボタンです。

 

 

まとめ

 

例えば「白シャツが欲しい」と思っても、最初はボタンの色まで考えられません。

 

しかし、黒のボタンの白シャツと白のボタンの白シャツを同時に見れば「ボタンの色が違うからこっちの方が良い」と誰でも理由が明確になります。

 

でも別のお店で見たとしたら「なんとなくだけどこっちの方が良い」のように理由が曖昧になってしまいます。

意識して見ていないと分からないものなんです。

 

そして曖昧になるとたまに失敗します。

「あれ・・・?前の店のシャツはどんなのだっけ?」となり、ベストな選択が出来なくなることがあるでしょう。

 

しっかりと理解していればそのようなミスは起こりません。

ボタンに限ったことではなく「○○だからこっちの洋服のが好み」と考えることが出来るようになると買い物で失敗もなくなりますし、より楽しくなると思います。

 

ただしパーツや素材にこだわりだすと素材が良い物がオシャレだと考えがちになります。

オシャレとはコーディネート全体で決まるものです。

パーツを意識してみることは大切ですが、それだけにとらわれてはいけません。

 

今回はここまで。