読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションに興味が出てきたけど、どんな洋服を買えば良いか分からないという方の手助けが出来るようなメンズファッションブログを目指します。

ファストファッション各社特徴PART2

スポンサーリンク

引き続きファストファッション解説です。

前回の記事はコチラ↓

残りは全部で5つです。これで大体は網羅出来たのではないでしょうか?

 

 

レイジブルー

 

f:id:penta0602:20151013025522j:plain

 

アダストリアが運営する若年層をターゲットにしたショップです。後述するグローバルワークもアダストリアが運営していますね。そちらはレイジブルーよりもほんの少しターゲットの年齢層が上な印象。

 

でも中年の方でもグローバルワークよりレイジブルーのがオススメです。

レイジブルーは高校生や大学生御用達のイメージで買いにくいかもですが、グローバルワークより明らかに良いと思います。

 

昔は子供っぽいデザイン多いなと思っていたのですが、最近はかなりシンプルで大人っぽいデザインが増えてきた気がします。同会社が運営する少し高めのショップ「ハレ」に近づいたのかなと。

 

接客はユニクロとかと違い積極的です。ガンガン話しかけてきます。苦手な人は注意しましょう。

 

オススメアイテムは特にないですが全体的にシルエットが良い印象です。

素材はユニクロや無印良品に比べるとやはり劣りますがシルエットでは互角以上かなと思います(平均したらです)

 

 

 

グローバルワーク

 

f:id:penta0602:20151013031731j:plain

 

商品はレイジブルーのがオススメですが接客はコチラの方がオススメです。

困ってたら気づいて話しかけてくれるイメージ。自分から聞きに行けない人に良さそうです。

価格はレイジブルーと同等。ユニクロよりは気持ち高いですかね。最近はあまり差がなくなってきている気もしますが。

 

 

 

 

センスオブプレイスバイアーバンリサーチ

f:id:penta0602:20151013032351p:plain

センスオブプレイスは有名セレクトショップのアーバンリサーチが手掛けるファストファッション業態。

安い物からそこそこ高い物まで幅広くあります。

バシバシセールになるのでセール品だとユニクロより安くなることがほとんどです。

商品のイメージはレイジブルーと似た印象。やはり素材は劣るがシルエットは良いですね。

接客はグローバルワークに似ていますかね。レイジブルーほどガツガツしていないと思います。

 

 

 

GU

f:id:penta0602:20151013033538p:plain

GUは安すぎますね。本当に安いです。高校生や既婚者で洋服に使うお金が全然ないという方に抜群にオススメです。

ユニクロのがもちろん良いですけど、探せばいい物もありますし定番ものは揃っています。

まずはワードローブを揃えるのが重要なので最初はGUで良いと思います。

 

 

 

ザラ

f:id:penta0602:20151013034002p:plain

最近一番見直したのがザラです。値段がやや高めなのがネックですけど、使いやすいアイテムが多いです。他のショップに比べてモノトーン重視ですしシルエットも良いです。

何も知らないで適当に買い物しても様になりやすいのはザラなのかなと思いました。

 

オススメアイテムはスキニ―パンツです。

他ファストファッションにはないシルエットだと思います。

ファストファッションのスキニ―ってそこまで細くないんですよね。だからスキニ―の意味が薄れてしまっていると思います。

5000円程度で買える物があるので値上げしているユニクロとの差も1000円程度。それならザラでも良いのではと思います。

ただ後数千円出せばチープマンデーやドクターデニムが買える値段ではありますが・・・。

 

オススメしないのは加工が激しいアイテムです。結構加工がキツイ商品もあるので使いにくいかな~と思います。

 

接客の評判は悪いですね。ガツガツしてくるタイプではないですが、丁寧な接客という感じではないです。ただ話しかけて欲しくない人は気にすることもなさそうです。

私はそこまで気になりませんが、丁寧な接客を求める方には向かないかもです。

 

 

 

以上で紹介は終わりです!

なんとなく各ファストファッションのイメージが掴めたのではないでしょうか?

気軽に入れるお店ばかりですので是非行ってみて下さい。

 

 

※接客うんぬんは私が数店舗行ったイメージであり、もちろん全員が全員に当てはまるわけではりません。接客スタイルが分からないと入店するのが怖いという需要があると思い、あくまで主観ですが記載致しました。不快な思いをさせてしまったら申し訳ございません。