読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徹底解説!ロングコートを上手く着こなすには!? コツはカジュアルダウンにアリ!

スポンサーリンク

ロングコートを上手く着こなすには!? 

f:id:penta0602:20151023211955j:plain

ロングコートって憧れるけど着こなすのが難しく感じませんか?

挑戦したいけど、失敗したらと思うと値段も高いし中々買えませんよね。

 

今回はそんなロングコートの着こなし方を徹底解説!

 

 

 

シルエット

 

まず最初に確認しておきたいのが「シルエット」です。

 

ロングコートはとってもボリュームがあるアウターなのでYラインシルエットがオススメです。一番簡単に着こなせるでしょう!

ということは下半身を細身にするということなのでスキニ―パンツをチョイス。

 

まずはこれが大前提です。

 

「ロングコートはスキニ―パンツ」

 

覚えておきましょう。

 

 

 

 

 

カラー

 

一番定番であり、持っている人も多いであろう「ブラック」をオススメします。

※この記事もロングコートの色はブラックを前提に書きます。

 

 

 

 

 

 

カジュアルダウン出来るアイテム

 

 

それでは肝心のアイテムについて。

 

気を付けなければいけないことが「キメキメ」になりすぎないことです。

 

ブラックのロングコートはそれだけで凄くキメてる感の強いアイテムなので「何か」でカジュアルダウンさせる必要があります。その「何か」とは靴だったりインナーだったりバッグだったり様々です。

 

どれでも良いですし、1つではなく3つ4つでカジュアルダウンさせても良いです。

 

ただし1つでカジュアルダウンする場合は強烈にカジュアルダウンさせないと足りなくなってしまうのでご注意を。そして強烈にカジュアルダウンさせるには派手なカラーを使う必要があるのでやや難しいです。どうしても派手なカラーの部分だけ浮いてしまいがちになるからです。

 

なので3つ4つで少しずつカジュアルダウンさせる方が簡単です。

 

 

では具体的にどうやってカジュアルダウンするかをアイテム毎に見ていきます。

 

 

 

インナー編

 

こちらは前回の記事が参考になるかと思います。

当ブログ推奨は前回の記事通り「スウェット」です。

理由は単純でGジャンは中に着こめない場合が多く、パーカーはストールが巻きにくくなるからです。詳しくは前回記事をお読み下さい。

 

※インナーの注意点

気を付けるべきはボタンを閉めたときです。いくらインナーでカジュアルダウンしたとしてもボタンを閉めたら見えなくなるので意味がなくなります。ボタンを閉めて着るならその他の場所でカジュアルダウンしましょう。

 

 

 

 

靴編

 

靴でカジュアルダウンする時は「革靴」ではなく「スニーカー」をチョイスすればOKです。後は度合いの問題ですね。

 

靴だけで思いっきりカジュアルダウンしたいならとても派手な物にするしかないでしょう。

例えば・・・

f:id:penta0602:20151015021618j:plain

このようなカラフルなスニーカーだったり

 

f:id:penta0602:20151023215427j:plain

単色でも目立つものだったりです。

 

少しだけカジュアルダウンさせたいなら

f:id:penta0602:20151023211955j:plain

このように黒系のスニーカーがオススメです。

 

 

 

 

 

ボトム編

 

ボトムはスキニ―パンツと決まっているので後はカラーですね。

黒だとカジュアルダウン出来ないので青系のデニム等がオススメです。

f:id:penta0602:20151023215934j:plain

このようなイメージ。

ボトムは見える面積が多いので見慣れない奇抜な色は控えた方が良いです。

なので青系のスキニ―パンツが良いでしょう。

 

 

 

 

 

バッグ編

一番簡単なのは「黒のリュック」です。リュックそのものがカジュアルなアイテムですので黒であってもそれなりにカジュアルダウン出来ます。

 

または、少々難易度が上がりますが「派手なクラッチバッグ」等もアリですね。

派手というほどではないですが、先ほどの写真のクラッチバッグを想像して頂ければと思います。

f:id:penta0602:20151023211955j:plain

コレですね。

 

 

 

 

その他編

 

巻き物やニット帽、靴下見せ等も非常に有効です。

特に巻き物は必須。ストールやスヌードのことですね。

 

ストールなどを巻くだけで一気に小顔に見えるのでスタイルが良く見えます。そうすると驚くほどにロングコートがバッチリ馴染むので是非活用してみて下さい。180cm以上あるスタイル抜群の人ならストールなどなくとも問題ないでしょうが、そうでない方なら驚くほど見違えるはずです。

 

どのアイテムも黒で少しずつカジュアルダウンさせるのが簡単です。黒で物足りない場合はグレーがオススメです。靴下の場合はモノトーンカラー等がオススメ。

 

 

 

 

 

具体的な組み合わせを紹介

 

大前提をおさらい

・黒のロングコート

・スキニ―パンツ

・黒のストール

この3つは初心者必須なのでここに組み合わせていきます。

 

 

 

ボタンを開ける場合

 

アウター:黒のロングコート

インナー:グレーのスウェット

ボトム :黒のスキニ―パンツ

靴   :黒のスニーカー

小物  :黒のストール

バッグ :黒のリュック

 

全体的にダークトーンで合わせたコーディネート。インナー、靴、小物、バッグでほんの少しずつカジュアルダウンさせてみました。

暗すぎるのに抵抗がある人はスニーカーを白にしたり、ストールの色を変えてみたり等で調整してみて下さい。インナーを白のスウェットにするのもアリですね。

 

 

ボタンを閉めた場合

 

アウター:黒のロングコート

インナー:見えないので何でも可

ボトム :青のスキニ―パンツ

靴   :黒のブーツ

小物  :黒のストール

バッグ :黒のリュック

 

今度は青のスキニ―パンツでそこそこカジュアルダウンさせて、黒のストールや黒のリュックで少しずつ引いていったコーディネートです。インナーをモノトーン系のカットソーなどにしておくとボタンを開けても成立します。

 

 

どちらともそのまま真似しても簡単にロングコートが着こなせると思います。

インナーは前回記事でオススメアイテムまで紹介出来たので、可能であれば靴やストールなどのその他アイテムも紹介しようと思います!

 

 

 写真で合わせてたスニーカーはコレ↓↓↓ コートで合わせる時にオススメ。

 

f:id:penta0602:20151023211955j:plain

 

 

今回はここまで。