読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションに興味が出てきたけど、どんな洋服を買えば良いか分からないという方の手助けが出来るようなメンズファッションブログを目指します。

自分の足に合う細身パンツを考える。スキニ―?ジョガー?テーパード?スウェットパンツ?

ファッションその他 ファッションその他-雑記
スポンサーリンク

自分の足に合う細身パンツを考える。スキニ―?テーパード?スラックス?スウェットパンツ?

f:id:penta0602:20160517025632j:plain

トップスよりもサイズがかなりシビアなのがパンツ。

突き詰めていくと自分に本当に合うパンツを見つけるのは凄く難しいです。

足の形は人それぞれで想像している以上に違う物なんですよね。

 

 

初心者はまずパンツの形状を覚える

 

まず形をしっかりと覚えましょう。

ファッション好きには当たり前のことでもそうでない人はジョガーと言われてもさっぱり分かりませんよね。

ファッションのことって誰かが教えてくれるものでもありませんし。

 

スキニ―パンツ

f:id:penta0602:20160517030339j:plain

 

全てが細いのがスキニ―パンツです。太もも、膝、裾、全てがキュッと細いですよね?

ですのでコーディネートのシルエットにおいて最もメリハリを付けやすい形です。

逆に言えば全てが細いので足が太い人が履くとムチムチしやすく気持ち悪がられる可能性があります。

 

 

テーパードパンツ

f:id:penta0602:20160517032514j:plain

画像の通り裾に向かってどんどん細くなっていくパンツです。

よって太もも~膝にかけては大分ゆとりがあります。

昔運動していて太ももがかなり太いという人はスキニ―よりもテーパードパンツの方が合うでしょう。

似合わない人を探すのが難しい万能選手ですが細身パンツの中では最も太いです(といっても充分細いですが)。

 

ジョガーパンツ、スウェットパンツ

f:id:penta0602:20160517032828j:plain

f:id:penta0602:20160517033000j:plain

テーパードパンツと同じで膝や太もも部分には余裕があるが裾は細いパンツ。

ですが裾の細さだけでみれば一番細いのがジョガーやスウェットパンツです。

スキニ―は履けないけど出来るだけ細く見せたいという人に最適です。

ただしお直しをしない前提で言えば(裾がリブやギャザーなので手間)足の長さがモロに影響してきます。

足が短いと裾部分がだるだるになるため細身パンツが台無しです。

f:id:penta0602:20160517033709j:plain

↑裾部分がたまっている

 

足が短い長いよりも身長で考えた方が正確ですね。足が短いといっても比率の問題ですのでそんなことより身長のほうが影響してきます。

 

以上3つのシルエットを紹介しました。

どれもこれも一長一短あります。

つまりは自分の足に合うパンツがあるということです。

かといって他のパンツが合わないということではありませんよ。より合うのはどの形かということです。

 

 

足も短いし太ももが細い人はどうすれば・・・?

足が短くて太いというコンプレックスがある人はどうすれば良いでしょうか。

上記3パターンのシルエットでも解決しずらいこの質問の答えは「テーパードデニムをロールアップして履く」です。

 

「テーパード」なので足が太くても大丈夫

「デニム」なのでシワが出ても良い

「ロールアップ」なので足首が出せる。つまりスウェットパンツやジョガーの裾よりも細い部分(足首)が露出する

 

ついでに言うとロールアップすると裾が締め付けられるので裾も細くなります。

 

ということでテーパードデニムパンツをロールアップしましょう。

 

 

次に全てのパンツを履いてみる

テーパード、スキニ―、スウェットパンツなどなど全てのパンツを履いてみましょう。

ユニクロで試着すれば一瞬で終わります。

なんとなくでしょうが自分に合う形が掴めると思います。

全く分からない!という人は足が長くて細いのでしょう。

 

試着して確認する時にコーディネートではなく下半身だけを見るようにしましょう。

あくまで形の確認ですので。

 

 

最後に自分に合うブランドを探す

なんとなく自分に合う形が分かったら最後にその合う形の中でもより合うパンツを探しましょう。

ズバリ高いお店にいくべきです。

シルエットに関してだけで言えば値段が高い方が明らかに良いです。

 

といってもここまでやる人は極僅か。

ユニクロで数点試着して似合う物を探すだけでも充分です。

 

それだけのことですが自分の周りにそれだけのことをしている人はほぼいないでしょう。

だって日本人男性ってほとんどの人が本当にファッションに無頓着なんですから。

 

ちょっと頑張ればすぐ成果が出るものです。

 

今回はここまでー!