読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションや見た目に関することを比較するサイトです。

2016awメンズトレンドを徹底解説!コレクションを見て学ぼう!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20160808130428j:plain

正直トレンドって意味不明じゃありませんか?

今日はそんな意味不明なトレンドを紐解きながら2016aw(秋冬)のメンズトレンドについて解説します。

トレンドとは?

トレンドとは「流行」です。どこでもそう書いてあります。

 

でもですよ。びっくりすることに流行っていないものでもトレンドと呼びます。

 

これはファッション中毒者だけのトレンドと一般層にも降りてくるトレンドの2種類があるからです。

 

それもそのはずでブランド側が「これは流行るぞー売れるぞー」と商品を作っても誰も買わなきゃ流行るわけがありませんよね。

2016年春夏で言えば「ワイドパンツ」。

 

女性では明らかなトレンドでしたが男性で履いている人はほぼいませんでした。

でも相当作られていてセール時期に投げ売り状態。

 

この状況を流行っているとは言えないでしょう。

でもトレンドとは言います。厳密にはファッション中毒者だけのトレンド。

凄くファッションが好きな人たちの間だけで流行っているんです。そして発信するのも広めるのも彼らです。でも一般層には流行らない物もある。

 

つまりトレンド≠流行りなんです。

 

だから流行っていなくともトレンドだと書いてあったリ言っている人がたくさんいるわけです。そこに疑問を持つ必要はありません。

 

そういうものだと思っておきましょう。

そうすれば混乱せず受け入れられるはずです。

 

トレンドの力

トレンドの力って「トレンドを着た方がオシャレだ」というものではなく「そのアイテムを着ても許される」ところにあります。

 

例えば今ならビッグシルエット。明らかにサイズが大きいアイテムを使う着こなしですが着ても許されます。そんな雰囲気こそがトレンドの力です。

 

といっても着こなしを間違えるとただのサイズミスした人になるのには変わりありません。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

 

コレクションから学ぶ2016メンズトレンド!

 

コレクションとは洋服の発表会のようなものです。

こんな洋服を作りましたよーというお披露目会。

そしてトレンドの最先端でもあります。

なのでコレクションを見ればトレンドがはっきり分かります。

 

ビッグ!ビッグ!ビッグシルエット!

f:id:penta0602:20160818041717j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/23351/407293

 

f:id:penta0602:20160818041827j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/23351/407299

 

 

「でっかい!!!」

かなり分かりやすく大きいです。袖と身幅たっぷりで丈は普通。

上記のブランドはラフシモンズですが今回のコレクションはとにかく全て大きいです(アウター)

 

この傾向は2017年にも続きます。

 

 

ちなみに昨年はどうだったのかというと・・・

f:id:penta0602:20160818043024j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/14899/256310

 

f:id:penta0602:20160818043124j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/14899/256315

 

同じビッグでも丈が長くて身幅と袖は普通。

昨年は袖と丈と身幅の3要素のうち1要素のみビッグなので今年のが断然ビッグ感が強いです。

 

 

話を2016年に戻しまして

f:id:penta0602:20160818042244j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/21451/371374

 

f:id:penta0602:20160818043355j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/21451/371375

 

続きましてエチュードスタジオ。

コチラも袖ゆるゆる。

とにかくビッグです。

 

で、大きいのはアウターだけではなく・・・

 

「コレクション」では引き続きワイドパンツも・・・

 

f:id:penta0602:20160822035140j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/22512/394338

 

ETHOSENSも昨年と比べて全体的にゆったり。

上下共にビッグシルエットです。

 

f:id:penta0602:20160822035940j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/23744/411830

 

f:id:penta0602:20160822040340j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/22514/394416

 

f:id:penta0602:20160822040539j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/21704/375677

 

ワイドパンツは秋冬も引き続き継続。

とはいえ春夏で流行りきらなかったワイドパンツが秋冬で受け入れられるかは疑問です。

春夏に比べたら難易度が跳ね上がるアイテムですので中々難しいと思います。

 

上下ゆるゆるって格好良い!!けど難しい!!!です。

 

着こなし自体も難しいですし、着こなせたとしてもファッショナブルな着こなしになるので万人向けとは程遠い。でも個人的には凄く好き。

ただ難しいので特におすすめはしません。

 

ということだけでここまでで覚えておくべきトレンドはただ一つ「とにかくビッグ」です。

 

ビッグシルエットアウター攻略のキーパーソン「半端丈パンツ」

f:id:penta0602:20160822042539j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/21704/375675

 

f:id:penta0602:20160822042805j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/23351/407305

 

f:id:penta0602:20160822043120j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/21793/377029

 

f:id:penta0602:20160822044210j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/22936/401621

 

アウターが大きいということで簡単に着こなすにはYラインシルエットを目指すのが定石です。

なので下半身は徹底的に細くというのが1つの攻略ポイント。

 

で、パンツを細くするのは当たり前なんですが、どれだけパンツを細くしようとも足のがもっと細いですよね。

もしもパンツのが細いなら履くことが出来ませんから。

 

ということは究極的に細く見せるなら足を見せるべきなんです。

 

そこで丈が短めのパンツがたくさん登場。

 

とはいえ秋冬に足を見せるのは寒々しいですし、実際寒いので長めのソックスでカバー。

同色のソックスにしてしまうのが一番簡単です。

同色がつまらないという人は同系色の柄ソックスなどがおすすめ。

 

派手ソックスですと難易度は上がりますがビッグなアウターから視線を誘導できるので着せられてる感は軽減できます。

 

 

柄!柄!柄!

f:id:penta0602:20160822045757j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/23351/407306

 

f:id:penta0602:20160822045909j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/21451/371388

 

f:id:penta0602:20160822050227j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/23670/410863

 

f:id:penta0602:20160822050726j:plain

http://www.fashion-press.net/collections/gallery/22404/391470

 

柄物も多いです。何柄がトレンドかというより「柄物が多い」というのがトレンド。

 

それにしてもビッグシルエットに柄物と非常に難しいトレンドだと思います。

 

その他のトレンド

ここまで着こなしやシルエット、柄についてのトレンドを見てきました。

 

ほかのトレンドは?と思いますよね。

 

カラーはあってないようなものですし(強いて言えばキャメルブラウン系?)素材も良いでしょう。

 

アイテム各種のトレンドはコレクションよりも実際に市場で何が売られているか、もっと言えば実際に何が着られているかで見ていきたいので今回は見送ります。

9月辺りに1本書き上げようと思います。

 

そんなところで今回はここまで。