読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年版「服を買いに行く服がない」人が買うべきアイテム集!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170103091929j:plain

「服を買いに行く服がない」という人はまずネット通販を利用しましょう。

 

でも具体的に何を買えば良いのか分かりませんよね?

今回はそんな悩めるファッション入門者に向けた記事です。

季節別にまとめてあるので参考にしてみて下さい。

 

ファッションのネット通販には色々ありますがZOZOTOWN、アマゾン、ユニクロがまずはおすすめです。

 

それは自己都合で返品が可能だからです。

 

注文してみてサイズが合わなったら返品して、新たに買い直せば問題ありませんので心置きなく洋服を揃えることが出来ます。

 

服を買いに行く服がない人が買うべきアイテム集

トップスとパンツだけでなく、靴やバッグ、ソックスまで紹介するのでそのまま真似するだけで大丈夫です。

勿論そのまま真似しなくてもOK。

 

ファッションの最初の一歩のきっかけとなればと思います。

 

春編 メンズファッション必携アイテム「白シャツ」を手に入れる!

オックスフォードスリムフィットシャツ+ 白

f:id:penta0602:20160906055501j:plain

 http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/172926

 

オックスフォード素材のスリムタイプシャツ。

※オックスフォードはやや粗いカジュアルな素材です。

 

着丈が長めなので細いパンツと高相性のシャツです。

 

白シャツはかなり万能アイテムで最初に手に入れるべきアイテムの1つ。

1枚でも着れますし、秋冬にインナーとしても使用できます。

 

襟は第二ボタンまで開けて袖は捲りましょう。

こういった細部の処理が重要なので忘れずに。

 

エアリズム ベージュ

 f:id:penta0602:20160906055622j:plain

 http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/162848

 

白シャツに合わせる肌着インナーを選ぶポイントはベージュを選ぶことです。

 

白シャツは透けやすいのが唯一の難点ですが、ベージュのエアリズムを着ればまず透けません。

 

細かいと思うかもしれませんが大切なポイントです。

肌着が透けて見えてしまうと勿体ないですからね。

 

グンゼのカットオフシリーズでも可です。

グンゼ カットオフ Vネック

 

グンゼのカットオフシリーズは天然繊維も入っているので化学繊維が嫌いな人にはコチラも良いでしょう。

 

ストレッチセルビッチスキニーフィットジーン+EC

f:id:penta0602:20170427165918j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/193066-69

 

今や高級デニムの代名詞セルビッジデニムがユニクロで買える時代です。

名称はスキニーになっているものの裾以外はさほど細くなく、誰でも抵抗なく履けるシルエットです。

 

春と言うことを考慮してカラー69のネイビーがおすすめ。

 

くるぶしが見えるぐらいの丈に裾上げするかロールアップして着用しましょう。

 

キャンバススリッポン 黒

f:id:penta0602:20170427170911j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/196201-01

 

足に沿う綺麗なシルエットが秀逸なスリッポン。

細身でコーディネートの邪魔をしません。

 

今まで普通のスニーカーしか履いたことがない人は細身のシューズの魅力に驚くでしょう。

試着して鏡を見れば一目瞭然。

 

足首を見せることが出来るので春にとても適しています。

 

正直言えば旧タイプのユニクロスリッポンの方がよりおすすめですが、これでも問題ありません。

 

ベリーショートソックス 黒

f:id:penta0602:20160906060120j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/162829

 

先ほどのシューズに普通のソックスを合わせると、ソックスの方が長いので微妙にソックス見えてしまいます。

見せソックスは難易度が高いので、まずは見えないソックスを手に入れましょう。

 

 

これで春のコーディネートが全て合わせて約9000円です。

税込みでも1万円程度。

 

夏編 夏は薄手のスラックスに頼る!

ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ 黒

f:id:penta0602:20170427174825j:plain

 http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/187394-69

 

ユニクロが誇るスラックス風のアンクルパンツ。

シルエットがとても綺麗で素材感も悪くありません。

 

おまけに超速乾、超吸汗で快適です。

伸縮性もあり機能性にも優れたパンツ。

 

このパンツを持っていればトップスは余り悩まずに合わせてもサマになります。

 

スーピマコットンVネックT 青

f:id:penta0602:20170427175645j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/164180-68

 

艶感の強い半袖カットソー。

夏に1枚で着るカットソーは艶感の強いものをチョイスするのがおすすめ。

カットソーなんて小学生もおじいさんでも着る普遍的なアイテムではありますが、艶感が強いだけで印象は激変します。

 

艶具合はカラーによって変わるもので白よりも黒や青のが強い艶感が出ます。

今回はパンツが黒なので青を選択しました。

 

上下ブラックにしてオールブラックコーデも良いですけど初心者向きではありません。

 

TEVA サンダル ハリケーン

f:id:penta0602:20170427180313j:plain

夏はやはりサンダル。

エスパドリーユも良いですが、履き心地を考慮すると最初の1足はサンダルが良いでしょう。

 

ただしクロックスのようなポッテリした太いフォルムのようなものでなく、細くシャープなサンダルを選びましょう。

 

テバのハリケーンはリーズナブルかつコーディネートしやすくおすすめです。

 

 

夏のコーディネートも全て合わせて9000円程度。

税込みでも10000円程度です。

 

秋編 秋はニットの季節!ニットを多用して表情を出そう。

ミラノリブジャケット 黒

f:id:penta0602:20170427181814j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/188679-69

 

ジャケットは基本的に高価な物で、良いものを買おうとすると財布にダメージがくるものですがユニクロのニットジャケットならリーズナブルな値段で良いものが買えます。

 

ニット素材なので普通のジャケットに比べカジュアルな雰囲気があり、キメキメなテイストが苦手な人でも難なく受け入れられるでしょう。

 

現在は販売がありませんが、秋シーズンになれば展開されると思います。

 

ストレッチウールスリムフィットノータックパンツ 黒

f:id:penta0602:20170427182322j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/172743-69

 

値段からは考えられないほど良質な素材感のパンツ。

 

ただし、シルエットは気持ち太いです。

なので靴に付くか付かないかの位置までしっかりロールアップしましょう。

 

そうすることで細さが強調されます。

 

エクストラファインメリノクルーネックセーター 緑

f:id:penta0602:20170427181352j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/173215-56

 

ユニクロのキラー商品エクストラファインメリノーウールシリーズ。

高級ニットとなんら遜色のない素材感がウリのニットです。

ジャケットとスラックスが上下黒なので黒以外の色なら可です。

 

 

ニットスリッポン 黒

f:id:penta0602:20170427184004j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/197733-56

 

トレンドのスニックスもユニクロなら4000円で購入可能。

ニット素材で伸縮性があるためギリギリまで細身のシルエットが実現できます。

 

秋はパンツ以外オールニット素材で統一感を出したコーディネートでした。

 

 

冬編 冬はなんと言ってもコートの季節!

モンベル・ジオライン 黒

冬のインナーは隠れて見えなくなるので何を着ても構いません。

 

タンクトップでもエアリズムでもカットソーでも問題ナシ。

ただし、冬なので防寒性を求めたい人におすすめなのはモンベルのジオライン。

 

 

 

冬の機能性インナーのポイントは保温だけでなく透湿性。

暖かいだけだと汗をかいた後に困る物です。

 

肌着は基本的にオシャレとは無縁のアイテム。

ですが、汗を直接洋服に触れさせないために着用は必須なんです。

肌着が首元から見えてしまう場合はハサミで切ってしまえばOKです。

 

ウールカシミアチェスターコート 黒

 

f:id:penta0602:20170103100154j:plain

https://goo.gl/HQDY6t

 

ユニクロが誇るハイクオリティアウター「ウールカシミアチェスターコート」

10000円ながらウール90%カシミア10%で服好きなら素材スペックだけで驚くチェスターコートですが、スペックだけでなく実物も素晴らしい出来。

 

艶感の分かる良質な生地にそれなりのシルエット。

値段を考えれば唸れます。

 

「服を買いに行く服がない」人はまだ比較対象がないので、このコートの良さは分からないと思いますが、とにもかくにも素晴らしい出来です。

  

グリーンレーベルリラクシング/チェックマフラー

小物は後回しにしがちですが、今回の肝はこのマフラー。

定番のチェックマフラーですが、明るすぎず暗すぎずで小物で外すのに丁度良い。

 

これがないと今回のコーディネートが成り立たないので要注意。

 

冬は全身真っ黒になりがちなので小物で色を入れていくのが定石。

マフラーのあるなしで印象が全く違うので、騙されたと思って小物を疎かにしないことをおすすめします。

 

マフラー自体は上記のものでなくとも問題ありません。

ただ、暗すぎるものよりも若干明るめのカラーをチョイスするのがおすすめ。

 

本来チェスターコートは難易度が高く初心者にはおすすめしないアウターですがマフラーと合わせれば意外と簡単。

 

とは言え困るのは巻き方ですよね。

チェスターコートはボタンを閉めても胸元が開いているデザインなのでそこをマフラーで隠すように巻きましょう。

マフラーの先っぽをチェスターコートの中に入れてしまいます。

 

巻き方はワンループ巻きで十分ですが、「マフラー 巻き方」で検索すればいくらでも巻き方を教えてくれる画像や動画が出てくるのでそれを見て色々覚えるも良しです。

 

 ストレッチスキニーフィットジーンズ 濃紺

f:id:penta0602:20170103164215j:plain

https://goo.gl/fFRxYD

 

パンツは黒に近い濃紺スキニーデニム。

スキニーとは極細のシルエットのことです。

アウターが黒なので全身黒くならないように、かといって明るいパンツは難しいので濃紺のスキニーデニムです。

 

最初はスキニーパンツに抵抗があるでしょうが、ストレッチ性の高い商品で気軽に履けるので大丈夫です。

今までスキニーパンツを履いたことのない人は一度履くとシルエットの綺麗さに驚くでしょう。

 

太もも部分がパツパツになるとよろしくないので、無理に細いサイズを選ぶ必要はありません。

  

グレンチェックソックス

f:id:penta0602:20170103165542j:plain

https://goo.gl/7f7HbD

靴下は靴で隠れて見えなくなるので基本的には何でも問題ナシ。

ただし冬なので防寒的に厚手の物+脱いだ時に季節感があるものが好ましいです。

 

そこでグレンチェックのヒートテックソックス。

非常に無難な柄ですが、誰にも嫌われない安心デザイン。

 

コンバースオールスター 黒

 

低価格おすすめスニーカーはコンバースオールスター。

 

初心者から上級者まで大歓迎のコンバースオールスター。

低価格でシルエットが綺麗なのでみんなに愛されるスニーカーです。

 

機能性は優れておらず歩き疲れてしまうのはご愛敬。

 

そんなコンバースですが、今回はオールブラックのハイカットがおすすめ。

濃紺スキニーデニムをオールスターの履き口に被せるようにして履きましょう。

  

服を買いに行く服を手に入れたら・・・?

服を買いに行く服を手に入れたら目を養うためにもハイブランドを見るのがおすすめ。

とは言え、ハイブランドは高くて手が出ないですよね。

 

そんな人におすすめなのがハイブランドが毎日セールのGILTです。

 

詳しくは下記の記事にて。