読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションに興味が出てきたけど、どんな洋服を買えば良いか分からないという方の手助けが出来るようなメンズファッションブログを目指します。

ラウンジリザードのおすすめデニムをシルエット別に紹介!

デザイナーズブランド デザイナーズブランド-おすすめ
スポンサーリンク

f:id:penta0602:20160917231905j:plain

LOUNGE LIZARDのデニムは種類が多くて違いが分からないという人も多いですよね。

今回はそんなデニムをシルエット別に紹介します。

スーパースリム?ニューフィット?スキニーレグ?ハイパワーストレッチ?リアルヴィンテージ?などなど分からないことがある人は是非ご覧ください。

シルエット別デニム紹介

 スーパースリムからニューフィット、新型モデルのスキニーレグなど様々なシルエットを紹介します。

全体的な特徴としては「股上が浅いこと」が挙げられます。

 

SUPERSLIM(スーパースリム)

f:id:penta0602:20160917234053j:plain

http://loungelizard.main.jp/items_2016_autumn/6827/

 

ラウンジリザードの王道デニムにして基本形。

名前の通り凄く細いです。

「痩せているのがコンプレックス」というレベルの人でも最小サイズは履けないかもしれません。

 

いわゆるスキニーデニムであり、これが一番人気のシルエット。

 

この形を覚えておくと他のモデルとの違いが簡単に分かります。

なのでラウンジリザードのデニムが欲しい!と思ったらまずこれを試着してみることがおすすめです。

 

ただしとても細いので対象は瘦せ型~普通体型まで。

それ以上の人は無理せず他のブランドで探した方が賢明です。

 

 

SKINNYLEG(スキニーレグ)

f:id:penta0602:20160917234250j:plain

http://loungelizard.main.jp/items_2016_autumn/6823/

 

2016年新型のシルエットで「極細」タイプ。

スーパースリムよりも細いです。

スーパースリムと比べると膝から裾にかけてよりきついテーパードになっています。

太もも周りなどは同じシルエット。

 

裾幅の設定が14,15cmなのでブーツの上から被せたいと考えている人には向きません。

裾が細すぎて筒が細いブーツでも被らないからです。

ブーツによっては被せることは出来ますが動いていたら簡単にズレます。

 

かなり攻めたシルエットで体型を選びますがとても綺麗。

コーディネートにおいてもシルエットが作りやすく重宝するでしょう。

 

太もも周りなどは同じシルエットなのでスーパースリムが履ける人は「細すぎてピチピチし過ぎる」なんてことはありません。

ピチピチ感が大きく表れるのは「ふくらはぎ」よりも「太もも」です。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

NEW FIT(ニューフィット)

f:id:penta0602:20160917234708j:plain

http://loungelizard.main.jp/items_2016_spring/6769/

 

ニューフィットはスーパースリムとほとんど一緒です。

どこが違うのかと言うと「股上」

フロント側を少しだけ浅くしてヒップ側を少しだけ深くしたモデル。

 

なのでスーパースリムを履いてみて気に入った人はこれも履いてみると良いでしょう。

微妙な違いで見た目にはさほど影響しませんが履き心地が違います

 

STRAIGHT(ストレート)

f:id:penta0602:20160917234854j:plain

http://loungelizard.main.jp/items_2016_spring/6799/

 

これはスキニーレグと同様に太もも付近はスーパースリムと同じシルエットです。

ただしそこからテーパードせずにストレートに落ちてくるシルエット。

なので全体的に「そこそこ細いストレート」といった見た目です。

 

これは使い方が難しいシルエットだなと思います。

 

何種類もあるストレッチは?

ストレッチも様々な名称が付いていますが覚えるのは「ハイパワーストレッチ」だけで十分。

というのも後は名称こそ違えど大体一緒なんです。

 

ただこのハイパワーストレッチだけは別物。

締め付けがかなり強くストレッチがとても強いです。

これによりスキニーデニムの宿命である「膝抜け」がおきにくくなっています。

 

あとはオンス(生地の厚み)の違いと加工の違いで商品が分けられています。

オンスは暑い時期に履くことを考えていなければ12オンスを選んでおけば間違いありません。

 

ラウンジリザードのおすすめデニム

f:id:penta0602:20160917210149j:plain

12ozストレッチリアルヴィンテージデニム-スーパースリム 6827 [1012311]|LOUNGE LIZARD ラウンジリザード【RCP】【メンズ/インディゴ/ジーンズ】 

 

ラウンジリザードのデニムの売りの一つに加工があります。

加工は好みにとても左右されるものでもありますが、このリアルヴィンテージは名前の通り「本物」感があります。

嘘っぽさがなくデニムを大切に履き込んだような風合いが感じらるんですね。

 

f:id:penta0602:20160917210405j:plain

 

このシワの付き方も立体的でとても綺麗。

後姿までバッチリです。

 

勿論使いやすさだけを考えたらブラックのスキニーデニムになりますが、この価格帯に手を出すような人なら使いやすさは考慮しなくても良いでしょう。

ブラックに比べたらというだけで使いにくいなんてことはありませんしね。

 

黒いブーツに合わせると最高に格好良いです。

ちなみに今期(2016aw)ラウンジリザードはドレープブーツを販売しています。

そちらについてはブーツ特集かラウンジリザード特集かどこかしらで触れたいと思います。

zerokarahazimeru.hatenablog.com