読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションや見た目に関することを比較するサイトです。

メンズファッションコーデ10選!海外スナップからおしゃれを学ぼう!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20161009160850j:plain

先月書いたスナップ記事がやたら好評でしたので第二弾。

今回も分かりやすく取り入れやすいものを中心に選びました。

まず最初はオシャレな人の真似をすることがオシャレになるための近道です。

zerokarahazimeru.hatenablog.com

ホワイトを効果的に使ったコーディネート

f:id:penta0602:20161009070644j:plain

https://goo.gl/SaI5OU

 

襟と裾からホワイトを覗かせているのが効果的。

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

それもニットのネックが高い位置にあるのでより「ちょっとだけ」見えるようになっています。

今回はニットが色物でシャツがホワイトですが、逆にシャツに色を持ってくるときにも有効です。

面積が減って主張が減るので色が強くとも受け入れやすくなります。

 

パンツの裾を切りっぱなしにしているのも今っぽい。

このパンツ細いですけど膝から上がムチムチしていないので自然体ですよね。

もっとピッタリしていても平気ですが最初はこれぐらいのが抵抗なく受け入れられると思います。

サイズ感が分からないという人は参考になるのでおすすめ。

 

綺麗なYラインコーディネート

f:id:penta0602:20161009071638j:plain

https://goo.gl/MZc01Y

 

今度は逆に思いっきり細いパンツで綺麗なYラインシルエットを作ったコーディネート。

Gジャンは元々丈が極端に短いのでインナーとの着丈差が大きくなりそこが違和感に繋がりやすいです。

ですが、このコーディネートではビッグサイズのGジャンを使用しているのでその問題もクリア。

ビッグシルエットブームでもありますし、着丈問題も解決出来るのでGジャンはオーバーサイズが非常におすすめ。

写真のように襟を立てるとビッグ感が軽減されて上手く着れます。

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

ストールは巻かなくても良い!

f:id:penta0602:20161009072637j:plain

https://goo.gl/45cyEY

 

声を大にして言いたい。ストールは別に綺麗に巻く必要はありません。

勿論綺麗に巻いても構わないんですが、是非鏡の前で色々試して欲しいです。

オシャレな人は巻かないで垂らすだけという人も多いですしね。

ストールの巻き方1つで印象は全然違うので、いつも通り綺麗に巻くだけではなく、出かける前に色々試してみるのもおすすめです。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

デニムスラックス!

f:id:penta0602:20161009160109j:plain

https://goo.gl/6lhAC7

 

デニムなのに綺麗な印象を作ってくれるデニムスラックス。

これ手持ちのデニムにアイロンで癖付けするだけで出来ます。

真ん中に線を入れるイメージ。

 

綺麗めな印象になるだけでなくパンツを細くする効果もあるので「もう少し細ければな...」なんてパンツをお持ちの人におすすめ。

 

パンツと靴を黒でまとめたお手軽コーディネート

f:id:penta0602:20161009160850j:plain

https://goo.gl/AadqSJ

 

海外スナップを見てると圧倒的に多いパンツ&靴の黒×黒。

かなり簡単かつスタイルも良く見せてくれるので有効なコーディネートですが日本ではあまり見かけません。

 

f:id:penta0602:20161009161154j:plain

https://goo.gl/Kb0EYg

f:id:penta0602:20161009161334j:plain

https://goo.gl/4owa4j

f:id:penta0602:20161009161434j:plain

https://goo.gl/gukeUL

 

本当に簡単なコーディネートなんですけどね。

日本だと断トツでインディゴデニムに茶靴や白スニーカーばかりです。

 

少し暑い時は足首で季節感を調整

f:id:penta0602:20161009162301j:plain

https://goo.gl/0Y4Lk5

 

時期的に暑く見えるときは足首を出すと涼しげに見えます。

自分の中の暑い寒いは我慢できても周りからの印象としては調節したいですよね。

これと一緒で袖まくりも有効です。

少し前の写真のように白シャツを巻き込んで袖を捲るとホワイトを効果的に使えます。

 

徹底的にスタイルを良く見せているコーディネート

f:id:penta0602:20161009164820j:plain

https://goo.gl/Yg5UCN

 

パンツと靴を黒にして足を長く見せ、アウターの襟は立てて小顔に見せる。

そしてアウター→トップス→インナーの順に着丈で段差を付けてスタイルアップ。

これでもかという感じ。

おまけに足をクロスさせてより綺麗に見えるようにしています。

 

シンプルな格好が好きな人は所作も含めて徹底的にスタイルを良く見せる努力をすると良いでしょう。

シンプルであればあるほど素材勝負になりやすいので。

 

黒×黒が味気なく感じる人には...

f:id:penta0602:20161009163647j:plain

https://goo.gl/dtIggN

 

下半身真っ黒だと味気なく感じる人には腰回りに同色で何かを足すのがおすすめ。

これならコーディネートに悪影響を与えないまま一癖付けれます。

 

写真ではオーバーオールを垂らしていますが、黒のパーカーを腰に巻くなどでしたら簡単に真似できるでしょう。

 

こういった着こなしが受け付けない人はシンプルな黒×黒が好きなタイプでしょうし好みで方向性を決めれば良いだけです。

 

上下淡い色は黒で挟み込む

f:id:penta0602:20161009164330j:plain

https://goo.gl/Yg5UCN

 

トップスもパンツも明るい色の時は上下を黒で挟み込むとすんなりハマります。

メンズファッションで黒を使わないコーディネートはとても難易度が高いので、上手くコーディネートが決まらないときはどこかに黒を使うようにしてみると良いでしょう。

写真の場合は靴とアウターで黒を使ったコーディネート。

靴と帽子で黒にして挟み込むのもアリです。

 

お手軽セットアップ

f:id:penta0602:20161009165529j:plain

この季節のお手軽コーデの代表格セットアップ。

靴をスニーカーにするだけでなんとかなってしまうので本当に簡単。

ジャケットの着丈が中途半端に長くてもパンツと同色なので誤魔化せます。

 

スーツライクで嫌だという人は色を変えたり、素材を変えたり、シルエットを変えたりで若干スーツのイメージから遠ざけると受け入れやすいでしょう。

 

 

以上10選でした。

 

なるべく分かりやすいものをピックアップしましたが如何でしょうか。