読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションに興味が出てきたけど、どんな洋服を買えば良いか分からないという方の手助けが出来るようなメンズファッションブログを目指します。

URU(ウル)とは?ギャルソンパタンナーが立ち上げたファッションブランドURUを紹介。

ブランド紹介
スポンサーリンク

f:id:penta0602:20161202041425j:plain

今回はブランド紹介「URU編」

ギャルソンのパタンナーが独立して立ち上げたブランドです。

「ついてこれる人だけついてきな」といったファッションエリート目線ではなく、噛み砕いた表現&コーディネートを中心に紹介していきます。

その上でテキストだけでなく画像からもブランドイメージをなんとなくでも感じとって貰えたらと思います。

 

2010年スタートのブランド「URU」

元パタンナーが立ち上げたブランドなのでパターンに定評がありますが、そんなこと書いてもなんのこっちゃ伝わらないので画像を交えて過去のコレクションを追いながらどんなブランドか見ていきましょう。

 

まずはSSから。

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

SS紹介

SSとAWに分けて年代別に追いかけながら紹介していきます。

2014SS

f:id:penta0602:20161202021837j:plain

https://goo.gl/gnmDUs

 

2014SSで最も好きなルック。

一発目なのでなるべく分かりやすいものをチョイスしました。

上下ホワイトのアイテムで難易度の高い組み合わせですが、襟+袖+裾にダークトーンを配置してベルト+靴も黒でまとめたスタイル。

 

この配色を真逆にすると良くある組み合わせになります。

例えば黒ニットから白シャツを覗かせるような。

f:id:penta0602:20161202022550j:plain

 

これを逆にした上でチラ見せ部分を柄に、パンツをトップスと同色にすることで格段にレベルが引きあがります。

良くも悪くもアパレルチックな組み合わせに変貌しているわけです。

 

f:id:penta0602:20161202022903j:plain

https://goo.gl/61Zlm1

 

その他の2014SSで分かりやすいのはこの辺り。

スカーフをトップスと同色の柄物にして悪目立ちさせずにコーディネートに表情を出したり。

 

f:id:penta0602:20161202022954j:plain

https://goo.gl/1TqGXh

 

上下同色のワントーンコーディネートを上下ゆったり着崩したり。

 

f:id:penta0602:20161202023315j:plain

https://goo.gl/4cEzfU

 

ここまで分かりやすいものを中心に紹介しましたが、お次はURUっぽいものを。

トップスのニットに注目です。

URUと言えばこのビッグニットです。

 

ビッグニットは毎年展開しているアイテムで代表作の一角。

 

2015SS

f:id:penta0602:20161202023604j:plain

https://goo.gl/YoKC7v

 

2016ss

f:id:penta0602:20161202023932j:plain

https://goo.gl/8mTneC

 

2017ss

f:id:penta0602:20161202024045j:plain

 

このように毎度毎度表情は違えどビッグニットは展開しています。

 

ハイゲージのニットではなく、表情の強いニットはその表情次第なところがあります。

シルエットを抜きにして考えるならその表情が気に入るかどうかで各々そのニットの評価が決まるでしょう。

 

なので表情のあるニットが欲しい!と思ったら手当たり次第に探していく必要がありますが、そんな時に一旦チェックする価値があるのがこのURUです。

 

2015SS

f:id:penta0602:20161202024809j:plain

https://goo.gl/OSm2D2

 

ここから2015SSに移動。

まずは2014と同じく分かりやすいのから。

春のセットアップスタイルです。

春と秋はセットアップだけで凌いでも問題ないぐらいセットアップは万能です。

上下で揃える必要があるので金銭面では大きな負担が強いられますけどね。

 

 

f:id:penta0602:20161202024850j:plain

https://goo.gl/3iKcmp

 

アウター着てるのにショートパンツ履いてエスパドリーユと「暑いのか寒いのかどっちだよ」と言われそうなコーディネート。

先ほどのもジャケットなのにサンダルでしたよね。

 

私服として使う際にどこまでを許容するかは各々違いますが、セットアップだったり大胆なYラインシルエットだったり参考になる部分は多いです。

 

 

f:id:penta0602:20161202024957j:plain

https://goo.gl/ANndPc

 

2015SSもワントーンが多い。

 

f:id:penta0602:20161202030043j:plain

https://goo.gl/LfsWqZ

 

ここからはURUっぽいものを。

「極端な短丈」です。

丈以外はビッグサイズですが、丈に関しては極端に短いシルエット。

 

f:id:penta0602:20161202030124j:plain

https://goo.gl/YAHvfg

 

f:id:penta0602:20161202030218j:plain

https://goo.gl/Z5TQVI

 

このように極端な短丈のアイテムが多くみられるのがURUの特徴の1つです。

 

f:id:penta0602:20161202030741j:plain

https://goo.gl/5mKYod (2015aw)

 

極端な短丈なので派手なカラーでも面積が小さくなりレイヤードしやすいのが嬉しいところ。

 

f:id:penta0602:20161202031642j:plain

https://goo.gl/gM5KPy (2016SS)

 

f:id:penta0602:20161202041148j:plain

https://goo.gl/8Dym1y (2016aw)

 

極端な短丈でも同系色で合わせれば余り目立たないまま普段とは違ったアクセントに。

 

2016SS

f:id:penta0602:20161202032152j:plain

https://goo.gl/kq3L5L

 

2016SSはこれまで以上に「上下同色」「ビッグシルエット」がキーワード。

 

f:id:penta0602:20161202032341j:plain

https://goo.gl/6lZmK3

 

f:id:penta0602:20161202032423j:plain

https://goo.gl/9HbDaX

 

f:id:penta0602:20161202032458j:plain

https://goo.gl/fLf6LO

 

f:id:penta0602:20161202032535j:plain

https://goo.gl/n4ihej

 

f:id:penta0602:20161202032608j:plain

https://goo.gl/pU9Kxr

 

これでもかというぐらいワントーンでリラックスしたシルエットが多いです。

そしてどれもこれも落ち着いた色味。

昨今の世界的なトレンドともマッチしていますね。

 

2017SS

2016SSはどれもこれも落ち着いた色味でしたが、2017SSからは急激に派手なカラーが増えていきます(厳密には2016awから)。

 

カラーが派手になったので上下同色にするとぶっとんだ見た目になるのでこのシーズンからワントーンも解禁。

 

f:id:penta0602:20161202033245j:plain

https://goo.gl/RgniYW

 

ビビッとなカラーがある分、他のアイテムは比較的落ち着いた色味が多め。

シルエットは更にビッグシルエット化していきます。

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

f:id:penta0602:20161202033413j:plain

https://goo.gl/m2M0He

 

f:id:penta0602:20161202033457j:plain

https://goo.gl/mO4JnY

 

f:id:penta0602:20161202033545j:plain

https://goo.gl/6pr6H4

 

f:id:penta0602:20161202033634j:plain

https://goo.gl/qehNRQ

 

f:id:penta0602:20161202033708j:plain

https://goo.gl/yBnpcZ

 

「ビッグシルエットを継続したままビビットなカラーを投入したい」という欲求はファッションにどっぷり浸かっている人なら合致しやすい流れでしょう。

 

2016SS

f:id:penta0602:20161202034034p:plain

 

2017SS

f:id:penta0602:20161202034038p:plain

背景色の違いもありますが、このように全体で見ると違いが分かりやすいですよね。

ビッグシルエットブームはまだまだ継続です。

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

AW紹介

ここまででなんとなくURUっぽさや雰囲気が分かったと思うのでドシドシいきます。

 

2013AW

f:id:penta0602:20161202035248j:plain

https://goo.gl/b9OMq7

 

f:id:penta0602:20161202035322j:plain

https://goo.gl/iVwLNp

 

f:id:penta0602:20161202035404j:plain

https://goo.gl/IXcWKC

 

f:id:penta0602:20161202035442j:plain

https://goo.gl/wlb1qN

 

f:id:penta0602:20161202035511j:plain

https://goo.gl/wlb1qN

 

2013AWは秋冬らしく落ち着いた色味にワントーン中心のルック。

年代的にまだまだビッグシルエットの波が来ていませんが、それでもちょっと緩めですね。

 

2014AW

f:id:penta0602:20161202040004j:plain

https://goo.gl/EUbykZ

 

f:id:penta0602:20161202040114j:plain

https://goo.gl/AGlZ8A

 

f:id:penta0602:20161202040310j:plain

https://goo.gl/8Mjzda

 

2014AWも落ち着いた色味ですが、シルエットはビッグ化。

といっても上下緩いのは少なく、パンツは細めで簡単なYラインシルエットが中心です。

ビッグニットはSSだけでなくAWでも勿論健在。

 

 

2015AW

f:id:penta0602:20161202040617j:plain

https://goo.gl/PpPrrP

 

f:id:penta0602:20161202040753j:plain

https://goo.gl/WV7esd

 

f:id:penta0602:20161202040901j:plain

https://goo.gl/UWbdja

 

少しずつ少しずつ上下ともにゆるくなっていくのが2015aw。

色味は相変わらず落ち着いていますが、シルエットには変化が起きていますよね。

 

2016AW

f:id:penta0602:20161202041241j:plain

https://goo.gl/R301lv

 

f:id:penta0602:20161202041337j:plain

https://goo.gl/Zdj05c

 

f:id:penta0602:20161202041425j:plain

https://goo.gl/wDTdUC

 

f:id:penta0602:20161202041507j:plain

https://goo.gl/dqNgBk

 

f:id:penta0602:20161202041603j:plain

https://goo.gl/tOQy2y

 

あくまで秋冬なので2017ssほどまではいきませんが、明るいカラーが増えてきたのが2016aw。

シルエットはビッグ化が顕著に進んでいます。

 

 

触れていなかったので最後にコートを紹介。今は秋冬シーズンですしね。

f:id:penta0602:20161202042417j:plain

https://goo.gl/RPDxOG

 

ビッグサイズのステンカラーコート。

しなやかなドレープ感と断ち切りのアクセントが売りの定番コート。

スタンドネックにも出来て面白い1着。

 

以上URUの紹介でした。

ブランド紹介は週に1回か2週に1回程度を予定しています。