読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションや見た目に関することを比較するサイトです。

【2017春夏】メンズファストファッションおすすめ集!【随時更新】

ファストファッション ファストファッション-おすすめ
スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170201111304j:plain

2017年、春夏物のファストファッションおすすめアイテムをピックアップしています。

ユニクロはおすすめしたいアイテムが多くなる傾向にあるので単独で別記事を作成しています。そちらも見て頂けると有難いです。

 セレクトショップ編は↓

ファストファッションとは?

「早くて安い」がキーワードのファストファッション。

トレンドを取り入れながら、低価格の洋服を大量生産し大量販売する業態をファストファッションと言いますが、世間的には安い服⁼ファストファッションと認識されているフシがあります。

 

アパレル業界では同じ用語でも文脈次第で意味が大きく異なることが多々あるので、厳密には違くとも簡単に「安い服⁼ファストファッション」程度で認識しておいて問題ありません。

 

GU

f:id:penta0602:20170201112114p:plain

https://goo.gl/2Odgo4

ユニクロと同じ会社が運営する超低価格ブランド「GU」

ユニクロと比べるとトレンドに敏感で更に安いのが特徴。

値段が安いので勿論素材で劣ることが多いが、近年どんどん進化しているように感じています。

 

ポンチビッグT

f:id:penta0602:20170201112547j:plain

https://goo.gl/cs8zhv

 

ビッグサイズシルエットでスリット入りの前後差のある着丈、ドロップショルダーとトレンド感溢れるカットソー。

特筆すべきはハリ感と強烈な艶感です。

 

艶を求めると生地が薄く、生地に厚みを求めると艶が失われがちですが、ポンチ素材で上手く両立させたのがこのカットソー。

 

着丈に対して身幅がもう少し欲しかったり、バインダーが太かったり、ポケットを排して欲しかったりと要望は出てくるアイテムですが、それを差し引いてもおすすめ。

 

春先のインナーとして使うなら申し分ない出来です。

春に1枚で着るならシルエットを誤魔化せてバインダーを隠せてポケットも隠せるのでストールを垂らして着ると良いでしょう。

 

元々ビッグサイズのカットソーではありますが、サイズアップして着るのがおすすめ。

ネックが広くなりすっきりした印象になります。

 

ロングデニムジャケットJN

f:id:penta0602:20170201113438j:plain

https://goo.gl/LEb3tq

 

Gジャンをロングコート風にした1着。

レディースアイテムのためボタン位置がメンズと逆なので積極的におすすめとまではしませんが、試着したら気に入る人は多いでしょう。

 

Gジャンは着丈の極端な短さ故に着こなしに悩むものです。

Gジャンは好きだけど上手く着れないなんて悩みを持っている人はコート風のGジャンに手を出すのがおすすめ。

細身のスラックスと合わせるととても簡単です。

 

素材感も悪くなくシルエットも問題なしで秀作。

袖丈だけ短めなのでサイズアップして着たいところですがXLまでの展開なのが残念。

男性だと大柄な体型の人に合うサイズはありません。

普通体型までが限度でしょう。

 

ビッグミリタリーシャツ

f:id:penta0602:20170201114519j:plain

https://goo.gl/pJIjDg

ここまでビッグサイズ3連発で恐縮ですが、やはりGUはトレンドアイテムに強いですね。

といってもこのアイテムでおすすめしたいのは色味。

 

厚手のコットン素材を洗い加工してヴィンテージライクに仕上げているのですが、白みがかっていてまるでブリーチ加工したかのような風合い。

 

しかもビッグサイズでやや厚手なので若干アウターライクな印象があるのも面白いです。

 

ミリタリーテイストのビッグサイズは難しいものですが、ボタンも同色で目立たずシンプルですし、白っぽさのあるオリーブがクリーンミリタリー感を演出してくれていてギリギリ難しくない範疇。

 

万人におすすめというわけではありませんが、気になる人は試着してみても良いかもしれません。

 

アゼクルーネックセーターCL

f:id:penta0602:20170418135219j:plain

 https://goo.gl/LMvCC3

 

コットン100%のシンプルなアゼ編みセーター・・・と思いきや編地が切り替えられているのがポイント。

無地のニットながらデザイン性があって表情もあります。

袖のリブが強いのでサイズアップして着て袖を捲るのもOK

 

安っぽさもありませんし、これで1500円は驚きますね。

 

普通のスプリングニットを持っている人はこんなちょっと変わったニットに手をだしてみるのも良いでしょう。

※大型店舗限定品なので気を付けて下さい。

 

無印良品

f:id:penta0602:20170212193105p:plain

最近めっきり紹介することのなくなっていた無印良品。

2017春夏はどうでしょうか。

 

防水テープ使い撥水フードコート

f:id:penta0602:20170212193254j:plain

https://goo.gl/GF1Ess

 

同じファストファッション同士で比べるならユニクロのブロックテックパーカと似たタイプ。

ユニクロは↓

f:id:penta0602:20170212193509j:plain

https://goo.gl/b5LaKV

 

どちらもシンプルに作った高機能パーカです。

大きく異なるのは主に3点。

 

まず第一に価格。

ユニクロは2017ver.ブロックテックパーカお値段4990円(現在期間限定で割引中)

無印良品は12900円

なので無印良品のほうが結構高いです。

昨年度のユニクロブロックテックパーカでも8000円程でしたのでそれと比べても高め。

 

次に着丈。

無印良品はパーカーと言うよりはフード付きのコートです。

対してユニクロは完全にパーカー。

 

なので無印良品の方が着丈が長いですね。

 

最後に素材。

触れば明らかな違いを感じれるほどに無印良品の方がハリがあって固いです。

ユニクロのブロックテックパーカは素材がペラペラゆえにフードが立たずシルエットが誤魔化しきれないのがやや残念でした。

その点無印良品のフードコートはバッチリです。

 

ここの違いだけでも、価格差以上の価値を感じる人は多いでしょう。

フードはそれぐらいに印象を左右する要素です。

 

大きな違いはこの3つ。

後は無印良品のフードコートはダブルジップなのもポイント。

ダブルジップの方が閉め方に工夫の余地があるので嬉しいですよね。

 

f:id:penta0602:20170212194431j:plain

無印良品もユニクロも袖は絞れるようになっています。

 

※似たタイプのジャケットも発売されたので注意!

センスオブプレイスバイアーバンリサーチ

 

f:id:penta0602:20170212195503p:plain

人気セレクトショップの1角アーバンリサーチが手掛けるファストファッション業態「センスオブプレイス」

 

ボリュームコート

f:id:penta0602:20170212195708j:plain

https://goo.gl/5ljPmp

センスオブプレイスの商品は素材が苦しいものが多く中々紹介できないことが多いですが、これはギリギリいけるかなと。

出来る限り安く済ませたい人向けです。

 

無地のビッグシルエットですがサイドのスリットが深く襟が小さめでマイナーデザイナーズブランドがやりそうなコートです。

 

袖を捲ればそれなりに見えるのでギリギリ紹介。

サイズも1サイズのみですので合う人は限られますが、気になる人は試着だけでも。

 

以上。これからも随時更新していきます。

 

ファストファッションをブランド別に詳しく知りたい人は↓の記事がおすすめです。