読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

ファッションや見た目に関することを比較するサイトです。

【10選】メンズ春夏セットアップ特集!コレクションからコーデを学ぶ!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170212030908j:plain

今回は2017awのコレクション画像を使ったセットアップ特集。

春夏のセットアップコーデを10個厳選しましたのでご覧ください。

そのままコーディネートに利用できるものもあれば、解釈だけ真似て私服に落とし込む必要はある物もあります。

とは言え見るだけでも勉強になるのがコレクション。

ざっとスクロールするだけでも刺激になるので気になる人はチェックしてみて下さい。

 

セットアップとは?

f:id:penta0602:20170212032104j:plain

セットアップとは上下揃いの服のことです。

ジャケットとスラックスで合わせたコーディネートをセットアップと称することが多いですが、それ以外のアイテムでも良く使われる言葉です。

統一感のあるコーディネートだと思って頂ければOK

 

本記事でもジャケットスタイルの画像が中心ではありますが、それ以外でも同素材の上下アイテムならセットアップとして捉えて書いています。

 

2017awはセットアップ祭り。

とても勉強になるので画像をざっと見るだけでもどうぞ。

 

ヴェトモン(Vetements)

f:id:penta0602:20170212030924j:plain

https://goo.gl/tZFhCa

ジャケットとショートパンツのセットアップ。

暑いんだか寒いんだか分からないと言われそうですがコーディネートですが、意外と定番の組み合わせです。

アウターとショートパンツで夏でもYラインシルエットを作れるのが魅力。

しかもヴェトモンはビッグサイズのジャケットとシャツで上半身のルーズさを加速させています。

 

ヴェトモン(Vetements)

f:id:penta0602:20170212030908j:plain

https://goo.gl/tZFhCa

同じヴェトモンですが、こちらの方がオーソドックス。

艶々のジャケットをビッグサイズで、艶々のスラックスを切りっぱなし(裾に注目)にして崩しています。

 

ジャケットとスラックスを使ったセットアップスタイルは決め過ぎになりがちなのでどこかで崩す必要があるのがポイント。

キメキメにすると私服ではなくスーツになってしまいますからね。

 

インナーや靴で崩すのが基本ですが、このコーデではジャケットとスラックス単体でも崩しています。

コレクションではあまり普通の着こなしがないのでジャケット自体が変化球であることが多いです。

 

ベルトを垂らしてルーズさを加速させている点にも注目。

 

ヴェトモンについては↓をチェック


ヴァリス バイ ファクトタム(VALLIS by FACTOTUM)

f:id:penta0602:20170212030953j:plain

https://goo.gl/0Vk8rA

 

続きましてヴァリスバイファクトタム。

シルエットは普通ですが、ジャケットとパンツにシワ感がありここで崩しています。

パンツも良く見るとジョガーパンツ。

 

シワ感とジョガーパンツとインナーで崩しているので革靴で合わせてもスーツライクになり過ぎません。

 

このジャケットの面白いところはボタンを留めなくともボタンを留めたようなシルエットになること。

これによりインナーの隠れる面積が増えて裾が見えなくなりタックインしても自然に見えます。

 

 ファクトタムについては↓をチェック


シセ(SISE)

f:id:penta0602:20170212031022j:plain

https://goo.gl/vHzcGE

個人的に今期のシセは大当たり。

とても好みです。

 

ジャケットではないものの艶感の強いアイテムでセットアップスタイル。

キャップとバックで崩していますね。

 

2色しか使っていないのに周りとは決して被らないコーディネート。

 

リヒトベシュトレーベン(licht bestreben)

f:id:penta0602:20170212035234j:plain

https://goo.gl/eui4QF

 

ビッグサイズのパンツとインナーにジャケット肩掛けスタイルのセットアップ。

 

肩に掛けるとラフな雰囲気になるので、肩掛けは崩す際に使えるテクニックの1つです。

合わせて襟を立てて小顔効果も使っていることも注目。

 

セットアップにサンダルを合わせるのも良いですよね。

 

ローブス&コンフェクションズオム(Robes&Confections)

f:id:penta0602:20170212031123j:plain

https://goo.gl/w3zZ0y

このセットアップはとても分かりやすいです。

ジャケットとシャツをビッグサイズで崩してとどめにサンダル。

 

とは言え、カッチリ感は強めですね。

スーツスタイルからシャツをoutしただけにも見えてしまうのでもう一歩踏み込んだ方が私服では使いやすいでしょう。

 

マンドー(mando)

f:id:penta0602:20170212031141j:plain

https://goo.gl/plXqp5

 

mandoの2017春夏コレクションはセットアップだらけ。

セットアップ好きなら一度見てみるのも良いかもしれません。

 

mando1発目はハイネックで合わせたセットアップ。

春夏のジャケットスタイルですとストールも巻けないので顔周りが寂しくなりがち。

 

そんなときはハイネックのアイテムを活用するのがおすすめです。

 

マンドー(mando)

f:id:penta0602:20170212031214j:plain

https://goo.gl/plXqp5

 

今回のmandoで一番好きなのがこのセットアップ。

ダブルブレストで超かっちりなジャケットをテロテロの素材感で崩しているのがたまりません。

 

シワ感で崩しているジャケットは数多く販売されていますが、この素材感は珍しいです。

 

マンドー(mando)

f:id:penta0602:20170212031223j:plain

https://goo.gl/plXqp5

マンドー(mando)

f:id:penta0602:20170212031235j:plain

https://goo.gl/plXqp5

2個続けて柄物のセットアップスタイル。

ジャケットとスラックスを崩すのは何もシルエットや素材感だけではありません。

柄でも崩すことが可能。

 

無地の物と比べると柄が入るだけで一気にカジュアルになるのが分かりますよね。

 

後はインナーとパンツでバランスを取るだけです。

 

 

以上。

「【10選】メンズ春夏セットアップ特集!コレクションからコーデを学ぶ!」でした。

普段ファストファッションオンリーの人もコレクションを見るのはおすすめです。

意外と面白いものですよ。