ダイエット方法の選び方!これを読めば自分に合ったダイエット方法が分かります。

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170318163545j:plain

 「痩せたいけど、どうすれば良いのか分からない」

そんな方は多いと思います。

 

いざダイエットを始めようと思っても、何から手をつけてよいのか分からないもの。

 

・自宅

・フィットネスクラブ

・パーソナルトレーニングジム

・ダイエット食品

 

今回は、ダイエットを行う上で主に考えられるこれら4つの環境や手段をタイプ別に紹介していきます。

それぞれのメリット・デメリットを解説するのでご自身に合ったダイエット方法を見つける手助けにしてみて下さい。

鋼の意思が必要な自宅ダイエット

f:id:penta0602:20170318164632j:plain

自宅ダイエットは、言葉そのままの意味で、自分自身で運動から食事まで全てを管理するダイエット方法です。

 

時間と場所を選ばず自由に取り組めるのが魅力であり、運動に必要な道具をいくつか揃えたとしても一番お金がかかりません。

 

自宅ダイエットを成功させる条件として、目標を達成するまで運動や食事管理を継続することが出来る強い意志が求められます。

 

また、ほとんどの方が効率の良いダイエットを行う為の知識を持っていないため、専門家に指導を受けて行う場合に比べ、労力と時間が多くかかります。

 

さらに、時間効率が悪いだけでなく、ある程度結果が出てきた時に、思っていた身体と違う仕上がりになる可能性も高いです。

 自宅ダイエットを試みる知識の基準として、せめてダイエットにおける筋トレと有酸素運動の効果の違いぐらいは理解しておいた方が良いでしょう。

 

以上の理由から自宅でのダイエットはかなり難易度が高いと言えますが、それを補って余りある自由度とコストの低さが魅力的でもあります。

 

ただし、コストとやる気は比例します。

コストをかけずにダイエットを完遂するには鋼の意思が必要であり、そのような類まれなる意思を持っている人はダイエットが必要な体型ではないでしょう。

 

自宅ダイエットに適した人

・強い忍耐力と強固な意志を持っている

・ダイエットに関する最低限の正しい知識がある

 

 

マイペースな性格ならフィットネスクラブ

f:id:penta0602:20170318170734j:plain

一口にフィットネスクラブといっても様々な業態があり、最近ではかなり便利な環境が整っています。

 

まず、時間については24時間ジムの登場により好きな時間に通うことが出来るようになりました。

また立地についても、都市部を中心として自転車圏内ぐらいには何かしらのフィットネス施設がある場合がほとんどです。

さすがに自宅で行うよりは手軽さの面では劣りますが、それでもその差は縮まってきていますし、これからもさらに便利になってくことが期待できます。

 

もちろん、施設によって利用料金もかかります。

料金に関してはピンキリで、上は高級ホテルに併設されているクラブや都心の一等地に店舗を構えているクラブで、入会金や会費が数十万といったところもあります。

逆に、安く利用できるクラブは区や市町村が運営している施設です。

こちらは施設にもよりますが、一回数百円で利用できるところがほとんどでしょう。

 

そして、業界相場で展開している大手のクラブは月の会費が数千円~一、二万円のところが多いです。

コナミやセントラルをはじめ、エニタイムやジョイフィット等の24時間ジムもあります。

 

以上のことからクラブによって条件が大きく変わりますが、総じて自宅でダイエットを行う場合との最大の違いは、マシンの有無でしょう。

マシンとは指定されたポジションをとることで、誰でも簡単に狙った部位をトレーニングすることが出来る機械です。

これがあることで、トレーニングの知識がない人でも、ある程度トレーニングの成果を得ることが出来ます。

また、クラブも運動を快適に行えるように、内装や音楽などの演出に工夫を凝らしていることが多いので、そういった環境がモチベーションを高め、継続を促してくれることでしょう。

多くのクラブでは巡回のスタッフがいますし、パーソナルトレーニングも提供しているところもあるので、初心者の方も安心して指導を受けられます。

 

フィットネスクラブの悪い点をあげると、利便性が自宅に比べて劣るということと、クラブ内での様々なストレス要因が発生し得ることです。

もちろん施設によりますが、マシンの順番待ちや施設内の混雑具合、利用者のマナーなど様々なトラブルが考えられます。

せっかくジムまで足を運んだのにやりたいトレーニングが出来ないなんてことはありがち。

 

気持ちよく運動をしに行っても、気分を害するようなことがあっては台無しです。

 

これらの不快な要因は、クラブの価格帯が下がるほど増えてくるでしょう。

また、フィットネスクラブも足を運ばなければ意味がありません。

お金を払っているから、というもったいない精神が助けてくれるとはいえ、実際に行くかどうかはその日その日のあなたの意志にかかっているので、多少の意志の強さは必要になってきます。

 

良い点も悪い点もありますが、どんな運動をしたらよいか全くわからない方にはおススメですし、運動環境を迷われている方はとりあえず安価なフィットネスクラブに入会してみるとまた目線も大きく変わってきます。

自宅ダイエットで挫折してしまった人が、こちらで再チャレンジというのも良いですね。

 

フィットネスクラブに適した人

・ダイエットに関する知識がない人

・マイペースな性格でクラブ内でのストレスを気にしない人

 

 

ダイエット成功率NO.1パーソナルトレーニングジム

f:id:penta0602:20170318171613j:plain

パーソナルトレーニングジムは自宅や多くのフィットネスクラブと比較すると、ほとんどの場合料金が高額であり、また立地等も限られています。

 

ただし、ダイエットを成功させる上ではこれ以上ない環境が整っています。

マンツーマン、もしくは多くとも同じ空間内に三人ほど利用者がいるぐらいで、フィットネスクラブと違って順番待ちや余計なストレスを感じることがありません。

 

また、多くの場合、トレーニングの時間も予約制で一見制限されているように感じるのですが、ことダイエットや身体をしっかり変える上ではそれが良いように働きます。

行く時間を約束することで、行かなければという意志がこれ以上なく強まります。

 

自身で自宅、フィットネスクラブを利用してダイエットを成功させる人の割合は、その差はあれども五割を下まわると言っても良いでしょう。

 

しかし、パーソナルトレーニングジムの場合は低く見ても八割は成功します。

ジムによっては九割九分成功するというところも珍しくはないでしょう。

 

その成功率を上げている要因のひとつとして、パーソナルトレーニングジムは利用者に対して食生活の管理、指導を行っているところが多いです。

そもそもダイエットを成功させるためには運動よりも食事が与える影響の方が大きいもの。

そこに対してしっかりアプローチを受けられるのはパーソナルトレーニングジムの強みです。

 

通う時間も決め、食べるものも一緒に決めていくので、どんなに意志が弱い人でも継続して徹底した行動がとれる環境が整っています。

 

 

それだけ劇的な効果が望めるパーソナルトレーニングジムですが、悪い点もいくつかあります。

 

まずは利便性の低さと料金の高さですね。

利便性は先程も述べた通り、良い点もあるのですが、便利かと言われると自宅やフィットネスクラブほど融通は効きません。

 

そして、サービスの性質上どうしても業界相場が高いです。

どれだけ安価なパーソナルトレーニングジムを探しても一時間前後のトレーニングで五千円を下回るところは都心部では見当たらないでしょう。

もしあったとしても、徹底した食事のアドバイスやトレーニング時間以外のサービスが手薄になっていることだろうと思います。

 

とは言え、ダイエットに関して言えばコストをかけることは一概に悪とは言えません。

人は大きなお金を払うほど挫けずに頑張れるものです。

 

そして、マンツーマンでトレーニングを行い、トレーナーに全てを任せるのですが、そのトレーナーの良し悪しがわからないというのも不安要素です。

出来れば信頼できる人からの紹介や、十分に比較検討した上での契約を行うことをおススメします。

※当ブログでは今後、実際に多くのジムを体験しレビューする予定です。

 

決められた期間で確実な結果を出したい方や、運動するのに人目が気になる方、今までダイエットにことごとく失敗してきた方はぜひパーソナルトレーニングジムにチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

 

パーソナルトレーニングジムに適した人

・なにがなんでもダイエットを成功させたい人

・周囲を気にせずダイエットに励みたい人

 

 

トレーニングとの併用で効果倍増!ダイエット食品

f:id:penta0602:20170318172647p:plain

最後になりますが、ダイエット食品はダイエット環境というよりおまけです。

自宅でもいいですし、フィットネスクラブ、パーソナルトレーニングジムに通いながらでも併用できるものです。

また、中には「運動なんて一切したくない!」という方もいらっしゃるかもしれないので、そんな方におススメな方法です。

 

世間には様々なダイエット食品がありますが、基本的にはこれを飲めば痩せる、食べれば痩せるといったものは存在しません。

太っているのは摂取カロリーが消費カロリーより多かった証拠。

痩せるためにはいかに摂取カロリーをおさえるかが重要であり、太っている人が摂取カロリーを変えずに何かを追加で口にしたとしても、痩せる可能性はとても低いのです。

 

ダイエット食品やサプリメントの詳細についてはここでは触れませんが、ダイエットにおいては普段の食事をダイエット食品に置き換えましょう、といった類のものが体重減少に置いて結果を期待できます。

 

ただし、食事だけで体重を減らすと、身体のサイズが小さくはなるのですが、ボディラインはあまり変わりません。

 

知識も必要ないですし、運動をしなくても結果が出るのですが、やはり一日を通してどこかで食べすぎては意味がないですし、ある程度の自制心と継続する意志の強さがここでも必要です。

 

気を付ける点はあるものの、とても取り組みやすい手軽さが魅力ですので、運動がどうしても嫌な方、とりあえず身体を小さくしたい方はうまくダイエット食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、前述の運動とうまく併用していくことで、より効果的にダイエットを行うことができます。

 

ダイエット食品において重要なのは何よりも「味」です。

継続できるかどうかは味にかかっています。

※当ブログでは今後ダイエット食品を食べ比べ、味のレビューをしていく予定です。

 

ダイエット食品に適した人

・トレーニングと併用してダイエットスピードを加速させたい人

・とにかく運動が嫌いな人

 

 

以上、いくつかの環境と手段をお伝えしましたが、これを参考にぜひ自分にあったダイエットを行ってみてください。