脱プロテイン初心者の一歩目!バルクスポーツビッグホエイプロテインを飲んでみた!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170618215137p:plain

株式会社ボディプラスインターナショナルが手掛けるコストパフォーマンスを重視したサプリメントブランド、それがバルクスポーツです。

 

ザバスやウイダー等、ドラッグストアのプロテインコーナーを占めている大手ブランドに比べると聞きなじみは薄いことでしょう。しかし、新規参入の多いプロテイン・サプリメント業界でもこのバルクスポーツは12年の販売実績があります。

 

ですので、週に1、2回程度のトレーニング習慣がついた方であれば知っているブランドです。

 

ブランドコンセプトでもあるコストパフォーマンスの高さ故に、トレーニング初心者から上級者まで愛好家の多いこのブランド。今回はその中でも最も代表的なビッグホエイプロテインのアーモンドチョコ味を解説していきます。

ビッグホエイ

バルクスポーツのビッグホエイは非常に単純明快なプロテインです。

特殊なタンパク質の抽出方法を行っていたり、ビタミンや他の成分が添加されていたりすることがありません。

 

一見付加価値の薄い製品に思えるかもしれませんが、それらが全てコストの部分に還元されています。何なら、他のレビューで解説しているビタミン配合のプロテインとの差額でマルチビタミンだって購入できてしまいます。

 

ビッグホエイもタンパク質以外の成分を意図して配合することをよしとしておらず、必要に応じて他のサプリメントで摂取することを勧めています。つまり、性能にクセがなくタンパク質を摂取することが出来るので、乳糖不耐症の方を除けばどんな人にも合うプロテインですね。

※乳糖不耐症・・・お腹が弱い人

 

また、ビッグホエイは国内のプロテインなのですが、海外のプロテインのような味の種類の豊富さがとても魅力的です。

 

特徴をまとめると「味の種類が豊富」で、「高いコストパフォーマンス」を発揮している「無駄のないプロテイン」といったところです。

 

外観は袋タイプのパッケージ

f:id:penta0602:20170618215442p:plain

ビッグホエイもプロテイン業界のご多分に漏れず、密閉出来るジッパーのついた袋タイプのパッケージです。素材もしっかりと肉厚でジッパーの密閉感も申し分なく、保存や持ち運びに問題はありません。

 

また、黒を基調としたデザインがスタイリッシュで運動のモチベーションを高めてくれます。筋肉の写真やイラスト等が無いシンプルなデザインなので、パッケージもクセが無く万人に受け入れられやすいと言えますね。

 

溶けやすく泡立ちもない

パッケージ裏の説明通り、プロテインシェイカーに水150mlとスプーン1杯分の粉末を入れてシェイクします。

 

4、5回ほど上下に振れば問題なく溶け、他のホエイタイプの製品によくみられる極小のダマのようなものも見られません。 溶けやすく泡立ちも無いので、非常に気持ち良いですね。

 

クセのない味

f:id:penta0602:20170618215559p:plain

商品のコンセプトからパッケージまで一貫していますが、味に関しても同じ、つまりクセがありません。

 

美味しいと言われれば美味しいのですが、どちらかというと際立つのは飲みやすさです。大体不味いプロテインというのは、味が無さ過ぎて食べ物を入れている感じがしない嫌悪感か、たんぱく質の生臭さや添加物の雑味が気になるところです。

 

ビッグホエイはそれらが一切ないのです。適度に味がついていて雑味がありません。悪く言えば薄い、良く言えばクリアといったところでしょう。

 

水の量を半分にしたら泥状になり溶けなかったので、水100ml弱にスプーン一杯が限度の濃さです。そこまで濃くシェイクすると味は濃くなったのですが、相変わらず臭みや雑味は出てきませんでした。

 

「めちゃめちゃ美味しくて大好き!」となる方はいないでしょうが、「不味い!飲めない!」と感じる人もいないでしょう。

 

タンパク質

ビッグホエイアーモンドチョコレートのタンパク質含有量は72.4%です。タンパク質含有量とは、製品のグラム当たりどのぐらいの割合でタンパク質が含まれているのかを表したものです。

 

特殊なタイプのプロテインを除くと、大体どのプロテインもタンパク質含有量は60%~90数%の範囲におさまります。そう考えると、ビッグホエイアーモンドチョコレートはタンパク質含有量に関しては普通と言えますね。

 

ある程度プロテインを知っている人間の感覚でいうと、タンパク質含有量が60%台だと少なく、70%台だと普通で80%台だと高いです。90%以上は、味を犠牲に他の成分を削ぎ落して到達するレベルです。

 

この含有量だと一食25gあたり18.1gのタンパク質を摂取することが出来ます。これは厚生労働大臣の定める日本人の食事摂取基準において、成人男性に必要なタンパク質の三分の一弱、成人女性の三分の一強の量にあたります。

 

食事一食分としては申し分のないタンパク質量ですね。 

 

ビッグホエイの成分

f:id:penta0602:20170618215950p:plain

一食25gあたり

エネルギー / 100kcal

タンパク質 / 18.1g

脂質 / 1.6g

炭水化物 / 3.3g

ナトリウム / 52.8mg

 

 

三大栄養素以外配合されていないので特筆すべき特徴はありません。タンパク質に対してカロリーを極限までおさえる製法を用いてないので、炭水化物と脂質が少なくはないですね。ストイックな糖質制限を行っていない限りは気にする必要はないでしょう。

  

かなり安い価格設定

ビッグホエイアーモンドチョコレートの値段は、

1kg(約40食分)3,230円 税込 323円/100g

2.3g(約92食分)7,036円 税込 306円/100g

5kg(約200食分)13,320円 税込 266円/100g

13kg(約520食分)32,760円 税込 252円/100g

です。

 

味と共に豊富なボリューム展開も魅力的です。ちなみに5kgまではパッケージですが、13kgからは段ボールに袋詰めされてそのまま配達されます。

 

1キログラム単位で揃えた時のプロテインの相場は2,000円後半~から7,000円程。これを踏まえると、ビッグホエイの価格はかなり安いと言えます。特に味のついていないナチュラルタイプのビッグホエイだと値段は税込みで2,993円と業界最安値クラスです。

 

なんとドラッグストアに売っているプロテインより安いのです。

 

ビッグホエイプロテインのレビューまとめ!

外装:パッケージが安っぽくないか。頑丈なつくりか。

★★★★★

味:味が美味しいか。飽きないか。

★★★★☆

タンパク質量:一食で十分なタンパク質量がとれるか。タンパク質含有量が高いか。

★★★★☆

栄養:ビタミン、ミネラルが豊富か。魅力的な成分が含まれているか。

★☆☆☆☆

値段:プロテインの相場の中で高いか安いか。

★★★★★

 

ただひたすらに安い値段で質の良いタンパク源が手に入るという印象。この値段の安さにはしっかりと理由があります。ドラッグストアなどの販売店に卸していないのです。

 

最近ではAmzon等の個人でも出品できるサービスでは見かけるようになりましたが、基本的にはバルクスポーツ専用の販売サイトからの購入しか出来ませんでした。流通にかかるコストを極限まで抑えることで、高品質な製品を安価に提供できているのです。

 

プロテインの取り扱いがあるメーカーやブランドをパパッと20社ほど思い浮かべる私でもバルクスポーツは定期的に購入する枠として抑えておきたいブランドです。

 

高価な価格帯のプロテインにチャレンジする前に、バルクスポーツで通なプロテインの購入に慣れてみてください。ここからどんどん色んなプロテインにハマっていきますよ。