圧倒的なコストパフォーマンス!マイプロテインのInpact ホエイレビュー!!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170720024036p:plain

ここ最近、紹介制度を活用して急速に日本でシェアを拡大しているマイプロテイン。そのコストパフォーマンスの高さから、トレーニング中級者以上のあいだでも愛用する人が増えてきています。

 

実際に購入してみると製品自体のクオリティもさることながら、その購入システムに人気の理由を感じることができました。今回はマイプロテインのホエイプロテインである「Inpact ホエイプロテイン」のモカ味を飲んでみたのでその感想をお伝えしていきます。

 Inpact ホエイプロテイン

f:id:penta0602:20170720024139p:plain

マイプロテインは体重増加用からダイエット用のプロテインまで幅広く商品を展開していますが、そのなかでもInpact ホエイプロテインは代表的な万能タイプのプロテインです。

 

ホエイタイプのプロテインは国内でも多くの製品がありますが、Inpact ホエイプロテインは比較的高タンパクでコストパフォーマンスがとても高い。イギリスを拠点として展開しているプロテインなのでアマゾンなどに比べると購入の手間がかかりますが、国内のサプリメント通販サイトと比較してもあまりめんどくささは感じません。

 

また、圧倒的な味の種類の多さが特徴。海外のプロテインは国内よりも味の種類が豊富な傾向にあるのですが、マイプロテインのそれは別格です。2017年現在、公式ホームページを見ると52種類の味が確認できます。国内のプロテインの味の展開が多くとも5種類程度なので、これがどれだけ規格外の数が想像できるでしょう。

 

まとめると。Inpact ホエイプロテインは「誰にでもオススメ」でき、「高タンパク」で「コストパフォーマンスが高く」、「味が驚くほど豊富」と言えます。

 

マジックテープ!?

f:id:penta0602:20170720024243p:plain

国内のプロテインの多くは袋タイプのパッケージを使用しており、Inpact ホエイプロテインも袋タイプです。ちなみに、海外製のプロテインはボトルタイプの物が多いので海外では珍しいといえます。ボトルよりも頑丈さに欠けるため、海外からの配送中にパッケージに穴が開いてしまったりすることも少し見受けられます。ただ、最近は梱包材も使用されるようになり、改善されているようです。

 

袋タイプのパッケージによくあるジッパータイプの開け口かと思いきや、まさかのマジックテープです。使い切るまで使用してみて特に不便さは感じなかったのですが、持ち運びには不安を感じるのと、密閉度合いもイマイチに思えます。お世辞にも外装がすぐれているとは言えず、コスト削減がここに出たかといったような具合です。

 

ただ、あくまでもパッケージの話なので気にならない人は全く気にならないでしょう。

 

溶けにくいプロテイン

プロテインシェイカーに水200mlとスプーン1杯分の粉末を入れてシェイク。上下に3、4回ほど振るとほぼ溶け切り、泡立ちも見られません。

 

しかしシェイカーを開封して中を見てみると、少々ダマが見られます。最近は溶けやすいプロテインが市場に多いので、その中ではInpact ホエイプロテインは溶けにくいと言えるでしょう。

 

飲みやすいプロテイン

f:id:penta0602:20170720024438p:plain

美味しいです。くさみや苦味がなく、飲みやすいプロテインですね。この味が特別大好きという人はあまりいないでしょうが、苦手で飲めないという人もいないでしょう。それだけクセがありません。

 

海外のプロテインは国内のものよりかなり甘くて味が強い傾向にあるのですが、Inpact ホエイはその点もちょうど良い甘さです。

 

規定量だと水200mlに対してスプーン1杯の量なのですが、水を100mlにして濃いめで飲んでみることに。すると、規定量でシェイクした時にも気になったダマはやはり見られました。ですが、味は濃いめでも美味しいです。少々のダマは気にならないという人は、少し濃いめで作っても美味しく飲めるでしょう。

 

タンパク質

Inpact ホエイモカ味のタンパク質含有量は77%です。タンパク質含有量とは、製品のグラム当たりどのぐらいの割合でタンパク質が含まれているのかを表したものです。特殊なタイプのプロテインを除くと、大体どのプロテインもタンパク質含有量は60%~90%の範囲におさまります。

 

もちろんタンパク質含有量が高ければタンパク質を豊富にとれるのですが、その分味が犠牲になったり色々とデメリットもあります。そう考えると、Inpact ホエイプロテインラテ味はタンパク質含有量が高く、味も良いのでとてもバランスのとれたプロテインだと言えます。

 

タンパク質含有量が77%だと、1食30gあたり23gのタンパク質。パッケージには1食分が25gと書いてありますが、付属のスプーン1杯だと実際は30gの粉末量でした。これは厚生労働大臣の定める日本人の食事摂取基準において、成人男性に必要なタンパク質の3分の1強、成人女性の2分の1弱の量にあたります。これだけあれば食事1食分以上のタンパク質量に相当するので、タンパク源としては十分ですね。

 

成分

f:id:penta0602:20170720024557p:plain

25gあたり

エネルギー / 100kcal

タンパク質 / 19g

脂質 / 1.9g

炭水化物 / 1.4g

ナトリウム / 0.06g 

 

栄養成分に関しては、ホエイプロテインとしてごくごく基本的な成分であり特筆すべきポイントはありません。Inpact ホエイの場合、値段が安すぎるので逆に安い価格帯でもホエイプロテインとしての役割をしっかり果たせる商品を提供できている、といった方がよいでしょう。

 

炭水化物量や脂質量が目立って多いこともなく、タンパク質含有量も高いのでダイエットにも筋量増加にも問題なく使えます。味によって成分にばらつきが見られるのですが、それも10%以内の変化なのでおよそどの味も同じような成分です。

 

かなり安い価格帯

Inpact ホエイプロテインモカ味の値段は、

1kg 3,490円

2.5kg 6,090円

です。

1キログラム単位で揃えた時のプロテインの相場は2,000円後半~から7,000円程。こうしてみるとInpact ホエイプロテインの値段はかなり安いということがわかります。

 

さらにここからがマイプロテイン製品の魅力なのですが、大体どの期間でも特定の商品に限りセールを行っています。例えばInpact ホエイプロテインだとこの記事を書いている時点でイチゴ関連の味が30%オフになっています。3,490円の30%オフなので1kgあたり2,443円です。このクオリティでここまで安価なプロテインは他に類をみません。

 

圧倒的な低価格を実現しているマイプロテインですが、注意点もいくつかあります。まず、合計で7,500円以上の買い物をおこなわなければ1,500円と高い送料を払う必要があること。そして16,666円以上の買い物をおこなうと関税がかかり、商品到着時に追加で支払いが発生してしまうことです。

 

注意点はあるものの、それを補って余りある低価格。現状ある程度名の知れたプロテインでマイプロテインのコストパフォーマンスを上回るものは存在しないのではないでしょうか。

 

マイプロテインレビューまとめ

外装:パッケージが安っぽくないか。頑丈なつくりか。

★★☆☆☆

味:味が美味しいか。飽きないか。

★★★★☆

タンパク質量:一食で十分なタンパク質量がとれるか。タンパク質含有量が高いか。

★★★★★

栄養:ビタミン、ミネラルが豊富か。魅力的な成分が含まれているか。

★★★☆☆

値段:プロテインの相場の中で高いか安いか。

★★★★★

 

袋のチープさにおいて気になる点のあるInpact ホエイですが、この値段だと全く不満に思いません。プロテインを継続して飲む習慣のある人にとっては1番コストを抑えられるプロテインだと言って良いでしょう。

 

ビタミンなどの配合こそされていないものの、プロテインとして必要最低限の栄養は高いレベルで維持できています。また、味も52種類もあるので色々とチャレンジしてみるのもよさそうです。

 

圧倒的なコストパフォーマンスのマイプロテインInpact ホエイ。後悔することはないのでぜひ試してみてください。オススメです。