ユニクロ×アンダーソンはユニバレとの戦いを強いられるコラボ

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170924025407p:plain

2017秋冬はユニクロ×イネス、ユニクロ×アンダーソン、ユニクロ×ルメールとユニクロコラボが連続していますがアンダーソンは第二弾。コラボ連発と発売日がバラバラなのが相まってイマイチ盛り上がりに欠けている印象がありますが、果たしてアンダーソンコラボはどうなのでしょうか?

J.W.アンダーソン

f:id:penta0602:20170924033113j:plain

シンプルなルメールと比べるとゴリゴリに攻めるのがアンダーソンです。

 

f:id:penta0602:20170924033231j:plain

これらはアンダーソンの2017awコレクションになります。

 

f:id:penta0602:20170924033301j:plain

どうでしょうか?激しいですよね。今回のコレクションの中でも特に攻めているものをチョイスしましたが、大枠としての認識はこれで間違っていません。

 

このアンダーソンとコラボして出来上がったのが今回のユニクロ×アンダーソン。いわゆるシンプルで使いやすいアイテムは少なく、着こなしのハードルが高いものが目白押しでした。

 

確かに物は良いアンダーソンコラボ

f:id:penta0602:20170924033653j:plain

皆さんがユニクロに求めている物はなんでしょうか?多くの人はユニクロに「コスパ」を求めていると思います。私もその一人です。

 

その点ユニクロ×アンダーソンは大いにニーズに受け答えた商品ラインナップと言えるでしょう。例えば、ユニクロお馴染みのエクストラファインメリノを使用したマルチボーダーニット。

f:id:penta0602:20170924033924j:plain

実物を見るとやはり4000円で買えるニットには見えません。特に今回アウターが顕著でトレンチコートもツイードコートもウールブレンドキルティングジャケットもお値段以上を実現しています。

 

嘘だと思う人は同じ価格帯のブランドを見て周ってみて下さい。試着してみれば一目瞭然、見て触るだけでもユニクロの凄さが分かると思います。

 

そうなんです。確かに今回のコラボはコストパフォーマンスに優れた商品が多いです。ですが、コスパに優れている=オススメかと言われると話は別。

 

というのもユニクロで特徴的なデザインの商品はユニバレの危険性と隣り合わせなのです。

 

 

ユニバレ必至のアンダーソンコラボ

f:id:penta0602:20170924034614j:plain

f:id:penta0602:20170924034638j:plain

f:id:penta0602:20170924034700j:plain

f:id:penta0602:20170924034721j:plain

f:id:penta0602:20170924034737j:plain

特徴があり過ぎて一目で判別可能な商品が多いです。2017春夏シーズンで大きな人気となったオープンカラーシャツは無地でシンプルでしたが、街を歩いているとこれでもかと着用している人が目に入るレベルでした。

 

無地でシンプルなシャツでも目に付くのにここまでデザイン性が強いとユニバレは避けられないでしょう。

 

もちろん、ユニバレが気にならない人は何の問題もありませんし、多くの人はユニバレなんて考えもしないかもしれません。ですが、気にする人はとことん気にするもの。

 

「オシャレだね!どこの服?」

「実はユニクロなんだよね」

 

の流れなら問題ありませんが、

 

「(あ、ユニクロだ...)」

と先に思われることが嫌な人は一定数いるでしょう。

 

この辺りを気にする人にとっては今回のアンダーソンコラボは難しい商品が多いので要注意です。そうでない人にとっては少々着こなしが難しい程度の話なのでオススメ。

 

ユニバレの危険性が低いおすすめアイテム3選

フェアアイルモックネックセーター+E

f:id:penta0602:20170924035542j:plain

フェアアイル柄で首元の高いモックネックのニット。はっきり言ってそれだけですが、4000円で買えて使いやすくユニバレもしないのでオススメ。これこそユニクロに求めている方向性の1つと言えるでしょう。

 

他にも、安くて使いやすくてユニバレしない商品はありましたが、既に通常ラインナップで販売済みなので殊更オススメする必要はないかなと。その点このニットは今のタイミングで購入しておくのも良いですよね。

 

ツイードコート+E

f:id:penta0602:20170924040156j:plain

このレベルのコートが15000円で買えるならオススメしたいところ。素材もシルエットも文句なしです。ただし、、、ユニバレのリスクはややありますかね。

 

ツイードのコートを着る人は少ないですし、特徴的なデザインではありませんが、アウターは一番目立つ部分なので知っている人からすれば一目瞭然です。

 

ネイビーにすればバレないですが、モノとしてオススメなのは断然グレー。

 

トレンチコート+E

f:id:penta0602:20170924040624j:plain

袖を折り返してチェック柄を見せなければ単純にコスパの良いトレンチコートです。ユニバレのリスクもありませんし、素材もシルエットも上々。

 

ただし、そもそも論としてトレンチコートは着こなしが難しめ。着せられている感が出やすいのでコーディネートに注意する必要があります。

 

ウールブレンドキルティングジャケット

f:id:penta0602:20170924040926j:plain

これはもう誰がどう見てもバブアー。ユニクロでもアンダーソンでもなくバブアーとしして認識されることのほうが多いでしょう。

 

ユニバレもしないし、シルエットも非常に綺麗で、価格が1万円。ミリタリーライクなアウターが好きなのであれば買って損なしです。

 

 

以上です。個人的には秋冬コラボのラスト「ユニクロユー」を待つのが最善手かなと思います。9月末には第一弾、アウター類も10月の早い段階で発売されるので、それを見てから判断しても遅くないでしょう。

 

今回はここまで。