寒くても着れるユニクロのネオレザースタジアムジャンパー

スポンサーリンク

ユニクロのネオレザーはライダースだけじゃない!

f:id:penta0602:20171201053945j:plain

あまり話題にはなっていませんが、少し前にユニクロでレザーライダースが発売されました。それに続きネオレザースタジアムジャンパーも発売されたので今回はこの製品について書きます。

ネオレザーって?

f:id:penta0602:20171201060143j:plain

ネオレザーとはいわゆる合皮のことです。本物ではないフェイクのレザー。合皮と本革の違いは色々ありますが、最大の違いは素材感になります。男性は特にですが素材感にウルサイもの。本物か偽物かの違いを気にする人も多いのではないでしょうか?

 

靴においての本革か合皮かは素材感以外にもサイズに大きな影響を与えます。合皮だと伸びないのでサイズ感がシビアになります。伸びないということは細身の靴を作りにくいということに繋がるのでシルエットにも影響しますね。

 

ですが、ライダースであれば靴ほどサイズにシビアになる必要がないので、素材感が良ければ他は気にする必要もないでしょう。つまり今回大切なのはユニクロのネオレザーのクオリティは如何ほどなのか?という点ですよね。

 

正直言って本革には及ばないです。実物を見てもらえば納得する人もいるでしょうが、ややビニール感があります。ですが、それは既に本革のライダースジャケットを持っている人の話し。

 

既に良いレザーライダースを持っているならわざわざユニクロで買うか検討する必要もないので、この記事を読む必要もありません。大事なのは初めてレザージャケットを買う人にオススメ出来るクオリティなのかどうかです。

 

初めて買うのであれば申し分ないクオリティだと言えます。これが5000円台で買えるのは驚愕の一言。スタジアムジャンパーに至っては4990円で買えてしまいます...。

 

ということで素材に関してはこの値段なら文句なしです。

 

デザインとシルエットも上々

f:id:penta0602:20171201053945j:plain

ネオレザースタジアムジャンパーは身頃がウール、袖がネオレザーで作られています。ちなみにユニクロのウールは一級品。ネオレザーより遥かにハイクオリティです。

 

このネオレザースタジアムジャンパーは身頃のウールと袖のレザーの色味を寄せているのがグッド。ボタンもマットにしていて全体的にカジュアルな印象を抑えています。

 

ユニクロのアウターは極々シンプルなものが多いですが、この商品は少し攻めた商品。ですが上手いこと作って誰でも使える塩梅に仕上げていますね。

 

シルエットも悪くなく万人が納得するアイテムでしょう。

 

ネオレザーライダースと比べて暖かい

おまけにライダースジャケットではなくスタジアムジャンパーなので防寒性もバッチリ。男性はライダースジャケット好きな人が多いですが、防寒性が弱すぎて寒くて着れる期間が本当に短いですよね。

 

高いお金を出して買ったのに出番が少ないと感じたことはありませんか?

 

そんな人にこの商品はオススメ。スタジアムジャンパーであり、中綿が入っているので防寒性もバッチリです。冬まで使えるアウターです。

 

襟がなく顔周りが寂しいアウターですのでマフラーやストールでカバーしたり、タートルネックをインナーに入れると良いでしょう。タートルネックならユニクロに良いものがたくさんあるので同時に試着してみることをオススメします。

 

ユニクロ/エクストラファインメリノタートルネックセーター

f:id:penta0602:20171201055240j:plain

極上の素材感がウリのエクストラファインメリノセーターが鉄板ですね。

タートルネックが苦手な人はシャツ+ニットの合わせも良いでしょう。

 

ユニクロ/オックスフォードスリムフィットシャツ

f:id:penta0602:20171201055500j:plain

 

ユニクロ/エクストラファインメリノVネックセーター

f:id:penta0602:20171201055554j:plain

シャツはホワイト、ニットで色を入れるのがオススメ。全身ダークトーンも良いですが、慣れている人は1点色を入れることに挑戦するとレベルアップが図れます。

 

以上でユニクロのネオレザースタジアムジャンパーについての記事は終わりです。

ネオレザーライダースシリーズも合わせてオススメなので是非ご覧ください。