【2018】ユニクロのメンズアウター全品レビュー!オススメはどれ?【28点】

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20180103084458j:plain 

現在ユニクロのアウター(メンズ)が全部で何点あるかご存知でしょうか? ECサイトを見れば分かりますが、驚くほどの商品数ですよね? いくら試着しやすいユニクロでもこれだけの量を試着するのは至難の技です。

 

この記事では28点レビューしているのでお買い物の参考にしていただければと思います。

ウルトラライトダウンジャケット 5990円

f:id:penta0602:20180101225121j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400504-69

 

まずはユニクロの代名詞ウルトラライトダウンシリーズ。ウルトラライトダウンジャケットは後述するウルトラライトダウンコンパクトジャケットと違い、襟があるのが特徴です。

 

このシリーズは「薄くて軽くて暖かい」が売りのアイテムです。ダウンと言えばモコモコして着膨れするのが当たり前ですよね?モコモコしてしまうと太って見えてしまうのでファッション的にはよくありません。

 

これだけ薄くて軽量化してあれば「インナー」として使うことが可能。このアイテムはいわゆるインナーダウンなので隠して使うのが基本。これを着てオシャレをするというよりかは暖かいという機能性がウリです。

 

 f:id:penta0602:20151121235023j:plain

こちらは過去モデル。以前は写真のようにテカテカしていました。テカテカしている質感と昆虫のようなボディが仮面ライダーを彷彿とさせていました。

f:id:penta0602:20151101022431j:plain

 

インナーダウンはいかに存在を消すかが重要なので、マットな質感になった今年のモデルは改良されたと言って良いでしょう。

 

ウルトラライトダウンベスト  3990円

f:id:penta0602:20180101230626j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400502-57#colorSelect

 

ウルトラライトダウンベストはウルトラライトダウンジャケットの袖なしバージョン。腕を暖かくしたいかどうかでどちらを購入すれば良いでしょう。

 

ウルトラライトダウンベスト(ソル・ルウィット)3990円

f:id:penta0602:20180101231014j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405741-52

 

ソルウィットはウルトラライトダウンベストにデザイン性を足したアイテム。ユニクロでは物足りないと思う人にオススメである一方で、特徴があるためユニばれしやすいという危険性もあります。

 

ウルトラライトダウンコンパクトジャケット 4990円

f:id:penta0602:20180101231452j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400501-58

 

襟がなくVネックのインナーダウンがウルトラライトダウンコンパクトジャケットです。襟がないため小顔効果がありませんが、隠すにはもってこいです。襟があるとどうしても見えてしまいますからね。

 

ウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト 3990円

f:id:penta0602:20180101232414j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400500-69

 

襟もなく袖もないのがウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト。寒いのが苦手で暖かいインナーダウンが欲しいけど、目立つのが嫌ならこれがオススメ。アウターを着てしまえばほとんど見えません。

 

ウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト(千鳥格子) 3990円

f:id:penta0602:20180101232159j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403249-68#thumbnailSelect

 

ウルトラライトダウンコンパクトVネックベストの千鳥格子柄です。柄自体は目立ちにくい柄ですので悪くありませんが、それでも使いこなすのは難しいです。大人しく無地を選ぶのが賢明。中級者以上向けアイテム。

 

ウルトラライトダウンシームレスダウンパーカ 5990円

f:id:penta0602:20180101233038j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400506-65

 

ウルトラライトダウン+シームレスで一見「名作か!?」と思いますが、そんなことはありません。アームのシルエットも綺麗ですし価格も安んですが、後述するシームレスダウンパーカと比較すると1段落ちます。

 

少し価格は高くなりますが、ダウンを買うなら頑張ってシームレスダウンパーカを購入して頂きたいです。

 

シームレスダウンパーカ 9990円

f:id:penta0602:20180102024105j:plain

ユニクロで防寒性とオシャレさを兼ねそろえているアウターと言ったらこのシームレスダウンパーカ。このブログでは発売前から注目していた商品で、発売後も何度もリコメンドしています。

 

それぐらいオススメの逸品。「シームレス」とは縫い目がないということです。それによるメリットは多々あるのですが、「少ないダウンでも暖かい=モコモコしない」のが最大のメリット。ダウンジャケットなのに着膨れしない画期的な商品です。

 

シームレスダウンと言えば高級ダウンである「水沢ダウン」のお家芸ですが、ユニクロが販売したことで価格破壊を起こしましたね。水沢ダウンは10万円以上するモデルもあるのでユニクロとの価格差がとんでもないことになっています。

 

と言っても流石に水沢ダウンのがクオリティが高いのでお金に余裕がある人は水沢ダウンがオススメです。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

さて、シームレスダウンパーカに話を戻します。このアイテム発売当初は大きな弱点がありました。それは「裏地」です。表地と裏地の色が違い、チープさが少々目に付くのが気になっていましたが、今年のモデルはほぼ同色でまとめられています。

 

f:id:penta0602:20180102024105j:plain

襟の立ち上がりもとても綺麗です。オシャレ、暖かい、安い3拍子揃った文句なしのオススメアウターです。

f:id:penta0602:20180102025824j:plain

このようにシャツを中に入れて裾を出すのがオススメの着こなし。パンツは細身のものを選べば間違いないです。いくらダウンと言ってもシャツ1枚じゃ寒いでしょ?と思うかもしれませんが大丈夫。不安な人はモンベルのジオラインをシャツの中に着てください。

 

暖かい上にレストランなどでダウンを脱いでも白シャツなのでオシャレです。冬は脱いでも格好いいコーディネートだと便利ですよね。

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

シームレスダウンコート 12900円

f:id:penta0602:20180102025522j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature_mb/uq/fe_list/down/men?quickviewproduct=400512

 

シームレスダウンパーカの着丈を長くしたのがシームレスダウンコート。着丈が長く、シルエットは綺麗で、物は良いですが、問題なのはダウンコートが市民権を得ているのか?ということ。

 

確かにファッションは他の人との違いを出すことも重要ですが、あまりにも使っている人が少ないと逆に浮いてしまいます。目立たないアイテムでしたら良いと思いますが、これはコーディネートの主役になるものですしね。 

 

暖かさで言えば一級品。

 

ダウンジャケット 7990円

f:id:penta0602:20180102030628j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400510?color=09

 

写真からも分かる通りモッサリしているダウン。かなりモタついているので太って見えてしまうのが残念。

 

コンフォートジャケット 5990円

f:id:penta0602:20180102031213j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/feature_mb/uq/fe_list/jacket/men?quickviewproduct=400484

 

柔らかい素材で、いわゆるイージージャケット。テーラードジャケットほどカッチリしていないのでキメキメになりにくく扱いやすいのが特徴です。シルエットも素材感も「まぁまぁ」良くて安いです。

 

コスパは良いですがオススメしたいと思うほどでもない商品。一度もジャケットを購入したことがない人にとっては良いかもしれません。

 

ストレッチウールジャケット(オールシーズン) 12900円

f:id:penta0602:20180103071755j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400487-69

 

高級素材スーパー110を使っているにも関わらず約13000円で買える破格のクオリティのジャケット。これがどれだけ凄いことかは同じスーパー110を使ったジャケットを検索して価格を見比べると一目瞭然です。平気で2倍以上します。

 

やはりユニクロのウール素材に対するコストパフォーマンスの凄さはピカイチ。ただしあくまで素材の話しであってシルエットは決して良いとは言い切れないもの。悪いとは言いませんが至って普通で、着た瞬間「格好良い!」と感じるようなものではありません。

 

全年代に向けて販売しているユニクロなのでどんな体型の人でも着れるように全体的に緩いシルエット。でも、そこを考慮しても13000円で手に入れることの出来ないジャケットであることには変わりがないでしょう。

 

ストレッチウールジャケット(秋冬) 12900円

f:id:penta0602:20180103072127j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400489-08#thumbnailSelect

 

オールシーズンがスーパー110なのに対して秋冬モデルはスーパー100です。なのでツヤ感は軽減されますが、生地に厚みはあります。シルエットはやはりモッサリしていますね。

 

ストレッチウールジャケット(オールシーズン・スリム) 12900円

f:id:penta0602:20180103072500j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400488-04

 

上記のジャケットのスリムシルエットVer.

スリムシルエットでないモデルを「素材は良いがシルエットがモッサリ」と評したので、スリムシルエットであるこのジャケットは完璧か?と思われそうですが、これでもモッサリです。

 

ですが、13000円で買えるジャケットの中ではこれを超えるものは存在しないのでは?

 

ストレッチウールジャケット(秋冬・スリム) 12900円

f:id:penta0602:20180103072913j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400490-69

 

上記ジャケットの秋冬モデル。ツヤ感が軽減されて生地に厚みが増しています。

 

ウールカシミヤチェスターコート 12900円

f:id:penta0602:20180102163934j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400518-69

 

ウール90%カシミア10%というハイスペック素材。本当に生地が素晴らしい。しっとりしていて艶が強く、ハンドステッチで一目で分かる高級品。誰もユニクロだなんて見抜くことの出来ないチェスターコートです。

 

このウールカシミヤのチェスターコートは昔から発売されていたんですが、シルエットが綺麗ではないのが残念でした。ですが、2016年辺りから洗練されたシルエットに改善されたので、シルエット&素材&価格のどれをとってもケチが付けられないオススメアイテムです。

 

チェスターコートを持ってない人は必見のアイテム。一旦ユニクロの商品であることを忘れて見ることを推奨します。

 

ウールブレンドダッフルコート 7990円

f:id:penta0602:20180102164402j:plain

 http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401447

 

フードが硬く立ち上がるので大きな小顔効果があります。シルエット自体は並ですが、小顔効果のおかげで気になりません。ユニクロのアウターの弱点はチープな「ボタン」なんですが、ダッフルコートに使われるのはボタンではなく「トグル」です。

 

ボタンと違いトグルはチープに見えないのでアリなんですが、そもそもの生地自体がチープなのが残念。ウール混ではありますが主な素材はポリエステルで少々チープです。

 

来年は素材が進化することに期待したいですね。

 

ステンカラーコート 9990円

f:id:penta0602:20180103073118j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/172996-69

 

シルエットも素材も悪くなく、余計なデザインもないコスパの良いステンカラーコート。ただし、ステンカラーコートで「普通」過ぎるとビジネス用に見えてしまうのが困りものです。

 

着こなし次第でカバーすることは可能なので良品ではあります。

 

ムートンタッチコート 4990円

f:id:penta0602:20180103073435j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400519-38

 

スウェードタッチの素材にプリント技法を加えてムートンを表現しているようですが、どうにも安っぽいです。シルエットも微妙でオススメしにくい。とても安いですが...。

 

ブロックテックパーカ 5990円

f:id:penta0602:20180103073901j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400494-58

 

いわゆるゴアテックス素材の高機能パーカ。防風&防水&透湿機能を兼ね揃えているので、風も雨も通さないが熱気は外に逃がしてくれる優れもの。物凄く便利です。

 

フードの立ちが悪いのでシルエットは及第点といったところ。価格を高くして良いのでそのあたりを解消して欲しいところです。今後に期待。

 

 

ポケッタブルパーカ 2990円

f:id:penta0602:20180103074435j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400493-67

 

写真からわかる通りフードの立ち上がらないパーカ。なのでオススメはしないんですが、ポケッタブルの利点は持ち運び可能なところ。小さく折りたためて袋に入れて持ち運べるので旅行や梅雨時期に役立ちます。

 

ネオレザーダブルライダース 5990円

f:id:penta0602:20180103080111j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401215-09

 

ネオレザーとはつまり合皮のこと。ややビニールっぽい素材の合皮ですが、これで満足出来ない人は既に良いレザーをお持ちの人でしょう。5990円でライダースが買える時代の到来です。

 

ダブルライダースが最もオススメですが、簡単なのはシングルタイプです。

 

ネオレザーシングルライダースジャケット 5990円

f:id:penta0602:20180103081158j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401382-09

 

ダブルライダースと比べてシングルライダースは極めてシンプル。パーツが少ないので目立たず合わせやすいですが、商品としてのクオリティはダブルに劣ります。どうして同じ価格なんでしょう?

 

ネオレザーライダースジャケット 5990円

f:id:penta0602:20180103081455j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401383-09

 

襟付きのブルゾンタイプ。これも全然悪くありませんが、どうしてもダブルライダースをオススメしたくなってしまいます。

 

MA-1 3990円

f:id:penta0602:20180103081900j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401742-69

 

2016年に流行ったMA-1も今では完全に下火。合わせるのも難しいので無理に手を出す必要もないでしょう。

 

スウェードタッチリブブルゾン 3990円

f:id:penta0602:20180103082133j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402736-39

 

上記のMA-1がスウェード素材になったものだと思ってください。MA-1と同じくアームホールが少しモッサリしています。

 

ミッキートラベルスカジャン 4990円

f:id:penta0602:20180103084135j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/40226500001-09

 

ミッキーなのでオシャレというより可愛いキャラアイテム感が否めません。ただこのミッキーは刺繍で表現されているんですよね。刺繍入りのスカジャンが4990円で買えるのは驚異的です。

 

デニムジャケット 3990円

f:id:penta0602:20180103084458j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400495-65

 

シルエット、素材、デザイン全て文句なし。これが3990円で買えるなんてと素直に思います。春アウターで困ったら最初にオススメしたいですね。写真のようにシャツと合わせるのが簡単です。

 

 

アウター全品レビューは以上で終わりです!

 

いかがでしたでしょうか?

出来るだけ良い物を買いたいと思っている人の参考になれば幸いです。 

 

↓ユニクロのヒートテックが暖かくないと感じたことがある人は必見です。

zerokarahazimeru.hatenablog.com