ユニクロのスニーカーやサンダルを全て比較してレビュー【2018】

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20180715133422j:plain

すっかり低価格で高品質というイメージが定着しつつあるユニクロ。定番アイテムならば他の追随を許さないクオリティのものばかりです。

 

定番アイテムといえばシャツやデニムと並んでスニーカーやサンダルもその位置にいるかと思います。ユニクロのシューズ類の出来栄えはどうなのか。

 

今回はユニクロの店頭に今売られているスニーカーやサンダルなど、カジュアルに使えるシューズを全品レビューいたします。

スリッポンスニーカー

f:id:zakikaz:20180714170127j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/407595-00#thumbnailSelect

 

クリストフルメール氏監修のコラボライン、ユニクロUの18SSのアイテムです。コラボラインは毎回発売時にファッショニスタも多く買い求めるほどの人気ぶり。その人気から完成度の高さが伺えます。

 

このスリッポンもユニクロUだけあって非常に高いクオリティです。

無印良品やGUでもラインナップされているキャンバス地のベーシックなスリッポンですが、他2つの店舗と比較しても素材の良さが際立っています。

 

しっかりとした厚手のキャンバス地は目が詰まってハリがあり上質さを感じさせます。生地のハリとムラのない綺麗なブラック、ホワイトのアッパーの色も相まって余計なもののないシンプルを極めた見た目です。

 

デザイン面で見ても、余計な切り返しやステッチもありません。またステッチも均一に乱れることなく入れられていて見た目からもその堅牢さがわかります。

 

ソールはスリッポンでは定番の白ですが、無印やGUと比較しても最も薄く貼り合わせなど目立つポイントもないためシュッと大人っぽいシルエットになっています。

 

足裏にピッタリとくっ付くようなはき心地で、思ったほどクッション性は感じられませんでしたが疲れにくそうなはき心地です。

 

他のお店のスリッポンと比べると若干重いのが気になる人は気になる点。

重いからといって歩きやすさに支障が出るわけではないのですが、重いシューズが苦手な方は注意です。

 

スニーカー

f:id:zakikaz:20180714185725j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/407592-00

 

こちらもユニクロU18SSのアイテム。無印、GUともに展開のある形、定番のローテクローカットスニーカーです。

 

こちらもベーシックなキャンバス地ながらハリのある高級感を感じさせる素材を使用していて他のファストファッションブランドとは別格の雰囲気があります。

縫製もしっかりしており長く履いていけそうな印象。

 

インソールのクッション性は上記のスリッポンと同じように感じましたが、スリッポンと違いこちらは紐がついているので足へホールドできフィット感もアップしています。

 

ソールやアッパーなど全体的に余計な装飾や切り返しがないので上品で大人っぽいデザインに仕上がっています。そしてこちらはブラック、ホワイト共にソールの色がアッパーと同色になっています。全体の一体感が出てよりシュッとしたシャープなシルエットに感じられます。

 

デザイン、はき心地、シルエット共にこの価格帯では最も優れているアイテムと言えるでしょう。

 

18SSのアイテムで、発売からかなり時間が経っているので在庫がなくなりかけている店舗もあります。気になる方はお早めに。

 

サンダル

f:id:zakikaz:20180715124839j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405412-09

 

こちらもユニクロU18SSのアイテム。昨今トレンドにもなっているベルクロのスポーツサンダルです。

 

ソールが足の形に合わせて大きく湾曲しているので足にしっかりフィットし、実際にはくと、履いていない時の見た目よりずっとシャープに見えます。

 

足に合わせたソールで、歩行時に必要なところに無駄なくソールがあるので、もともとクッション性が高いのも相まりはき心地は非常にいいです。

 

ベルトもペラペラした細すぎるものではなくしっかりとした厚みがありよくファストファッションのサンダルで見られるチープ感を払拭しています。

 

またベルトの内側がクッションのようにふわふわしていて、こうしたタイプのサンダルでよくある靴擦れの心配もないでしょう。

 

ブラックの1色展開ですがオールブラックでカラーリングされていてサンダルながら子供っぽさはなく、大人が使えるサンダルです。

 

5000円以上のTEVAのサンダルなどブランドサンダルと比べてもチープ感も感じられず、はき心地も問題なく、遜色ない出来栄えです。

 

ファストファションのサンダル類では最もはき心地が良かったです。この価格帯では非常に高い完成度なので、サンダルを探している方、買い足す方にもオススメです。

 

 ニットライトスニーカー

f:id:zakikaz:20180715130736j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406956-01#thumbnailSelect

 

今ユニクロ本ラインで唯一の展開であるスニーカーです。

シンプルな見た目のローカットスニーカーですね。 

 

細かく編み込まれたニット地の生地を使用。

通気性抜群で暑い日でもスポーツをして長時間着用し続けても蒸れによる不快感は感じないでしょう。

 

持ってみるとその重さにも驚くはずです。本当に軽量で履いていないようなはき心地。

長時間履いて動くのであれば軽いに越したことはありませんね。ただ、軽量化を追求した結果でしょうが、生地が非常に薄くペラペラして若干のチープ感は否めないです。

 

クッション性も抜群。シューレースもゴムでストレッチ性があり着脱もしやすいです。

しっかりとホールド感もあり歩きやすさは文句なし。またかなり極細の丸紐なので、革靴のようなシュッとしたソリッドな見た目を担っています。

 

 

f:id:zakikaz:20180715132333j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406956-01#thumbnailSelect

 

非常に評判がいいのかユニクロでは珍しく、オンラインサイトの商品販売ページにモニターアンケート結果が使われていました。こういうのがあると一気に胡散臭くもなりますが、実際に試着してもこの通りだったので心配しなくて大丈夫です。

 

実用性は抜群、見た目は若干のチープ感のあるこのアイテム。

大人がおしゃれに使うのは少し難しいので、スポーツ用やワンマイル用などで割り切って使うのがオススメです。

 

ビーチサンダル

 f:id:zakikaz:20180518222152j:plain

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/410543-69

 

THEビーチサンダルな形のビーチサンダルです。ソールがパイル素材になっていてさらっとしてはき心地良いです。汗も気になりにくいディテールですね。

 

鼻緒部分は柔らかい素材なものの、特に加工がされているわけではないので人によっては歩き続けると当たるかもです。

 

オンラインの画像ではほぼ分かりませんが、ソールの色が2色展開になっています。ソールなので履いたら違いがわからなくなりますね。

 

ダークトーンでまとめられているビーサンは中々見ないため、ビーチなどではおすすめです。

 

ユニクロシューズレビューは以上です

 

意外や意外、無印良品やGUと比べてもシューズ類の商品展開数が非常に少ないユニクロでした。ですがそのクオリティはどれも一級品。ハズレのないラインナップで他のファストファッションとの違いを見せつけられました。

 

シンプルなデザインのスニーカー、サンダルを探している方はユニクロも見てみてください。その価格とのギャップに驚くはずです。