ユニクロで揃う!「ビジネスアイテム」をレビュー【2018】

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20180729145810j:plain

働くビジネスマンにとって必要不可欠な洋服がスーツなどのビジネスアイテムではないでしょうか。

 

平日に毎日、連日で着用するのでどうしても枚数も増えるし、よれや汚れなどの劣化も気にしなければならないので意外とお金がかかるもの。そしてどうせならかっこいいおしゃれなアイテムを使いたいですよね。

 

実はファストファッションにもスーツ量販店よりも安く手軽に、クオリティの高いものがあるんです。今回はユニクロで使えるビジネスアイテムを実際に見て、試着してきました。

感動ジャケット

f:id:zakikaz:20180729150136j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/405194-69#thumbnailSelect

 

ユニクロ店頭でも大きく打ち出していて、よく目にする感動シリーズのジャケットです。シャカシャカしている薄手のナイロンブルゾンのような生地感。見た目も表情のないマットな色味、若干化学繊維特有の光沢があります。

 

動くとシャカシャカ鳴るので気になる方は要注意です。

 

非常に軽量でシャツと変わらない重量感。

 

吸汗速乾のドライ機能で汗をかいてもさらっとした着心地で、蒸れやすいジャケットの素材としては非常に適したものです。

 

ストレッチ性もかなりあり、若干細身のシルエットですが窮屈感はなし。電車でつり革を掴む時など通勤や仕事で大きく体を動かしても引っ張られるような窮屈さはありません。

 

ラペルも太すぎず細すぎずなトレンド関係ないスタンダードな形。ボタンもふたつボタンでベーシックなデザインです。裏地はなく夏向けの作り。軽量でドライ機能のある生地感と合わせてすっきりと涼しい着心地になっています。

 

スマホやメモを入れられる内ポケットもあります。ボタンも高級感があり全体の印象を締めています。

 

コンフォートジャケット

f:id:zakikaz:20180729153150j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/182567

 

ジャージー素材のジャケットです。ジャージー素材のメリットとしては軽く柔らかくシワになりにくいという毎日着るにはもってこいの素材。

 

ふんわりした触り心地は肌触り滑らかで着心地抜群です。

 

上記の同じ化学繊維の感動ジャケットよりもウールのような見た目で高級感がわかりやすいです。透かすと向こう側が透けて見えるぐらい薄手で、さらっとはしていませんが涼しいです。

 

またジャージ素材なのでストレッチ性もあります。着用したままでも動きやすさは十分。

 

ラペルの太さやボタンの数などもスタンダードで、どんな柄のシャツやネクタイとも合わせやすいです。センターベントでスタイリッシュな印象になっています。

 

ポケットはいわゆるスーツなどで使われる蓋つきのフラップポケットではなく、袋部分が前面に出たパッチポケットです。これはスーツというよりかはジャケパンなど単体でのジャケットによく見られるディテール。

 

アイテムラインナップとしてもコンフォートジャケットのスラックス版は出されていないので上述の通りジャケパンでの使用がオススメです。

 

ストレッチウールジャケット(スリム)

f:id:zakikaz:20180729155301j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404359-69

 

スーパー110のウールを使用した本格的な素材のジャケット。

 

量販店のスーツ以上の艶、高級感を実現しています。スーパー〇〇とは繊維の細さのこと。数字が大きくなればなるほど繊維が細くなるので艶や風合い、滑らかさが増します。

 

デメリットもあり、細ければ細いほど生地自体が脆く、シワになりやすいので毎日着るにはオススメできません。

 

日常的に使うのであればスーパー110ぐらいがオススメ。

 

適度に柔らかく艶があり、あまりシワにもなりにくいちょうどいいバランスです。

 

本格的なスーツのように肩パッドも入っています。裏地は背抜き、半分だけ裏地になっているので適度に通気性がありオールシーズン着用できます。袖部分の裏地のみストライプです。センターベントで動きやすさも確保されています。

 

ラペルは若干細めでスタイリッシュな見た目になっています。ネクタイも細めのものを選ぶとすっきりまとまって見えるのでオススメ。

 

またラペルにはハンドステッチが施されていて、手縫いで仕立てたかのような高級感があります。

 

ウエストは絞られていて細め。その割にアームホールは若干太いので少しアンバランスです。

 

ストレッチウールスリムフィットパンツ

f:id:zakikaz:20180730213459j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406593-01#thumbnailSelect

 

上記とセットアップで使えるスラックスです。同様にプレミアムウールを使用していて上質で高級感のある風合いです。

 

細身で少しテーパードかかったすらりとしたシルエット。

 

細すぎるわけではなく適度にゆとりもあるので、ビジネス的な見た目にも動きやすさにも影響しません。

 

かなりストレッチが効く生地で座ったりしゃがんだりする日常の動作ではウコ着づらさは感じられないでしょう。

 

裾上げは必須。

 

クッションが出すぎるとせっかくの細身シルエットが台無しになっていうため、ハーフクッションぐらいの裾上げがおすすめです。

 

 ストレットチウールジャケット(レギュラー)

f:id:zakikaz:20180730113647j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404357-08

 

上記のレギュラーフィットバージョン。素材もプレミアムウール110で上質な高級感があります。

 

こちらはレギュラーフィットということで身幅、着丈など全体的に少し大きめになっていてクラシカルなシルエットになっています。

 

ポケットのフラップも太くなっていて細かいところまで変わっています。ラペルも太くなっていて重厚感も増しています。

 

トレンド的にはレギュラーフィットのようなラペルや身幅の少しゆったりとしたシルエットの流れです。ビジネスにおいてトレンドはあまり関係ないですが、スリムとレギュラーどちらも試して自分の気分に合ったものを選ぶといいでしょう。

 

ポリウレタンが入ることでストレッチ性もあり日常の動きでは動きづらさを感じることはありません。ビジネスではブラックかネイビーがオススメ。ネイビーもかなり黒に近いので大人っぽい印象になります。

 

またスーツ購入の際に必須な袖や着丈のお直しですが通常店舗ではできません。

 

ただし、MY UNIQLOの対象店舗、オンラインストアでは様々なお直しサービスを承っているのでぜひ活用してみてください。

 

ストレッチウールパンツ

f:id:zakikaz:20180730214326j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400142#thumbnailSelect

 

こちらも上記のジャケットの組下のスラックスです。上質な風合い、ストレッチ性は同様。スリムフィットのスラックスより余裕のあるシルエットです。

 

ただ思っていたよりは太くなく、がっしりした方には細身に感じるほどのスッキリした太さです。

 

こちらもクッションがあまり出ないように裾上げしましょう。色はブラックかネイビーがオススメです。

 

ネクタイ

f:id:zakikaz:20180730215408j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409358

 

ユニクロでコスパダントツなアイテムがネクタイです。

 

良いネクタイの条件の一つとして生地が肉厚なことがあります。しっかり締めることができ、ネクタイのツヤも最大限に発揮できるからです。量販店でも安価なネクタイはペラペラなものが多いですがこちらはしっかりとした生地感。

 

素材はシルク100%。上質なツヤ感と奥行きのある色合いは高級感抜群です。

 

そして1000円代で購入できるのが最大のポイントです。

 

色違いでの購入もしやすいですし、違うネクタイが必要になった時にどこでも買いやすい手軽さもありがたいです。非常にオススメのビジネスアイテムです。

 

ファインクロススーパーノンアイロンシャツ(セミワイドカラー)

f:id:zakikaz:20180730210153j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/411822-12

 

ユニクロにはビジネス用のシャツもたくさんの種類があります。その中でも最もオススメなのがこちらのノンアイロンシャツです。

 

アイテム名にもなっているノンアイロン機能で日々のお手入れがぐっと楽になります。

 

筆者も購入したことがあるのですが、洗濯後ハンガーにかけておくだけでアイロンをかけた後のようなシワのなくシャキッとした状態になっています。

 

毎日のアイロンの時間と労力を他のことに当てられるのはビジネスマンとしては非常に嬉しいはず。

 

少し前からスーツ量販店などではノンアイロンシャツ自体はあったのですが、シワができにくくするためにポリエステルが多く混紡されていてごわごわしていたり、他のシャツと比べ値段が高かったりといまいち現実的ではなかったのが正直なところです。

 

こちらは3000円以下の値段とコットン100%で滑らかでさらっとしていて非常に着心地がいいです。

 

シルエットは身幅がスッキリとしてもたつかずおじさん臭くなりません。アームホールは若干太いのですが生地に落ち感があり綺麗なドレープが出るため、シャツ一枚で着用してもそこまで気になりません。 

 

またセミワイドカラーという少しワイド目な襟もオススメのポイント。

 

首元の開きが広めに取ってあるのでネクタイの見える面積が増え華やかな印象になります。

 

襟のサイズもベーシックなネクタイの幅に会いやすいので自然とバランスのとれたVゾーンになるでしょう。

 

ドライイージーケアドビーシャツ(レギュラー・半袖)

f:id:zakikaz:20180730212159j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406593-01#thumbnailSelect

 

半袖シャツならこちら。

 

こちらは汗をかいてもさらっとした着用間の続くドライ機能と、軽いアイロンがけですむイージーケア機能のついたシャツです。

 

ファッション的には半袖シャツはおしゃれに見えにくいのでオススメはできないのですが、夏の暑さではそんなことも言っていられないでしょう。

 

ドライ機能が付いているとは見た目ではわからないほど滑らかな風合いです。着用すると若干がさっとしたドライ機能特有の肌触りが気になる方もいるかもです。

 

生地はカノコのようなごく細かいメッシュのような見た目です。このおかげで通気性もよく、非常に軽量になっていて爽快感のある着心地です。

 

薄いからか、かなり透けるためエアリズムベージュの着用をオススメします。

 

以上がユニクロで買えるオススメビジネスアイテムです。

 

ユニクロのアイテムは見た目だけでなくビジネスマンにはありがたい機能性もあるので非常にオススメです。

 

ファストファッションでスーツを買うのに抵抗がある方もいるかと思いますが、この手軽さとコスパを知ってしまったら便利すぎます。シャツやネクタイなど、急に替えが必要になってもどこでも買えるのも魅力ですね。

 

ぜひビジネスアイテムの選択肢としてユニクロも加えてみてください。