GUで買える「ビジネスアイテム」を一挙レビュー【2018】

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20180731012249j:plain

ユニクロより低価格なアイテムが多いGU。そんなGUでスーツやシャツ、ベルトなどビジネスアイテムが買えたら非常に便利ですよね。

 

他記事ではユニクロのオススメビジネスアイテムをレビューしましたが、今回はGUでも使えるビジネスアイテムを発見して来ました。実際に見て試着したアイテムしか紹介しないので間違いないレビューです。

テーラードジャケットCL

f:id:zakikaz:20180731012306j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/306918-03

 

GUの定番ジャケットです。少し前は価格相応のペラペラで安っぽいクオリティでしたが今回久しぶりにちゃんと見た結果見違えるようなクオリティになっていました。ウエストはシェイプしていてスッキリと。

 

ユニクロのジャケットの欠点でもあったアームホールも細めでシワが出にくく綺麗なシルエットになっています。

 

素材はポリエステルやレーヨンなど化学繊維のみですが、実際に見てみるとウールにしか見えません。触っても滑らかでウールのようなツヤもあり上質なスーツ地を実現しています。

 

裏地も表地と同色でジャケットを脱いでも変に目立ちません。非常に滑らかな袖通りでユニクロよりも着心地がいいです。

 

ノッチドラペルでふたつボタン、センターベントでスタンダードなディテール。

 

ポケットも蓋つきのフラップポケットなのでカジュアルになりすぎずビジネスでも使えます。

 

ラペルも程よい太さ、しっかりしていて重厚感があります。ここがペラペラだとチープに見えてしまうので重要なポイントです。

 

GUはビジネスに使えるような無地のジャケットが1アイテムしかありませんでした。ですが、スタンダードなディテールとスッキリした細身のシルエット、生地感も上々なのでビジネスにもカジュアルにも年代問わず使いやすいアイテムです。

 

このクオリティで5000円未満ならユニクロよりコスパ良いです。もう一着スーツが欲しい方はGUもありです。

 

テーパードトラウザーCL

f:id:zakikaz:20180731013918j:plain

 

 

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/306588

 

上記のジャケットの組下で使える同素材のスラックスです。こちらも見た目は完全にウール。

 

ジャケットと合わせると上質なスーツを着ているようにしか見えません。

 

ユニクロとの違いはテーパードの強さ。GUは裾に向かってかなり細いシルエットになっています。腰回りはそこまで細くないので体型は選びにくいでしょう。履くと分かりますが、自分の足がかなり綺麗に見えます。

 

綺麗なシルエットを活かすために裾はクッションが少し出るぐらいで裾上げしましょう。ビジネスでもカジュアルでも活躍してくれるスラックスです。

 

ストレッチブロードシャツ

f:id:zakikaz:20180731015308j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/304170-01

 

GU定番のブロードシャツです。店頭ではカジュアルなアイテムに紛れていることもありますが、ビジネスに使えます。

 

滑らかでツヤのあるブロード地は価格不相応な上質感があります。

 

コットン100%ではないですが肌触りがよく不快感はありません。

 

こちらはイージーケアなどの機能はついていないので注意。特にブロード地は柔らかいので洗濯するとシワになりやすいです。

 

身幅、袖共にスッキリしていてかなり綺麗なシルエット。

 

もたつきがないので一枚でもジャケットを着てもサマになりやすいです。

 

また、タックインしなくても長すぎるような着丈ではないので普段着にも使用可能。カジュアルに使う場合はワンサイズアップした方がスッキリしすぎずに、違和感なく着用できます。

 

レザーサイドステッチベルト

f:id:zakikaz:20180731020752j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/297670-38

 

GUのベルトコーナーには多くの種類がありますが、筆者一押しはこのベルト。ベルト1本でもビジネス向き不向きがあるので注意です。

 

こちらはバックルがコンパクトで主張が強くないので、目立ちすぎず好印象です。

 

意外とベルトのバックルは目立つので、ゴツすぎたり色がついていると一気にカジュアルに見えてスーツスタイルが破綻してしまいます。

 

表側には本革を使用。わざとらしくないツヤ感が品の良い印象をまとっています。こちらもテカテカしているとコーデがチープに見えてしまうので注意です。

 

また商品名の通りベルトの両サイドにステッチが入っています。

 

ステッチがあることでプレーンな革でものっぺりせずにシンプルながら表情が出ます。

 

また手縫い風なのでしっかり作られた感もプラスしてとても1000円代のベルトとは思えない見た目になっています。

 

ブラック、ネイビー、ブラウンの三色展開です。選び方としては他の革小物、シューズとできるだけ近い色を選んであげましょう。コーデで目立つポイントにある革アイテムが同色だと全体的にまとまったスタイルに見えます。

 

 

ダービーシューズ(フェイクスエード)

f:id:zakikaz:20180731021818j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/297670-38

 

こちらもGUの定番シューズです。尖りすぎず丸すぎない絶妙なトゥとスッキリしたシルエットが非常に綺麗な形です。

 

こちらはスエードライクな素材。もちろん合皮ですがスエードは本革か合皮かの判断がわかりにくいもの。

 

特にこのダービーシューズの素材はきめ細かな起毛感とツヤもあり非常にスエードらしいスエードライクな素材です。

 

欲を言うと、シューレースだけ変えるとより高級感が出ます。少し太めで毛羽立ちのある靴紐なので細めでツルッとした丸紐に変えるときちんとした綺麗な革靴になるのでオススメです。

 

2000円代で買えてしまうので、ビジネスで使用するときは履きつぶして新しいものを購入していくのがコスパ的にいいでしょう。

 

スエードは良くも悪くもおしゃれな印象になってしまうことだけ注意。会社によりけりですが、服装に厳しい職種の方は下記のダービーシューズがオススメです。

 

ダービーシューズ

f:id:zakikaz:20180731174909j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/gu/item/303800-80

 

上記と同じアイテムのカラーバリエーションという立ち位置ですが、全く見た目が違います。こちらはスエードライクではなく、よく見る革靴のようなプレーンなレザーです。

 

ビジネス使いではこちらの方が適しているとも言えます。

 

ややテカっていて合皮と分かりやすくチープ感があるのが欠点。ただ本革と違い合皮はお手入れに気を使わなくていい素材。

 

シルエットは上記のアイテムと同じで非常に綺麗なので、レインシューズ用など汚れそうなシーンにオススメです。

 

以上がGUのオススメビジネスアイテムです。

 

ユニクロと違いGUは機能性などはないですが、その分おしゃれに使えるアイテムが多いです。価格的にも手を出しやすいかと思うので、ぜひ試してみてください。