【インテリア】ニトリの特徴とオススメアイテムを紹介!!

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20180811182536j:plain

インテリアショップと聞いて多くの人が真っ先に思い浮かぶのがニトリではないでしょうか。引越しの際に必要なインテリアや食器やタオルなどの日用品まで取揃えるニトリはもはやなくてはならない存在と言ってもいいでしょう。

 

でもいざニトリでインテリアを選ぶとなるとその取り扱い商品の多さから迷ってしまいやすいです。そこで今回は実際にニトリに行きインテリアを見て触ってその特徴をレビューします。ニトリの本当にオススメのアイテムは必見です。

 

ニトリとは

 

インテリアだけでなく生活雑貨もとり揃えるニトリ。大きな街には必ずあるほどの定番インテリアショップです。「暮らし」のどんな需要にも答える豊富な品揃えとつい手が伸びてしまう低価格がニトリの特徴でもあり大きな武器にもなっています。

 

近年の住宅事情の変化からインテリアショップの主力であった大型家具の売り上げが伸びなくなったところに「インテリア雑貨」というもう一つのジャンルを提案し今の地位を築きました。

 

また低価格の理由としてはSPAが挙げられます。簡単に言えばユニクロとお同じビジネスモデルで、製造から販売まで自社内で一貫して行なっているから低価格が実現できているのです。

 

最近は新宿、渋谷などの都心部への出店も加速していて、より身近で便利な存在になっていくでしょう。

 

商品展開から見るとソファ、ダイニングテーブル、ベッドなど基本的なカテゴリーはもちろん取り揃えられていて、学習机やオフィス家具など非常に幅広いニーズに対応できるようになっています。

 

実際の客層

f:id:zakikaz:20180811182744j:plain

https://www.fashionsnap.com/article/2016-11-30/nitori-shinjuku-takashimaya-open/

 

今回は都心部の大型店へ実際に行ってみました。平日の昼間でしたがかなり多くの方が家具や雑貨を見ていました。

 

30代の主婦や家族、20代のカップル、50代以上の夫婦など幅広い客層が見られました。無印良品と同じような客層ですね。シンプルで使いやすく低価格なことが多くの人に支持される理由なのでしょう。

 

家具の平均価格

f:id:zakikaz:20180811182901j:plain

https://www.fashionsnap.com/article/2017-03-14/nitori-ginza-renewal/

 

ニトリの雑貨の価格は大体想像がつく方もいるでしょうが、インテリアの値段はいくらぐらいなのでしょうか。安いとは聞くけど具体的にどのぐらいの金額なのか。

 

今回は4人家族、一般的な部屋の広さでの使用サイズで各カテゴリー別に平均価格を算出して見ました。

 

・ソファ(3人掛け)ファブリック・・・約48,000円

ソファ(3人掛け)レザー・・・約95,000円

・ダイニングテーブルW120サイズ・・・約13,000円

・チェア(一脚)・・・約5,700円

・ベッド(セミダブルサイズ)・・・約30,000円

・カーテン(200cm×200cm・2倍ヒダ)・・・約5,500円

・ラグ(140cm×200cm)・・・約14,000円

 

このように大型家具としては非常にリーズナブルな価格帯になっています。

 

無印良品のインテリアと比較しても半額以下という圧倒的な低価格です。

 

特にダイニングテーブル、カーテンの低価格が顕著で最も需要のある家具に力を入れて価格を下げているのかもしれません。安かろう悪かろうではなく今のシェアからもわかるように品質もきちんとしたものが多いです。

 

 各家具の特徴

 ソファ

f:id:zakikaz:20180811183426j:plain

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/Sofa/SofaCloth/1134043s?ptr=item

 

ソファと一口に言っても非常に多くの種類があります。ファブリック、レザー、カウチ、ロータイプ、リクライニング...などなど。

 

一つの種類に対してデザインなどバリエーションが豊富なのも魅力です。これだけあれば多くの人のライフスタイルの要望に応えることができるでしょう。ニトリが人気の理由ですね。

 

また、カラー展開や素材の多さからも部屋のインテリアテイストに合わせて選ぶことも可能。ファブリックソファは多くがソファカバーを洗濯可能で汚れても安心です。

 

オンラインサイトでも一度に全て見切れないほどたくさんあるのでいざ店舗で選ぼうとしても迷ってしまいます。商品名にこだわっているインテリアショップは多いのですが、ニトリはそれぞれのソファの名前が英語とカタカナの組み合わせだったりと覚えにくいのも少し気になります。

 

根気よく探したり、店員さんと相談すればきっと希望通りのソファは見つかります。

 

ダイニングテーブル

f:id:zakikaz:20180811183704j:plain

http://urx.red/LsH2

 

大きさは幅120〜150cmが多め。4人から6人家族向けの一般的な家庭用のサイズ感です。素材はラバーウッドやオーク、ウォールナットの突き板など安価で購入できる素材が多く目につきました。

 

ラバーウッドとは手触りがよく軽量で扱いやすく安価な素材です。突き板とは天然木を薄く切って別の安価な木材に貼り合わせたもの。どちらも無垢材よりもずっと安く手に入れられます。無印良品のような無垢材の使用アイテムは控えめです。

 

ホワイトやガラスの天板、スチールの脚などのバリエーションは広め。天板下の引き出しなど収納があるものも多く、デザイン的には少々やぼったいものもあります。

 

全体的にリーズナブルな価格が魅力ですが風合いはそれなりなものが多いです。

 

木材の良し悪しより使い勝手重視な印象です。

 

ベッド

 

f:id:zakikaz:20180812005245j:plain

http://urx.red/LsH3

 

ベッドフレームも豊富な商品展開です。

 

スタンダードなものから引き出しのある収納付き、空間を圧迫しないローベッド、折りたたみベッド、二段ベッド、介護用の電動ベッドなどこちらも種類豊富です。

 

サイズはシングルからキングと幅広いです。ベッドボードにコンセントやUSBポートが付いているモデルもあり現代の生活へのニーズにも対応しています。

 

睡眠の質を左右するマットレスはNスリーブを代表とするニトリ独自開発のオリジナル品と、フランスベッドなどとの共同開発品があります。

 

特にNスリーブはニトリオリジナル商品ながら少し高めの価格ですが、オンラインサイトの評価でもかなりの高評価です。ニトリ店頭でマットレスの寝心地を実際に試せるようになっているのでぜひ比較、試してみてください。 

 

カーテン

 

f:id:zakikaz:20180812005358j:plain

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/CurtainRailBlind/CurtainLaceSet/7316761s?ptr=item

 

カーテンを取り付ける上で心配なのがサイズです。自宅の窓のサイズによってはオーダーで購入する必要があり、かなりの高額になってしまうことがあります。

 

しかしニトリは既製品にも幅丈共に幅広いサイズを用意していて、大抵の住宅の窓のサイズには対応できるでしょう。既製品なので価格も抑えられカーテンを模様替えするなど暮らしの一部として楽しむことができます。

 

デザインも非常に多く、無地や星柄、北欧テイストに馴染むリーフ柄、ボーダーやチェックなどイメージにぴったりなカーテンを探すことができます。

 

遮光、遮熱、防炎、防音など日常生活で必要な機能は一通り備わっているものが多いです。サイズが合わない場合既存生地での1cm単位でのオーダーも可能で安心です。

 

ラグ

f:id:zakikaz:20180811222248j:plain

http://urx.red/LsH5

 

織り方や色合い、サイズも幅広くあります。有名なウィルトンラグもありいい意味で価格に見合わない本格的な作りのものが多いです。

 

リーフ柄やボーダー柄など比較的どこでも見られるようなスタンダードな柄展開ではありますが、その分合わせやすさも抜群です。

 

い草や竹など昔ながらの日本の素材を活かしたラグもあり、和室や年配の方などのニーズにも応えています。

 

夏向けとしてCMでもおなじみのNクール素材を使ったラグもあります。接触冷感の効果でひんやりとした触り心地は暑い日にオススメです。

 

ニトリの魅力 

 

全体的な色味としてはシンプルな木目、白や黒の均一な表情の素材を使用して家具自体の存在感は控えめです。店頭に置いてあるソファやチェアなどはファブリックの比率が高いのが特徴。

 

豊富なカラーバリエーションから好みの色を選べたり、洗濯可能のものも多いので気分やテイストにあった色を選んだり清潔に保てたりと手軽にインテリアを楽しめるような商品展開です。

 

北欧風なシンプルなデザインから男らしい無骨なインダストリアル、ラタンなどの素材を使用した和風なアイテムからお姫様のようなフレンチカントリーなガーリーテイストまで非常に多くのテイストを反映したデザインがあります。

 

ただ一つ一つの作りや素材にこだわっているかというとそうではなく、よく見るとチープな素材だったりとそれなりな作りになっています。普通に使うぶんには待ったく問題はないのであまり素材などにこだわりのない方にはオススメです。

 

また一つ一つのアイテムにサイズ展開が豊富なのも魅力です。ダイニングテーブルやソファは1人用から一般家族用まであり、ラグやカーテンも小さいサイズから大きなサイズまで幅広く展開しています。

 

ニトリオススメアイテム

ダイニングテーブル ガルフ

f:id:zakikaz:20180812005652j:plain

http://urx.red/LsH7

 

オークの無垢材を使った本格的なダイニングテーブルです。ニトリのダイニングテーブルに多い素材は突き板ですが、こちらは1本の木から切り出した無垢材。木の風合いが他とははっきり違うのでぜひ見比べて欲しいです。

 

天然木はレザーと同じような経年変化が魅力。

 

使い込めば使い込むほど深い色合いになりツヤが出て所有者だけの風合いを楽しませてくれます。

 

デザインも余計なものがなく非常にシンプルで色合いも明るすぎず暗すぎずな中間色なので多くのテイストに合います。素材の面でもデザイン面でも使用者の使い方に応じて長く使用できるでしょう。

 

サイドテーブル

f:id:zakikaz:20180812005930j:plain

https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/1510135?ptr=item

 

3つのサイズ違いのテーブルがセットになったアイテムです。高さ大きさが違うのでそれぞれベッドサイドに置いたりソファテーブルにしたり小物置きにしたりと使い方は様々。

 

3つを集めて重ねて使用してもおしゃれです。オーク無垢の素材のサイドテーブルがこの値段なのも驚き。こちらも経年変化が楽しめるので長く使うことができます。

 

サイズ別で一つ一つはコンパクトなので引越しなどで環境が変わっても活用できるでしょう。

 

北欧調フロアベッドフレーム

f:id:zakikaz:20180812010401j:plain

http://urx.red/LsH9

 

通常のベッドの足を切ったようなサイズ感でぐっと地面に近くなっています。

 

家具が低くなると天井までの距離が増え圧迫感が減り部屋がすっきりと広く見えます。

 

また高さがないので部屋内での凹凸もなくなり統一感が出やすいです。特に一人暮らしなどでリビングにベッドを配置する場合、圧迫感もなく丁度いい高さの椅子として使えるのもオススメです。

 

高級感のある木目と目立たない位置にコンセントもあるので見た目、機能面ともに優秀です。ホワイト、オーク、ウォールナット、ブラックの4種類がありどれもさりげなく木目が浮かんでいます。

 

風合いもよくどんなインテリアにも合いやすいのも魅力。特に北欧や和モダンにはバッチリ馴染んでくれます。

 

敷きパッド Nクール ダブルスーパー

f:id:zakikaz:20180812011028j:plain

http://urx.red/LsHa

 

Nクール素材の敷きパッドです。Nクールの中でも3段階でレベルがあり値段とともにその機能も上がっていきます。オススメしたいのはその中でも最も強力なダブルスーパー。

 

非常に強い接触冷感機能がありひんやりとした触り心地は夏場の寝苦しさから解消されます。

 

四方にゴムひもがついていてそれを今使っているマットレスに引っ掛けるだけで使用可能。筆者も実際に使用していますが、寝返りなどで剥がれていたこともありません。少し暑いぐらいならこのマットと扇風機さえあれば十分快適に就寝できます。店頭でも3つのレベルのマットがあるので試してみてください。

 

また洗濯機で洗えるのも魅力。涼しくても人間は寝ている間一定量の汗を掻くので汚れやカビ防止に清潔にしておきたいものです。

 

ニトリレビューは以上です

 

ニトリ全体で見るとシンプルで素材の風合いを生かすというよりは機能性に特化したものが多いです。

 

あまりお金はかけずに生活を便利にしたいという方にオススメです。

 

中には無垢材などでこだわりのあるものもありますがニトリにしては値段が張るのでその際は無印良品など少し上の価格帯との比較も重要でしょう。

 

広い店舗が多く実際に触って試して比較検討できるのもニトリの強みですね。きになるものがあったらまずは店頭で実際に見て見ることをオススメします。