計測エラーなし!!ZOZOスーツが届いたのでTシャツを買ってみた。

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20180522173149j:plain

昨年ZOZOTOWNにて発表のあった「ZOZOスーツ」。

注文して約6ヶ月、ついに届いたので詳細をレビューします。

 

ZOZOスーツとは 

ZOZOスーツとは株式会社スタートトゥデイが昨年2017年11月に無料提供を発表した、着用するだけで全身のサイズが記録される全自動採寸のボディスーツのこと。 

f:id:zakikaz:20180522172914p:plain

https://sitakara.jp/zozosuit-henkin-cancel

 

全身に施された伸縮センサーから数値的に自分にぴったりのサイズが導き出され、洋服選びがより楽になるという超画期的ハイテクスーツ!見た目もガンツのスーツのようでスタイリッシュです。

 

と思いきや、予約殺到からの技術改良の果てに一刷されてしまったスーツがこちら。

 

f:id:zakikaz:20180522173604j:plain

http://zozo.jp/shop/zozo/goods/30242481/?did=53352196&rid=1003

 

見た目的には完全に退化してしまいました。

 

機能的にも、着用するだけで計測が完了する初代の伸縮センサー式から、着用してスマートフォンのカメラで360°撮影するマーカー方式へと変更。機能的にも退化感は否めません。

 

そんな発表時と現在で世間からの評価が大きく変わったZOZOスーツが筆者の元へも届いたので、開封から詳細にレビューします。

 

ついにきたZOZOスーツ

f:id:zakikaz:20180522173011j:plain

 

届いたのがこちら。ビニールのパケージでA4サイズ、ポストにも入る大きさです。

 

f:id:zakikaz:20180522173147j:plain

f:id:zakikaz:20180522175436j:plain

 

中身がこちら。ジッパー、ロゴ付きの袋の中がZOZOスーツと計測用のスマホスタンド。

 

f:id:zakikaz:20180522174443j:plain

 

そして配送遅延のお詫びと技術改良?のお知らせです。

  

f:id:zakikaz:20180522174437j:plain

 

ZOZOスーツはこのように小さく折りたたまれています。

全身スーツだから背中ジップ的なイメージの全身一体型かと思っていました。

 

f:id:zakikaz:20180522175635j:plain

f:id:zakikaz:20180522175637j:plain

 

実際の体型よりかなり小さいです。

 

開けてみたときに子供用かと思ったほど。ストレッチが効いているのと、体にピタリと沿わせるためなのでしょうが本気でサイズ間違えたかと思い焦りました。

 

素材はユニクロのエアリズムを若干ガサッとさせたような触り心地。ストレッチが非常に効いていて、よくあるスポーツ用の矯正タイツのような着心地です。上半身のネック裏にサイズ表記とZOZOスーツのロゴがプリントされています。

 

f:id:zakikaz:20180522182449j:plain

 

着用するとこのようなイメージ↑。手の甲、足の甲まで覆われる作りです。

 

ダサくなった原因のドットはボディとは違う素材でした。フェルトのような素材でシールのようにボディに上から貼られています。一つ一つ異なる数・位置に丸穴が開けられています。この穴で計測するみたいですね。

 

ドットに機械的なものが埋め込まれている想像をしていたのですが普通にシンプルでした。簡単に言うと黒いボディに白丸にシールが貼ってある作りで、そこまでハイテク感は感じられません。

 

実際に着用、計測してみた

f:id:zakikaz:20180522183313j:plain

f:id:zakikaz:20180522183322j:plain

 

こちらが同梱されていたスマホスタンドです。裏面には作り方。厚紙で折るだけの非常にシンプルなものです。

 

f:id:zakikaz:20180522183717j:plain

 

完成形。なんかちょっとおしゃれ。

 

f:id:zakikaz:20180522183843j:plain

 

スマホを設置しても安定感があります。なんかちょっとおしゃれ。

 

その後ZOZOスーツを着用し計測です。計測にはZOZOアプリが必要です、やや面倒ですがインストールしましょう。

 

f:id:zakikaz:20180824002415j:plain


スマホの画面にこのように丁寧な計測方法が表示されていくので画面に従っていけばOKです。また、画面の案内とともに音声案内もあります。

 

f:id:zakikaz:20180824002740j:plain

 

計測には70cmの高さと、スマホから2mの距離、自分を客観視しないことが必要です。

 

f:id:zakikaz:20180824002947j:plain

 

基本的には音声案内に従ってその場で一回転するだけです。スマホからは「12時です...1時です...2時です......11時です」と音声案内があります。

 

計測は1分ほどで終わります。筆者の周りでは何度もエラー表示になってなかなか計測できないなどの声もありましたが今回は1回でエラーもなく終了できました。

 

計測後のデータはZOZOに保存されます。そのデータをもとにスタートトゥデイのオリジナルブランド「ZOZO」のアイテムを購入することができます。

 

実際に「ZOZO」カットソーを注文してみた

f:id:zakikaz:20180824005214j:plain

 

注文できるカットソー類は全5種類。フライスクルーネック、バインダークルーネック、クルーネックポケットT、VネックTです。他にもオックスフォードシャツやデニム、ドレスシャツやスーツもあります。

 

また、先日ネクタイも追加されたことから、ここからどんどん種類も増えていくのかと思われます。

 

筆者が注文したのはこちらのポケット付きカットソーです。

 

f:id:zakikaz:20180824004644j:plain

 

正直、せっかくゾゾスーツで計測したので記念品的に注文しただけで期待していませんでしたがこれが中々のアイテムでした。

 

生地感はツヤがあり滑らかで上質な風合いです。かといってペラペラではなくしっかりと程よく肉感もあり決して1000円台には思えない出来。セレクトショップにおいていても不思議ではない風合いです。

 

シルエットはセミオーダーという名の通り程よくジャストフィットです。ジャストフィットというと身幅ぴったりめで裾も短めのすっきりした形だと思う方も多いでしょうが、ここが裏切られました。

 

ジャストだけどジャスト過ぎない、今っぽい少し余裕のある身幅にちょうど良い着丈、袖丈はすっきりした非常に綺麗なシルエットのカットソーです。

 

また今回は指定されたサイズで注文しましたが、胸囲、肩幅、着丈はそれぞれ小さくしたり大きめにしたりと調節もできるので自分の好みのサイズ感でも作ることができます。

 

品質タグが他とは違うなと思い見てみると、QRコードがありました。読み込んでみると番号列が表示されるだけでWebサイトなどには飛ばず。おそらくこれで商品の管理などをしているのでしょう。特に気にせずに大丈夫です。

 

f:id:zakikaz:20180824010819j:plain

 

またその下のタグにはNFCタグがあります。

 

NFCタグとは情報を読み書きできるシールのような形状のもので、かざすとスマホの動作を自動実行してくれるなどの使い方があります。いまいち説明も難しいのですが、このタグも特に気にしなくて大丈夫でした。精密機器のような名前ですが洗濯機でガンガン洗っても問題なしです。

 

f:id:zakikaz:20180824011116j:plain

 

唯一の欠点はお届け日数ではないでしょうか。現在セミオーダーアイテムを注文すると発送まで14日〜28日と表示されます。サイズによって発送時期は違うのでしょうが少し待つことも注意して注文するようにしましょう。

 

以上が実際にZOZOスーツを使用して見たレビューです

 

計測の結果についてはばらつきがあるなどまだまだ未完成な部分も多いのですが、今後修正してより使いやすくなることが予想できます。

 

ファッション好きであれば自分の好みのサイズというものをある程度把握しているものですが、興味のない人にとってはどうでもいいことかと思います。そんな人にこそZOZOスーツがおすすめです。ZOZOスーツ自体は無料で購入できるのでぜひ自分にとってのジャストサイズを体感してみてください。