美術館、遊園地、BBQ、部屋着などシーン別のファッションをオススメアイテムを交えて解説!

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20190423190558j:plain

ゴールデンウィークはどのように過ごしますか。気候も夏に近づき過ごしやすく、梅雨前で晴れる日も多い時期の大型連休です。特に今年のゴールデンウィークは非常に長いようです。となると普段の休みよりお出かけする方も多くいるでしょう。

 

今回はゴールデンウィークのお出かけの際の参考になるシーン別におすすめコーディネートについて紹介します。

 

遊園地

f:id:zakikaz:20190423191200j:plain

まずはお出かけ大定番のテーマパークです。ゴールデンウィーク中のディズニーランドやUSJなど大型施設は非常に混むことが予想されます。混むのが分かっているから本心では行きたくないのは分かります。でも家族連れにとってはある意味宿命です。お出かけスポットとしては最も疲れるでしょう。

 

そこでファッションだけは楽にしてみましょう。上下ジャージ素材で色はシックにしたモードライクなスポーツスタイルがおすすめです。


トップス

5月といえど晴れている昼間はかなり暑さを感じます。インナーは半袖のカットソーがおすすめです。

 

ややビッグサイズにするとトレンド感も出てGOODです。

 

アウターには肌寒い朝晩のことも考えてユニクロでも売っているテック素材のパーカーおすすめ。防寒対策と汗をかいても快適な着用感で一石二鳥です。万一雨が降ってきてもフードをかぶれば多少はしのげます。

 

アウターとインナー、どちらもラフなアイテムなのでモノトーン系を選び大人っぽく見せましょう。

 

ユニクロ / ドライストレッチスウェットパーカー

f:id:zakikaz:20190423192637j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413436

 

パンツ

ジャージパンツがおすすめです。できれば股上深めのサルエルのようなシルエットであればよりリラックスして着用できます。

 

ジャージですがモノトーンを意識して色をパーカーと合わせればセットアップのような見た目になるのでそこまで子供っぽくなりません。

 

ユニクロ / ドライストレッチスウェットパンツ

f:id:zakikaz:20190423192817j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/419284

 

シューズ

ローテク系のシンプルなスニーカーがおすすめです。長時間歩くことを考えてスニーカーであることは必須。

 

全体のバランス的にボリュームのあるハイテクスニーカーよりスッキリ通した大人っぽいデザインを選びましょう。

 

メッシュ素材など通気性のある素材や機能素材だとより快適になります。こちらも色はモノトーンがおすすめです。

 

BBQ

f:id:zakikaz:20190423191655j:plain

 

ゴールデンウィークに外せないものはレジャーでしょう。気候も程よく体を動かすには絶好の季節です。キャンプやバーベキュー、ラフティングなど自然の中でアクティブに過ごす予定の方には動きやすさと大人っぽさの両立が大切。綺麗目なアイテムを使いながら快適に過ごせるようなファッションがおすすめです。

 

トップス

トップスは動きやすさとトレンド感を踏まえ大きめのシャツがおすすめです。

 

特にバンドカラーシャツであれば通常のシャツと比べラフな印象がますのでたとえシャツでも場違い感はありません。ブルー系のストライプ柄などで爽やかな印象にするのがおすすめです。

 

体温調節ができる為アウターも必須。カーディガンがおすすめです。パーカーなどより大人っぽい印象が強く、伸縮性のある素材が多いので動きやすさも兼ね備えています。

 

暑い時は肩がけや腰巻きでファッションの一部として活用することもできます。

 

koe / 40ブロードビッグシルエットバンドカラーシャツ

f:id:zakikaz:20190423193056j:plain

https://zozo.jp/shop/koe/goods/39721700/?did=66862269 

パンツ

パンツはハーフパンツがおすすめです。

 

特にユニクロでも発売されている水着としても使用できるハーフパンツだと水場や汚れがついても安心です。

 

アクティブなシーンで最も汚れる箇所はパンツとシューズでしょう。逐一汚れを気にしながら遊んでも楽しくないので割り切ってしまいましょう。少しでも大人っぽく見せるために無地のモノトーンがおすすめです。

 

ユニクロ / スイムアクティブショートパンツ

f:id:zakikaz:20190423193243j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/416660

シューズ

シューズも動きやすさと汚れ対策にサンダルがおすすめ。足を通すだけのシャワーサンダルよりストラップで足をホールドできるスポーツサンダルにしましょう。ボリュームの少ないデザインが多くサンダルながらスッキリとした印象になります。

 

TEVA / ハリケーンドリフト

f:id:zakikaz:20190423193439j:plain

https://zozo.jp/shop/beautyandyouthunitedarrows/goods/40605016/?did=68126393

 

美術館

f:id:zakikaz:20190423192107j:plain

 

ゴールデンウィークに合わせ美術館も様々な特別展示などを開催しています。狙って行く方も多いでしょう。他のお出かけスポットよりも動くことも少なく室内で快適な環境です。

 

ややかっちりとした雰囲気の場所が多いのでファッションもその場に合わせややフォーマル寄りにしてあげると その場の雰囲気にマッチしおしゃれに見えやすくなります。

 

トップス

トップスは半袖ニットがおすすめ。

 

この時期でしか着用が難しいアイテムですがその分他人が着ていることが少なくおしゃれに見えやすいです。

 

ニット素材なのでカットソーやスウェットよりフォーマルな印象が強めです。気温の安定している室内だからこそ着用しやすさもバッチリです。選び清潔感と大人っぽさのある白系がおすすめです。

 

アウターにはイージージャケットがおすすめです。ジャケットは大人っぽい印象のある代表的アイテム。ニットとジャケットでややフォーマルですが場所的には問題ありません。

 

ユニクロ / ウォッシャブルクルーネックセーター

f:id:zakikaz:20190423194616j:plain

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/413063

 

パンツ

パンツはスッキリとしたスキニーデニムがおすすめです。

 

ジャケットと色を合わせセットアップライクにするとスーツのような見た目ながらラフさもある大人のカジュアルコーディネートが完成します。

 

また丈感も重要。トップスがしっかりしていても、足元にくしゃっとクッションがあると途端にだらしない印象になってしまいます。くるぶしの辺りで裾上げをしスッキリとした印象を心がけましょう。

 

シューズ

シューズはローファーがおすすめです。室内や行動範囲が限られることからそこまでアクティブな動きをする方は少ないかと思うので革靴でも疲れることは少ないでしょう。

 

特にローファーは一般的なストレートチップやプレーントゥなどの革靴よりもラフな印象なのでキメすぎを防ぐことができます。

 

トレンド的にタッセルやキルトの装飾がついているのでもおすすめです。自分の気分や好みで選びましょう。 

 

HARUTA × BEAMS / 別注 キルト タッセル ローファー

f:id:zakikaz:20190423193556j:plain

https://zozo.jp/shop/beams/goods/37861137/?did=64314574

部屋着

f:id:zakikaz:20190423193840j:plain

 

ゴールデンウィークは日頃の疲れを癒すため家で思いっきりゆっくりするのも最高の過ごし方です。せっかくの休みなのに外で遊び疲れてしまっては休みの意味がありませんね。

 

家でテレビや漫画、ゲームをして楽しむのが最も理にかなった過ごし方かもしれません。せっかくなら着るものにもこだわってより快適に過ごしましょう。

 

ルームウェア

おすすめしたいのでジェラートピケの「スムーズィーシリーズ」。

 

非常に滑らかで気持ちいい肌さわりは一度着用したら病みつきです。

 

もこもこしていますが毛足は短めで軽やかな生地感なので暑苦しさはありません。ポップながら落ち着きのあるデザインは女子ウケも抜群です。主にカーディガン、パーカー、ハーフパンツが展開されているので上下揃えての着用もおすすめです。ルームウェアを着て快適な部屋で心も体も癒されましょう。

 

GELATOPIQUEHOMME / スムーズィー'ボーダーショールカーディガン

f:id:zakikaz:20190423194201j:plain

http://u0u0.net/luvO

 

以上がゴールデンウィークのおすすめコーデです

 

せっかくいろんな場所に出かけるのならばその場に適したファッションを心がけてみましょう。軽くTPOを意識するだけでもおしゃれのレベルは上がります。ぜひこの記事を参考に自分なりのコーデを考えて出かけてみてください。