【6つのポイント】おしゃれに見られる「ちょっとした」着こなしのコツ!

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20190425130827j:plain

 

シンプルで自分と同じような洋服を着ているのに、なぜかあの人はおしゃれにみえると感じたことはないでしょうか。特にファッション初心者は身に覚えがあるかと思います。その理由はちょっとしたテクニックによる着こなしの違いがほとんど。大まかなアイテムが同じでも細部の着こなしの差で、まるで別の服を着ているかのような違いが出ます。

 

今回はそんなちょっとした着こなしのテクニックについて紹介します。特に新しく洋服を買い足さなくてもワンランク上のおしゃれになれるので是非参考にしてみてください。

 

着こなし・トップス編

f:id:zakikaz:20190425131057j:plain

袖捲り

まずトップスの着こなしです。印象が大きく変わるポイントは袖周辺。袖捲りをして手首を出すだけです。

 

これにより素肌を見せることでスッキリとした印象を与えられます。

 

中途半端なサイズ感の服でもトレンドのビッグサイズのアイテムでも着られてる感やだらしなさが無くなります。特にこれからの季節は自然にできるのでどんどん活用していきましょう。

 

シャツ以外の長袖カットソーでもくしゃっと腕まくりするだけで印象が違って見えます。また半袖も1、2回袖を折り返すことでこなれた印象になるのでオススメです。

ボタンの開け方

こちらはシャツ限定の着こなし。シャツのボタンの止める位置は多くの方が上から1つのみ開けて着ています。このボタンの開け方を変えるだけで印象は変わります。まずベーシックなデザインで明るめな色合いのシャツの場合、上から2つ目まで開けるのがオススメです。

 

開けるボタンを多くするといやらしい印象がありますが、ベーシックなシャツの場合は2つ目までは程よく自然な色気を演出できます。

 

この時にインナーが見えないようにだけ注意してください。

 

柄シャツやダークトーンのシャツの場合は、ボタン全締めがオススメです。

 

かっちりとした印象になるので怪しげな雰囲気がなくなります。

 

着こなし・パンツ編

f:id:zakikaz:20190425131412j:plain

ロールアップ

パンツもトップスと同じで素肌を見せるとスッキリとした印象が得られます。

 

またロールアップすることで中途半端なシルエットのパンツでも裾が細くなり、綺麗なシルエットに見えやすいです。

 

丈感がアンクル丈以上の短めのパンツには使えないですが、クッションができていたりシルエットの微妙なパンツには効果覿面です。

 

ロールアップで捲る生地の幅でも印象が異なります。

 

太めに捲るとラフな印象が増し、ワイド目のパンツとのバランスがいいです。細めに捲ることで足元をよりスッキリと見せることができます。こちらは細めのパンツとのバランスがいいです。

フレイドヘム

ロールアップしなくてもパンツの丈をくるぶしあたりの長さすることでおしゃれな印象になれます。ロールアップはファッションによって裾の長さを変えられるので便利ですが、捲ることで若干ではありますがボリュームが出てしまうこともネックです。最も綺麗にスッキリと見たいのであればお直しに出すことがおすすめです。ただお直しは少なからず費用と時間がかかるもの。

 

そこで自分で裾上げのが可能なフレイドヘム加工がおすすめです。

 

やり方は詰めたい長さにハサミで切るだけ。切った後は糸がポツポツと飛び出ているので自然な見た目になるように断面をほぐして完成です。手軽におしゃれな印象になれることからレディースを中心に人気になっています。

 

糸がみえることで通常の裾上げよりもラフな見た目になりこなれた印象に見えます。

 

費用も時間もかからなのでおすすめです。

 

サイズ感

f:id:zakikaz:20190425133216j:plain

https://street-fashion-snap.com/post/181268184652/gucci

 

サイズ感も印象を変えるには重要なポイントです。

 

心がけるポイントは中途半端なシルエットのアイテムはなるべく使わないこと。

 

おしゃれに見える基本のシルエットはY、I、Aの3つです。そのどれもがゆるめか細身かのシルエットの組み合わせでできています。

 

中途半端なシルエットが全く使えないというわけではありませんが、メリハリを意識して洋服選びをすることでシルエットが作りやすく簡単におしゃれに見えやすいファッションになります。

 

小物遣い

f:id:zakikaz:20190425133558j:plain

 

アイテム単体でのテクニックだけでなく、身につけている小物でも印象は大きく変わります。

 

簡単に取り入れられるのは帽子やメガネです。

 

どちらも顔まわりに身に付けるものなので見た目がかなり変わります。また対比効果で顔が小さく見えるのもオススメするポイントです。スタイルが良く見え、同じファッションでもよりおしゃれに見えやすくなります。

 

どちらのアイテムも自然さが重要。ド派手なキャップやつばが広めのハットなどは違和感になるので避けましょう。メガネもベーシックなデザインと色でレンズをクリアレンズに変えるとより自然な印象になります。

 

アクセサリーもおすすめです。上述したトップスとパンツで素肌を見せる部分につけると程よく目立ち、コーデの寂しさも消えおすすめです。

 

腕ならレザーブレスレット、足首ならアンクレットがおすすめです。

 

特にこれからの季節は自然にアクセサリーを主張できるのでおすすめです。ただし、つけすぎるとチャラついた印象になってマイナスイメージなのでつけるアイテムは1-2個に留めましょう。

 

以上が気をつけるべき着こなしです

全て本当に細かなポイントですがきちんと気を使うことで全体の印象は大きく変わります。アイテムを買い足すこともおしゃれになる大きな一歩ですが、今持っているアイテムをおしゃれに着ることを意識してもいいかもしれません。