アップルウォッチの選び方!おすすめの組み合わせを紹介!

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20191105121032j:plain

 

現代の生活に見事に協調し多くの製品でライフスタイルをアップデートしてきた企業の一つがアップル社です。そんなアップルがリリースしたアップルウォッチはこれまでの腕時計の常識を変えた新たなる腕時計でした。

 

機能面はもちろんボディとバンドを自由に選択し付け替えられるファッション性も兼ね備えています。便利でおしゃれということはもはや常識となっていますね。

 

今回はそんな「アップルウォッチ」のおしゃれな選び方を紹介します。

 

アップルウォッチのススメ

f:id:zakikaz:20191105121148j:plain

 

腕時計はメンズファッションにとって必要不可欠とも言える小物です。

 

男性のファッションはいかに着飾らず自然におしゃれができるかが重要。

 

アクセサリーなど装飾品はメンズファッションとは相性が悪いと言ってもいいでしょう。もちろんファッション的にアクセサリーを着用する方法もありますがかなり限定的になります。そんな前提の中でメンズファッションにおいても認められているアクセサリーが腕時計です。時間を確認するという、生活において必要で当たり前の理由があるので、カテゴリーとしてはアクセサリーでもなんら違和感なく着用できます。

 

腕時計の世界はかなりディープで車、カメラと並び男性の趣味において沼と呼ばれています。元々は時間を確認できればよかったのに機能やデザイン、内部機構にさえ魅力を感じてしまうのは男性の性と言ってもいいのかもしれません。

 

ただ、効率や利便性を追い求める現代社会において、腕時計はどんなに突き詰めても時計の域を超えることはできず、皮肉にも単純なアクセサリーとなっているとの見方もできます。時間を確認する機能が主ですが、スマホで時間を確認する人も多くその役割も霞んできています。

 

その点で必要で便利な機能を詰め込んだアップルウォッチは現代社会では最も違和感のない腕時計と言えるでしょう。

 

ボディ紹介

f:id:zakikaz:20191105121451j:plain

https://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch-series-3

 

現在appleストアではSeries3、Series4、Series5の3タイプが展開されています。違いは販売時期と機能面。約1年刻みで新しいモデルが発売されており、Series5が今年発売の最新機種になっています。

 

性能がアップデートされているのはもちろんですが、最新機種はボディの材質の種類を最も多く選べるのでオススメです。

 

今回の選び方はSeries5を元に紹介していきます。

 

カラー

f:id:zakikaz:20191105121750j:plainhttps://arigato-ipod.com/apple-watch-type-price.html

 

まず本体のカラーがシルバー、スペースグレー、ゴールドの3種類から選択できます。どれも品がある色合いなのですが、ゴールドはピンクがかっておりメンズにはやや使いにくそうな印象です。スペースグレーはかなりトーンを落としておりブラックとイメージして問題ありません。

 

シルバーかスペースグレーがオススメです。

 

材質

ボディの材質をアルミニウム、ステンレススチール、チタニウム、セラミックの4種類から選択できます。

 

アルミニウム

f:id:zakikaz:20191105122805j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

アルミはMacbookにも使われている素材です。さらっとした触感やプレーンで清潔感のある質感。

 

ベーシックかつ値段も手頃なので悩んだらこちらがおすすめです。

 

ステンレススチール

f:id:zakikaz:20191105122529j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

ステンレスは一目でわかる光沢感が特徴です。

 

反射するほど光沢で高級感があります。

 

傷が目立つというデメリットも挙げられ、人によっては光沢感が目立ちすぎると感じるかもしれません。

 

チタニウム

f:id:zakikaz:20191105122914j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

チタンは腕時計にも多く使われている素材です。アルミ以上ステレス未満の光沢感で上品な高級感抜群。カラーバリエーションが「チタニウム」「スペースグレー」の展開。チタニウムカラーはシルバーのトーンを落としたような落ち着きのある色合いです。

 

材質バリエーションの中で最も自然で違和感なく着用できるのでおすすめです。

 

セラミック

f:id:zakikaz:20191105123039j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

セラミックは他の素材とは表情が異なるつるんとした独特の質感が特徴です。バリエーションは「ホワイト」のみ。

 

陶器を思わせる美しい見た目と混じり気のない真っ白なカラーが魅力です。

 

画像で見るとプラスチックライクですが実物はより美しく高級感があります。

 

以上の材質でのオススメはチタンです。アップルウォッチらしくないどっしりとした佇まいと高級感でこれまでアップルウォッチを持っていなくても違和感なく着用できるでしょう。

 

バンド紹介

 

ボディだけでなくバンドも印象を大きく変える大事なポイント。ボディと合っていなかったらチープに見えてしまいます。バンドは大きく分けてのスポーツバンド、スポーツプルーフ、レザー、ステンレススチール4種類。それぞれ全く表情が異なります。

 

スポーツバンド

f:id:zakikaz:20191105123430j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

スポーツバンドはフルオロエラストマーというゴム素材を使用しています。マットでシリコンのような質感で柔らかくつけ心地はバッチリですが、見た目の高級感はありません。

 

使用感は優れていますが全体がチープに見えてしまうのでオシャレとしてはイマイチです。

 

スポーツプルーフ

f:id:zakikaz:20191105123549j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

スポーツプルーフは表面に凹凸のある見た目。ナイロンで編み込まれたニットのイメージです。織られているので通気性がよく汗をかいてもムレ感や汚れも少ないでしょう。

 

スポーティな光沢感がありますが、なぜかツートーンのデザインのみでポップな印象です。

 

レザー

f:id:zakikaz:20191105123833j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

レザーはモダンバックルとループバンドの2種類があります。

モダンバックルは滑らかでプレーンな質感の本革が使用されています。シンプルなのでビジネスシーンでも着用できるでしょう。

 

他のバンドと比較すると圧倒的な落ち着きで高級感も増しオススメです。

 

バックルはやや大きめですがツヤもあり程よいアクセントになっています。

 

レザーループバンドは特徴的な凹凸のキルトデザインで好みが分かれるでしょう。レザーのシボ感とデザインで特徴的な見た目になっています。かなり個性的な見た目なのでおしゃれに着用するのは難しいです。

 

ステンレススチール

f:id:zakikaz:20191105123946j:plainhttps://00m.in/oBZU0

 

ステンレススチールもミラネーゼとリンクブレスレットの2種類に分けられます。

ミラネーゼは腕時計でも使われるバンドです。ツヤのあるステンレスをメッシュのように織り込み独特なツヤ感と高級感があります。

 

クラシカルな印象でやや主張があるためシンプルなアップルウォッチのボディとも好相性です。

 

リンクブレスレットはボディと同じ材質が使用されており、ステンレスボディを選ぶと継ぎ目のない一体感あるデザインを楽しめます。滑らかな曲線的なデザインが特徴で近未来的なイメージになっています。やや癖があるのでおしゃれには難しいです。

 

限定モデル「Apple Watch Hermès」

f:id:zakikaz:20191105124140j:plainhttps://www.apple.com/jp/shop/buy-watch/apple-watch-hermes

 

実はアプルウォッチにはエルメスモデルがあります。基本の性能は通常のモデルと変わらないものの、エルメスが作成した文字盤とエルメスのレザーを使用したベルトが付属してきます。ベルトはエルメスを代表するアイコニックなドゥブルトゥール仕様も選べるのが魅力。

 

文字盤とベルトが異なるだけですが、他モデルを圧倒する高級感とハイブランドのデザインを着用できるという優越感は魅力と言わざるを得ないでしょう。

 

価格は飛び抜けて高いのですが満足感は間違いないモデルです。

 

以上がアップルウォッチの選び方です

ボディとバンんどの付け替えにより無数のバリエーションが存在しますが男性がおしゃれに着用できるもので見るとかなり絞れてきます。ボディはチタン、バンドはレザーかミラネーゼで組み合わせを試してみましょう。