セーターはクリーニング必須?実際にクリーニングしてみた。見分け方、料金、ケア方法も解説!

スポンサーリンク

f:id:dabodaboda029:20200918143534j:image

セーターって他の洋服と比べても高価なものが多いですし、ケアにも気を使いますよね。

そんなセーターですが、家では洗えない、クリーニングじゃ無いとケアできないと思っている方も多いかと思いますが、実は自宅でも洗えるものも多いんです。

 

というわけで今回はセーターのクリーニングについて解説しつつ、おうちのケア方法についても紹介するので是非参考にしてみてください。

この記事を読めば、あなたも自分でセーターをキレイにすることができるようになります。

 

クリーニングが必要なセーターの見分け方

f:id:dabodaboda029:20200919143625j:image

セーターをクリーニングしないといけないかどうかは洗濯表示を確認すれば分かります。

洗濯表示とは、洋服には必ずついている表示のことで、どのように洗濯するべきかを表示してあります。

素材表示と同じタグに記載されているものと別々になっているものがありますが、セーターなら左裾の裏側についていることが多いでしょう。

画像の例だと左から「水洗い」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」についての表示です。

この洗濯表示だと乾燥についての表示が2つあって、タンブラー乾燥(乾燥機を使用すること)はNG、日陰に陰干しするという表示になっています。

 

洗濯表示の詳しい内容について知りたい方は消費者庁のホームページをチェックしてみてください。

衣替えの季節です。あなたは正しく洗濯していますか? | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン

 

今回はクリーニングが必要かどうかと言う点に特化して見分ける方法をお伝えしていきます。

 

f:id:dabodaboda029:20200919143702j:image

洗濯表示の1番左にある桶に水を張ったようなマークが水洗いについての表示です。

このマークにバツが書いてあるものは水洗いNGなので基本的にはクリーニングに出して洗った方がいいでしょう。

バツがなく、数字が書いてある物なら洗濯機で、手のマークがついているものなら手洗いで洗濯することが可能です。

 

ただし、洗濯が可能となっていても洗い方によって風合いが変わってしまうこともあるので、お気に入りだったり高価だったりして絶対に失敗したくないという場合はクリーニングに頼むのが無難かもしれません。

 

水洗いNGの場合、洗濯表示の1番左にP、F、Wの文字を丸で囲んだマークを確認しましょう。

このマークはクリーニング方法について書いたマークで、クリーニング店の方が確認する部分なので特に覚える必要はありません。

ただし、この部分にバツがついている場合、クリーニングはできないのでそこだけ確認してください。

ちなみに、Pならドライクリーニング全般が可能、Fなら石油系溶剤でのドライクリーニングが可能、Wならウェットクリーニングが可能、と言う表示です。

 

というわけで、1番左の桶のマークにバツがついていて、1番右のマークにバツがついてなければクリーニングに出した方がいいでしょう。

 

セーターをクリーニングに出すといくらかかる?

それでは実際にセーターをクリーニングに出すと料金はいくらくらいかかるものなんでしょうか。

大手クリーニングチェーンや宅配クリーニング各社でセーターのクリーニング代金について比較してみました。

 

  • 白洋舎 660円
  • ポニークリーニング 550円〜
  • ネクシー 690円
  • リネット 590円〜
  • 洗濯倉庫 660円

 

相場としては600〜700円というところでしょうか。

最安値はポニークリーニングの550円でした。

ただし比較した中でポニークリーニングとリネットは金額に幅があるようで、これ以上の金額になる可能性もあります。

クリーニング店によってはロングセーター料金で値段が上がっているところもあるので注意が必要です。

また、素材によってオプション料金がかかってくることもあります。

ウールやアクリルなどであれば通常料金で大丈夫ですが、カシミヤやアルパカ、モヘアなどはデリケートな素材として別料金を取られるところも多いです。

宅配クリーニングだと送料もかかってくるのでまとめて出すようにしたり、クーポンを利用するなどした方がいいでしょう。

 

f:id:dabodaboda029:20200914150203j:image

https://www.lenet.jp/

実はリネットならプレミアム会員になれば総額3,000円以上で送料無料になりますし、今ならプレミアム会員初月無料+送料無料+クリーニング代金20%OFFのクーポンがもらえるのでかなりお得に利用できます。

かさばる洋服を運ぶ必要もなく、他のところよりも安くクリーニングしてもらえるのでかなりオススメです。

 

当ブログでは10社もの宅配クリーニングを実際に利用して比較した記事もあるので、自分にあったクリーニングサービスを選びたいという方はこちらも参考にしてみてください。

【2020】宅配クリーニングサイトを10社利用したので徹底比較してみた。1位はリネット!安く利用する方法から保管まで細かく検証!! - 洋服の選び方~色々な洋服を比較します~

 

セーターを実際にクリーニングに出してみた

ここまでを踏まえて、実際にセーターをクリーニングに出してみました。

今回は宅配クリーニングの「ランドリーバスケット」と「せんたく便」を利用しています。

 

ランドリーバスケットでクリーニングしたのはウール100%のローゲージセーターです。

もともと古着だったので独特の臭いがあったり裾あたりに毛玉ができていたりしましたが、クリーニング後はこんな感じになりました。

 

f:id:dabodaboda029:20200921165031j:image

全体的に毛羽立っていてボヤッとした雰囲気だったんですが、心なしか編み柄もくっきりしてキレイな印象です。

気になっていた臭いもだいぶ薄くなっていました。

 

f:id:dabodaboda029:20200921165042j:image

毛玉に関してもかなりキレイに除去してくれていて、画像で見ると分かりづらいかもしれませんが本当に新品のようでした。

様々なクリーニング店の口コミで「セーターが着られないほど縮んで戻ってきた」というのを見ていたので若干不安でしたが、そういったこともなく、むしろ少しヨレてきていた首元や袖口が戻っていたのも嬉しいポイントです。

 

f:id:dabodaboda029:20200928205242j:image

ランドリーバスケットは5点定額パックで依頼していたのですが、料金は10450円でした。

1点当たり2000円とお高めにはなりますが、コートなどの単価の高いものを詰めるようにすればお得になります。

10点パックだと17600円で1点当たりの料金も下がるので、シーズンの変わり目にまとめてクリーニングすれば結構お得にクリーニングできるでしょう。

また、次に紹介するせんたく便の方が料金についてがかなり安いです。

 

発送からクリーニングして自宅に戻ってくるまでは1週間程度で早いとは言えませんが予想通りでした。

価格が高い分、丁寧にクリーニングしてもらえたと感じたので、お気に入りのニットをクリーニングに出すのならランドリーバスケットがいいかもしれません。

 

続いて、せんたく便でクリーニングしてもらったのはフェルトっぽい質感のVネックニットです。

こちらは新品で購入したものなんですが、首や袖の白いトリミングが徐々に黒ずんできていたのでキレイにならないかなと思いクリーニングに出しました。

クリーニング後はこんな感じです。

 

f:id:dabodaboda029:20200928210344j:image

f:id:dabodaboda029:20200928210457j:image

f:id:dabodaboda029:20200928210615j:image

全体的にキレイになっていて、首元や袖口の黄ばみもすっきりキレイになって帰ってきました。

毛玉もできやすく、目立ちやすい生地だったんですがある程度は除去してくれたようです。

ランドリーバスケットと比較すると少しがっかりしたポイントでした。

また、セーターでは無いですが同時に送っていたカジュアルパンツに本来入っていなかったセンタープレスが施されていたのも驚きました。

 

f:id:dabodaboda029:20200928210740j:image

せんたく便も5点パックの定額料金だったんですが、こちらは6578円で1点あたり1300円程度なのでランドリーバスケットと比べるとかなり安いです。

ただ、セーターのクリーニング料金の相場からすると倍近くなので、こちらも単価の高いものを詰めるのがいいでしょう。

 

発送してから自宅に到着するまではランドリーバスケットと同じく、一週間ほどでした。

せんたく便は値段が安い分、クオリティはそこそこかなという印象です。

 

というわけで、自分で洗おうとすると質感が変わってしまったり、縮んで取り返しがつかなくなってしまうこともあるので失敗したくないセーターはクリーニングに頼むのがいいでしょう。

中でも宅配クリーニングが手間もかからずオススメです。

時間がかかることが多いですが、重い荷物を持ってわざわざ店舗に出向かなくていいのもかなり大きなメリットだと思います。

手頃な価格のものや頻繁に着るようなセーターなら洗濯表示を確認して、適宜おうちで洗濯するのもいいでしょう。

 

セーターを自宅でクリーニングする方法

f:id:dabodaboda029:20200919145040j:image

最初にお伝えしたように洗濯表示を確認して、水洗い可能な表示になっていればセーターでも自宅で洗えます。

自分で洗濯すれば手間はかかりますが、安く済ませることができますし、そんなに難しくも無いのでまだ自分でセーターを洗ったことがないと言う方も試してみるといいでしょう。

 

と言うわけでここからはおうちでセーターを洗う方法を解説していきます。

 

手洗いで洗う

f:id:dabodaboda029:20201012124222j:image

セーターはニット生地になっているので、水洗いできるとしても洗濯表示が手洗いになっていることが多いです。

 

ウールなどの毛素材は人間の髪の毛にあるキューティクルと同じようにスケールという鱗のようなもので覆われています。

毛が水に濡れるとスケールが開くんですが、その状態で強く圧力がかかったり擦れたりするとスケールが絡みあってフェルトのように固く縮んでしまうので、セーターを洗濯機に放り込んで普通に洗ってしまうと縮んでしまうというわけです。

 

なので、セーターを自宅で洗う際は手洗いで優しく洗う必要があります。

手洗いは基本揉んだり擦ったりせず、押し洗いかつけ置き洗いにするのがオススメです。

 

押し洗いは洗剤を溶かした水に洗濯物をつけて、上から優しく押すことで繊維の中に水を通す洗い方です。

摩擦しないので繊維へのダメージが少なく短時間で洗うことができます。

 

つけ置き洗いは洗剤を溶かした水に洗濯物をつけてしばらく放置することで、汚れを浮かせる洗い方です。

汚れの落ち具合を見ながら5分〜30分くらいを目安にすすぎましょう。

繊維へのダメージを極力少なく、しつこい汚れも落とすことができますが、長時間つけ過ぎると浮かせた汚れが戻ったり色落ちの原因になったりするので注意してください。

 

お湯を使うと汚れが落ちやすくなりますし、雑菌の繁殖も抑えられるんですが、温度が高過ぎると色落ちが起きたり、生地を傷めてしまったりします。

手洗い表示の場合は水温40℃以下が推奨となっているのでぬるま湯程度でも十分です。

洗剤の量も多く入れれば汚れ落ちが良くなるというわけではなく、すすぎ残しになったり色落ちしてムラになったりする可能性があるので、分量をしっかり量って入れるのがいいでしょう。

 

洗剤については洗濯表示マークの下に注意書きがある場合もありますが、基本的にはオシャレ着用の中性洗剤を使うのがオススメです。

中性洗剤はアルカリ性や酸性のものに比べて洗浄力が抑えられていますが、その分素材へのダメージも少なくなっています。

おしゃれ着用と言われるものには漂白剤や蛍光増白剤が入っていないので素材の色味や風合いが変わってしまう心配もありません。

 

肌がチクチクするという場合は柔軟剤を入れるのもオススメです。

先程も言ったようにウールなどは人の毛と似たような構造になっているので、ケアすることで柔らかくすることができます。

 

洗い終わったら水が濁らなくなるまですすいでください。

この時も押し洗いで、生地を擦ってはいけません。

 

すすぎ終わったら、次は脱水です。

軽く水気を絞ったら、バスタオルの上にセーターを広げて、バスタオルごと端からくるくると巻いていきます。

こうすることで絞るよりも優しくセーターの水気をとることができます。

これで脱水しきれなかった場合は、洗濯ネットに入れて洗濯機の脱水モードにかけましょう。

そのまま洗濯機に入れると摩擦や型崩れの原因になりますし、ネットに入れた状態でも1、2分くらいで手短に済ませてください。

 

最近ではスケールを除去したり、繊維の表面をコーティングすることで洗えるようにした防縮加工やウォッシャブル加工のものもあり、そう言ったものであれば洗濯機で普通に洗濯することもできます。

 

平干しにする

f:id:dabodaboda029:20200919145744j:image

キレイに洗うことができたら干していきましょう。

セーターのケアは干し方も重要です。

 

セーターはハンガーで干すと生地の重みで伸びてしまうので平干しします。

平干しとは、その名の通り平らなところに洋服を広げる干し方のことで、形崩れしやすい洋服にぴったりです。

平干し用のネットが100均などでも売っているので買ってみてもいいでしょう。

わざわざ新しいグッズを買うのが面倒という人は小物を干すピンチハンガーの上などでも意外と平干しできるので試してみてください。

この時、もし縮んでしまっているという場合はセーターを伸ばして形を整えておくことで、元の形に戻すことができます。

 

ネットもピンチハンガーもないという人は普通のハンガーでも平干しのようにしてキレイに乾かすことはできます。

まずは普通のハンガーを2、3本用意しましょう。

セーターは裏返しにしておくと多少伸びたとしても表からは分かりにくくなりますし、日焼けを防ぐこともできます。

あとは、適当な幅をとってかけたハンガーに寝かせるようにしてセーターを引っ掛ければ完成です。

 

生地の重さが分散されるので引っ掛けている部分が伸びることも少ないですし、乾きにくい脇も風通しが良くなるので生乾きになりません。

結構場所をとってしまうのがデメリットですが、普通のハンガーだけでできるので平干しネットなどを持っていないという人は試してみてください。

しっかり脱水できていれば乾くのにそこまで時間はかからないと思うので、形崩れを防ぐためにも早めに取り込みましょう。

 

畳んで保管する

f:id:dabodaboda029:20200919150025j:image

最後に紹介するのは保管方法です。

先程からお伝えしている通り、セーターはハンガーにかけておくと肩の部分が伸びて形崩れしてしまいます。

なので片付ける際は畳んで保管するのがオススメです。

生地が分厚いので畳むと嵩張りますが、そこは仕方ありません。

 

きちんと乾く前に畳んでしまうと匂いやカビの原因になるので注意しましょう。

 

こんな感じでおうちでケアするだけでもパーカーをキレイに保つことはできます。

クリーニングなら洋服のダメージは抑えられますが、全く無いというわけではありませんし、毎回クリーニングに出していると金銭的にも厳しいです。

洗濯表示で水洗いが不可になっているものや、よっぽど高価で失敗したくないもの、どうしても落ちないシミや汚れがついてしまったという時だけクリーニングを利用すればいいでしょう。

 

ちなみに、ウールやカシミアなどの毛素材のセーターなら素材自体に汚れを弾く効果があるので、よっぽど汚れない限りは頻繁に洗濯をする必要はありません。

また、抗菌防臭効果もあるので、来た後に一晩吊るしておくだけでもリフレッシュできますし、お風呂上がりの浴室などに吊るしおけばシワが伸びて匂いも取れます。

 

まとめ

というわけで今回は、セーターのクリーニングやおうちでのケア方法について紹介しました。

洗濯表示を見て水洗いOKならおうちで手洗い、そうでなければクリーニングというように覚えておくといいでしょう。

手洗いは多少手間がかかりますが、セーターはそれほど頻繁に洗う必要がないので大事な洋服のケアとして楽しんでみるというのもいいかもしれません。

これからの時期、主役になるセーターをキレイに保っておしゃれを楽しみましょう。