Kentaiパワーボディ100%ホエイプロテインレビュー!ザバスより安くザバスより成分が劣る!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170604181512p:plain

株式会社健康体力研究所、略してKentaiが取り扱うプロテイン。

最大手のザバス製のプロテインに次いで、ドラッグストアなどでも取り扱いの多いブランドです。

スポーツショップやドン・キホーテなどの大型量販店に行けば、ほぼ手に入れることができるでしょう。

 

今回はKentaiのプロテインの中でもアスリート向けだと謳われている、パワーボディ100%ホエイプロテインを実際に飲んでみた感想をお伝えします。

パワーボディ100%ホエイプロテイン

【トレーニングで筋力を増やす】、【アスリートにおススメ】といった売り文句を掲げているパワーボディ100%ホエイプロテイン。

 

特徴としては、タンパク質を効率よく筋肉へと合成させるためのビタミンやミネラルがしっかりと添加されているところがあげられます。

また脂質と炭水化物の量も少な目に抑えてあり、無駄に摂取カロリーが高くなることがありません。

 

万人にオススメ出来るベーシックなプロテインです。

「ビタミン、ミネラルを摂りたい」「低カロリーに抑えたい」という方は、小さいサイズも展開があるので試してみるのも良いでしょう。

  

外観はメタリックパッケージ

f:id:penta0602:20170604181635p:plain

ほとんどのプロテインで採用している袋タイプのパッケージ。

パッケージの素材も厚みがあり、丈夫さも申し分ありません。

上部に密閉できるジッパーもついており、量によっては安心して持ち運びも出来るようになっています。

 

プロテインのパッケージには光沢感があるものが多いのですが、パワーボディ100%ホエイプロテインはそれらの中でも特に光沢感が強いです。

このメタリックなパッケージもモチベーションを上げてくれますね。

 

溶けやすくはない

水200mlに付属のスプーンすりきり三杯(約20g)を入れてシェイク。

4,5回ほど上下に振ればほとんど溶け切ったような状態になります。

これ以降シェイクの回数を増やしても様子は変わりません。

 

ここでシェイカーをのぞいてみると、プロテイン特有の小さなダマのようなものが見られました。

液体に粉末が解け残っているというわけではないのですが、飲んだ後に多少シェイカーにこのダマが残ってしまいます。

飲む際に不都合があるわけではないのですが、溶けやすいという認識は持たない方が良いかもしれません。

 

後味は少し鉄っぽい

f:id:penta0602:20170604181754p:plain

個人的な感想としては美味しくありませんでした。

味は主観なので美味しいと感じる方もいると思いますが、おそらく万人受けするタイプの味ではありません。

 

甘さのなかに少ししょっぱさがあるようで、味の主張が強いです。

またミネラルが含まれているからなのか、後味も少し鉄のような風味です。

記載のミルクチョコ味と思って飲むと、イメージとギャップがあるかもしれません。

ただし不味くて飲めないというほどではないです。

 

試しに水を100mlにして濃さを変えてみたのですが、そのまま味が濃厚になっただけで美味しさはあまり変わりませんでした。

 

間食やトレーニング後の摂取に適したタンパク質

パワーボディ100%ホエイプロテインのタンパク質含有量は72.5%です。

タンパク質含有量とは、製品のグラム当たりどのぐらいの割合でタンパク質が含まれているのかを表したものです。

 

ほとんどのプロテインのタンパク質含有量は60%~90数%の範囲におさまります。

もちろんタンパク質含有量が高ければ一回の摂取でタンパク質を豊富にとれるのですが、その分味が犠牲になり色々とデメリットもあります。

 

大体80%を超えてくると含有量が高いと謳っても差し支えないので、パワーボディ100%ホエイプロテインの含有量は標準もしくはやや低めと言えるでしょう。

 

タンパク質含有量が72.5%だと、一食あたり14.5gのタンパク質が摂取できます。

これは厚生労働大臣の定める日本人の食事摂取基準において、成人男性に必要なタンパク質の四分の一、成人女性の三分の一弱の量にあたります。

 

一日を三食だと考えると、食事一食分には少し満たない程度のタンパク質量という事が分かります。

広いユーザに向けた間食やトレーニング後の摂取としてタンパク質量が調整されていることがわかりますね。

 

ビタミンとミネラルが多く含まれた成分

f:id:penta0602:20170604181927p:plain

製品20gあたり

エネルギー / 79.1kcal

タンパク質 / 14.5g

脂質 / 1.1g

炭水化物 / 2.8g

ナトリウム / 75mg

カルシウム / 50mg

マグネシウム /10mg

鉄 / 0.9mg

ビタミンA / 100µg

ビタミンB1 / 0.2mg

ビタミンB2 / 0.2mg

ビタミンB6 / 0.2mg

ビタミンB12 / 0.4µg

ビタミンC / 17mg

ビタミンD / 1.1µg

ビタミンE / 1.6mg

ナイアシン / 2.2mg

葉酸 / 44µg

パントテン酸 / 1.3mg

 

パワーボディ100%ホエイプロテインはタンパク質の他にも11種類のビタミンと3種類のミネラルが配合されています。

ビタミンが数種類しか入っていないプロテインやミネラルの添加もないプロテインが多い中、これだけプロテインと一緒に栄養が摂取できるのはお得感がありますね。

 

マルチビタミンやマルチミネラルを目的意識を持って飲んだことがない方にオススメです。

パワーボディ100%ホエイプロテインぐらいビタミンミネラルが添加されていると、気軽に栄養補給が出来ます。

 

値段は標準的

2.3kg(115食分)9,800円 税別

1kg(50食分)4,500円 税別

350g(17食分)1,800円 税別

 

1キログラム単位で揃えた時のプロテインの相場は2,000円後半から7,000円程。

パワーボディ100%ホエイプロテインは 中価格帯のプロテインと言えます。

格安やハイクオリティを売り文句にしていないプロテインは、この4,000円半ばから5,000円ちょっとの価格帯に収まってくることが多いです。

 

Kentaiパワーボディ100%ホエイプロテインのレビューまとめ!

外装:パッケージが安っぽくないか。頑丈なつくりか。

★★★★★

味:味が美味しいか。飽きないか。

★★☆☆☆

タンパク質量:一食で十分なタンパク質量がとれるか。タンパク質含有量が高いか。

★★★☆☆

栄養:ビタミン、ミネラルが豊富か。魅力的な成分が含まれているか。

★★★★☆

値段:プロテインの相場の中で高いか安いか。

★★★☆☆

 

味以外は、以前ご紹介したザバスのウェイトダウンにとても似ています。

ビタミン11種類、ミネラル3種類という点とその内容に至るまで同じです。

 

ただ、比べてしまうと正直ザバスに見劣りしてしまいます...

 

大体一食あたりの成分で考えると、分母を揃えてもタンパク質量はザバスウェイトダウンの方が2gほど多いです。

 

しかも、ビタミン11種類に関してはそのうち8種類はザバスウェイトダウンの方が含有量が多く、ミネラルに至っては全てザバスウェイトダウンが多くなっています。

 

ビタミン、ミネラルに関しては入っていれば入っているほど良いというわけではないのですが、コストパフォーマンスが悪い気もしてしまいますね。

kentaiの研究によって、筋肉の発達に最低限必要なビタミンとミネラルが絶妙に配合されてるのだと期待しましょう。

 

ただし、価格面ではザバスウェイトダウンよりも安いです。

成分がそのまま値段に直結しているのか、1kgあたりで考えると500円ほど安いです。

 

あくまでも比べると成分的に見劣りするという程度であり、その内容自体は非常に良いところを抑えています。

 

 少し値段を抑えたい方や、味に興味がある方にはオススメできるプロテインですね。