【ユニクロ】ウールニット比較【無印良品】おすすめニットはどっち?

スポンサーリンク

【ユニクロ】ウールニット比較【無印良品】

 

f:id:penta0602:20150916182807j:plain

以前書いた記事でニットの素材は価格も含めてユニクロと無印良品が断トツだと紹介しました。

素材以外はどうなの? 

なにか違いはないの?

と疑問に思った方も多いと思います。

今回はそんな疑問にお答えするユニクロVS無印良品ウールニット比較です!

以前の記事はこちら↓↓↓

 

 

ユニクロと無印良品のコストパフォーマンスは素晴らしいと分かりましたが、この2社はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?

 

各項目ごとに比較していきたいと思います。比較対象のアイテムはメリノウールニットのクルーネックです。

 

素材

まずは前回の復習も含めて素材から。

 

ユニクロ

ウール100% エクストラファインメリノウール 19.5マイクロン

 

無印良品

ウール90% シルク10% エクストラファインメリノウール 19.5マイクロン

 

ウールの等級や細さは全く一緒です。

 

しかし、ユニクロのウール100%に対し無印良品はシルクが10%含まれています。

一見シルクが含まれている無印良品の方がより高級に思えるところですが、ウール自体がかなり高級なものを使用しているため一概にそうとは言えません。

 

そもそも素材において重要なのはより高級かどうかなのではなく「どう見えるか」です。

その素材が見た目にどのように影響を与えるかで素材の価値が決まると思います。

 

ということで実際に見比べてみましたが、両者のメリノウールはどちらも高級な風合いで細く軽い艶があり、甲乙がつけられません。

なので素材に関してはほぼ互角。

 

 

価格

続きまして価格の違いです。

 

ユニクロ 

約3780円 税込

 

無印良品 

約3980円 税込

 

ほぼ変わらないですがユニクロのが僅かに安いです。

 

オンラインサイトでユニクロは税別表示で無印良品は税込表示のためユニクロの方が安く見えてしまいますが、実際の差は200円程度です。

 

 

サイズ比較

 

Sサイズ

ユニクロ 着丈63 肩幅38.5 身幅46 袖丈59.5

無印良品 着丈64 肩幅40    身幅48 袖丈62

 

Mサイズ

ユニクロ 着丈66 肩幅40 身幅49 袖丈61.5

無印良品 着丈66 肩幅42 身幅50 袖丈63

 

Lサイズ

ユニクロ 着丈69 肩幅41.5 身幅52 袖丈63

無印良品 着丈68 肩幅44    身幅52 袖丈64

 

XLサイズ

ユニクロ 着丈72 肩幅43.5 身幅56 袖丈64.5

無印良品 着丈70 肩幅46    身幅55    袖丈65

 

サイズに関してはみなさんそれぞれ合うサイズが違うので何とも言えませんが、着丈は長めのものを選んだほうが良いです。

ニットは裾がリブになっているので、動いてると段々丈が上がってきてしまうからです。

 

 

在庫

 

ユニクロ 2016年からクルーネックタイプがweb限定に。

 

無印良品 店舗で購入可能。

 

まとめ

 

正直言ってあまり差はありません。

ユニクロの方が価格が僅かに安く、細身の作りであるということぐらいです。

 

どちらのが良いかと言われると難しいですが、より今っぽいのは間違いなくユニクロです。

ユニクロのエクストラファインメリノウールニットをオーバーサイズで着用するのがイチオシ。

 

余裕がある方は試着して決めるのが良いかと思います。

どちらを買っても損はない商品で間違いなくオススメ出来ます。

 

ニットは必須アイテム。

とりわけハイゲージのウールニットはメンズファッションではとても役に立つので是非手に入れて欲しいです!