読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の主役Tシャツは何色を選ぶべきか?

スポンサーリンク

夏の主役Tシャツは何色を選ぶべきか?

f:id:penta0602:20160412102038j:plain

Tシャツと言えば夏の主役であり悩みの種でもあるアイテムですよね。

選び方は次回やるとして今回は色について。

 

鉄板である白Tの弱点などを解説。

 

みなさんTシャツを選ぶときどうやって色を選んでいますか?

 

Tシャツに限った話ではありませんが服の色選びって難しいですよね。

 

特に気に入れば気に入るほど選べなくなって多色買いすることになる人が多いと思います。

 

ド定番の白は鉄板?

f:id:penta0602:20160412102859j:plain

「Tシャツ」と聞くと誰しも白Tを思い浮かべると思います。

それほどに定番中の定番である白Tシャツ。

 

勿論定番であり使い勝手は良いですが、今回はむしろ弱点について書いていきます。

 

 

肌着感が強い

 

生地が薄くてよれていたりすると一気に強まる肌着感。

 

おじいちゃんなどが着ている白Tを連想して頂ければ分かると思います。

このイメージが厄介でそのようにイメージされてしまうとオシャレかどうか以前の問題になるんですよね。

 

イメージが先行するとコーディネート全体では評価されてもらえず、そのアイテムを着ている時点で駄目!と思われがち。

 

 

乳首問題

 

白Tシャツは乳首が浮きやすいです。

これも非常に問題で、言うまでもなく気持ち悪いですよね。

 

でも白Tって本当に乳首が見えやすいです。

人によりますが乳首問題のせいで白Tは絶対に着れない!という人も多いです。

今まで気にしないで着用していた人は一度確認してみましょう。

 

 

子供感が強い

 

子供感というか夏休み小学生男子感が非常に強いですよね。

短パンやインディゴデニム、ベージュチノパンなどと合わせると相当難しいです。

 

ただしファッションに無頓着な人の初期装備は大抵インディゴデニムです。

なので白T自体が難しいわけではありませんが、失敗しやすいのもまた事実。

 

 

黒はどうなの?

では続きまして黒Tシャツ。

 

f:id:penta0602:20160412143007j:plain

黒T最大の弱点は何と言っても重っ苦しいことです。

夏に着る半袖Tシャツで黒はかなり重いです。

トップスですからね。

最も印象を変化させる部分です。

 

だから駄目ってことではなくそういう印象をもたれやすいですよって話し。

 

ただし白Tのように肌着感があったり乳首が浮いたりのような弱点があるわけではありません。

一長一短ですね。

 

艶感の強い素材を選ぶと重さがないのでおすすめ。

 

 

グレーは?

f:id:penta0602:20160412143135j:plain

これも書くまでもありませんが、汗が非常に目立ちます。

白Tの乳首問題や肌着問題を軽く凌駕する目立ちっぷりなので汗を欠きにくい人でも難しい色です。

 

その他の色は?

f:id:penta0602:20160412143229j:plain

上記3つでモノトーン色は終わりですが果たして他の色はどうでしょうか。

 

まず初心者が避けたほうが賢明なのは原色です。理由は合わせが難しいから。

ある程度知識があれば問題もありませんが、最初はやめておきましょう。

 

それに原色ですとインパクトが強くて数回着てるだけでお前いつもそれ着てるな~と思われがち。

 

ということで残るはペールトーンやダークトーンです。

 

色で他の人と被りにくく合わせもそこまで難しくないとペール、ダークトーンでしょう。

ベージュ、ネイビー、カーキなどです。

ホワイトやブラックのような弱点はないものの難易度は若干上がります。

 

 

結局はコーディネート次第

最終的にはここに行きつきますよね。

ただコーディネートよりも重要な「イメージ」にだけは要注意です。

どれだけ頑張ってコーディネートしても乳首が浮いていたら台無しですからね。

 

初心者に向けたイチオシはやはりホワイトです。

ただし選び方には要注意。

 

肌着感の出ないように艶感のあるものを選んだり、乳首が浮かないように生地が厚めのものを選んだり、着丈は~バインダーは~袖は~ネック幅は~と色々ポイントがあります。

ここら辺については気が向いたら書きますね。

 

 

Tシャツとカットソーの違い

最後にカットソーとTシャツの違いについて。

カットソーというとオシャレぶっているように思われますが意味はほとんど一緒です。

カットソーというのはカット&ソーイングのことなので大概のアイテムが当てはまるんですよね。

カットソーのくくりの中にTシャツもあると思って下さい。

 

ただしアパレル用語は人それぞれな部分が強いのでなんとなくで問題ありません。