読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016冬のメンズコーデ10選!海外スナップを見て学ぼう!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20161123062114j:plain

冬は一番コーディネートが楽しい季節。

でも、初心者からしたら使うアイテム数が多すぎてどうすれば良いか分からない季節でもあります。

今回は前回好評だった海外スナップから学ぶシリーズの冬編です。

悩めるファッション初心者に向けた記事です。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

 

冬のメインアウターは断然コート。

 

そんなコートを使ったコーディネートを考える時に重要なのが「どうやって崩していくか」です。

カジュアルダウンとも言いますね。

 

これをしないと「それ着てどこ行くの?」と思われるようなコーディネートになりがち。

初心者の方はまず格好良いコートスタイルを私服に落とし込んでいく作業が大切です。

 

今回はその辺りに注目しながらスナップを見ていきます。

どうやって崩していくのか?

f:id:penta0602:20161123063124j:plain

これが比較的崩していない状態。

 

Pコートにスキニーデニムに革靴かつ全てブラック。

確かに格好良いですし、流石外国人なだけありますが、これを様々な方法で崩していく方が自然な着こなしに出来ます。

 

ではまずは「どこで」崩していくのかを中心に紹介。

 

基本中の基本 デニムで崩す

f:id:penta0602:20161123063422j:plain

https://goo.gl/vTnbCF

右側の方に注目。

 

これが基本中の基本である「デニムで崩す」です。

 

最も簡単であり、最も良く見る合わせ方。

とにかく普通、とにかく自然に、という着こなしが好きな人ならこれで良いでしょう。

 

でも、普通過ぎるのは嫌だという人はこれでは物足りないと思うはず。

 

このようにまず最初はどこで崩すかを中心に見ていきます。

 

基本中の基本 インナーで崩す

f:id:penta0602:20161123063007j:plain

http://quael.jp/qration/?p=2056

 

インナーに柄物だったり、明るめの色だったりを持ってきて崩すスタイル。

 

これも基本中の基本でありますが、「デニムで崩す」よりは見かけません。

 

というのも単純に寒いから。

日本の秋はとても短く、冬は長いですよね。

 

なので、前を開けて着る必要がある「インナーで崩す」は簡単な割にはそこまで見かけません。

 

それに冬のメインインナーであるニットは基本的に高価なものばかりです。

その高価なニットで崩すようのニットを買う人は少ないですよね。

人は高ければ高いほどシンプルなものを買うものです。

 

ワンランクアップ スニーカーで崩す

f:id:penta0602:20161123062317j:plain

https://goo.gl/JesVI9

 

デニム→インナーときて次は靴。

 

スニーカーで崩したコーディネートです。

ここまでくるとそれなりにファッションに気を使っている人しかやらないコーディネートになっていきます。

 

冬の海外スナップ鉄板のパターンである、全身ブラックでまとめてスニーカーで外すきこなし。

 

日本ではあまり見かけない組み合わせですし、さして不自然な着こなしでもないのでおすすめ。

 

派手なスニーカーは既にお持ちの人も多いでしょうし、手持ちのワードローブで再現しやすいコーディネートです。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

 

イチオシ 小物で崩す

f:id:penta0602:20161123061323j:plain

https://goo.gl/dEhh2w

 

ダークトーン中心で固めたコーディネートを帽子やストール/マフラーなどの小物で崩すスタイル。

 

黒すぎるのは嫌だ・・・という時に重宝するワンランク上の崩し方です。

 

デニムで崩すわけでもなく、スニーカーで崩すのでもなく、小物をプラスして崩す方法。

 

帽子はここまで派手ですと難しいので暗めの色がおすすめ。

その代わりストール/マフラーはわりかし明るめにしておくと映えますし不自然にもなりません。

 

小物類ってストールだったり、バッグだったり、帽子だったり、靴下だったり色々ありますが、一番簡単なのはストールです。

防寒にもなりますし、合わせやすいし、自然ですし言うことありません。

 

崩しつつスタイルも良く見せてくれる一石二鳥アイテムなので是非手に入れましょう。

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

 

zerokarahazimeru.hatenablog.com

 

 

これもまた基本 アウターで崩す

f:id:penta0602:20161123062542j:plain

https://goo.gl/xy9pne

 

これもまた基本のスタイルの1つ。

主役のアウターで崩すスタイルです。

ロングコートではあるけどブラックではないのが味噌。

 

ただし、面積の大きいアウターで色があるものですと、周りに覚えられやすく「いつもそれ着てるね」となりがちなのが弱点。

アウターって印象に残りやすいアイテムなんですよね。

 

冬のアウターなんて1シーズン1着程度買うのが関の山ですし、最初に手を出すべきなのはやはりブラックでしょう。

 

ブラックのアウターでしたら上記で述べたように崩し方を変えていけば着回しも効きます。

 

色があるアウターですとそのアウター自体で崩せているのでコーディネートの幅が狭まります。

既に何着もアウターを持っている人が手を出すべきアイテム。

 

初心者向け 複数個所で崩す

f:id:penta0602:20161123061852p:plain

コートの色と柄ストールで崩したコーディネート。

 

複数個所で崩すので下半身はよりシンプルに細身のシルエットでカラーはブラックを使っています。

コートの色もブラックでないもののモノトーンであるグレーをチョイス。

 

複数個所で崩す場合はこのように少しづつ崩していくと綺麗に収まりやすいです。

やり過ぎは厳禁です。

 

中級者向け 複数個所で崩す

f:id:penta0602:20161123063252j:plain

https://goo.gl/XvKvEm

 

少しづつではなく、帽子とインナーで思いっきり崩しているコーディネート。

ただしストールはモノトーンでわりかし控えめですね。

 

原色の明るい帽子だったり、Gジャンだったりで思いっきり崩すアイテムを複数使う場合は色を統一するのがおすすめ。

 

今回の場合ならブルーですね。

これなら色数が増えないので1つ1つが主張の強いアイテムでもバランスが取れます。

 

 

シルエットで崩す

f:id:penta0602:20161123063550j:plain

https://goo.gl/mkBv4x

 

思いっきりファッショナブルでアパレルっぽい崩し方が「シルエット」で崩すスタイル。

ブラックのロングコートでブラックのパンツですが、どちらもビッグシルエット。

色はモノトーンですし、カッチリしたアイテムですがルーズなシルエットで思いっきり崩しているわけです。

 

シンプルで自然なコーディネートが好きな人からしたら受け付けないでしょうが、シンプルなのに飽きてきた人にはおすすめ。

 

ここまでルーズにしなければそこまで奇抜にもならないので、思っているより抵抗も少ないはずです。

 

上級者向け 多色で崩す

f:id:penta0602:20161123062114j:plain

https://goo.gl/3LbSF4

 

ちょっと難しめのコーディネート。

全身カッチリしたアイテムを色で崩したスタイル。

 

ステンカラーコート、シャツ、カーディガン、スラックス、革靴というビジネス的なアイテムをそれぞれ色を付けて崩しています。

 

おまけにシャツとカーディガンのボタンを全て閉めてよりカッチリと見せています。

これだけ色を使うなら出来る限りカッチリさせるべきなので良いお手本。

 

多色使いのコーディネートは難易度が高いので初心者の内は大人しく静観するのがおすすめ。

ただし上手くコーディネートできれば、まず周りとは被りませんし強い武器になるでしょう。

 

 

以上海外スナップ10選でした。

冬は長いので好評でしたら12月辺りにもう1パターン追加するかもしれません。

それと多数要望ありましたので、冬アウターの記事も作成予定(やや時期を逸してしまいましたが・・・)