【2017年版】街で良く見かける定番リュック5選!

スポンサーリンク

f:id:penta0602:20170814215908p:plain

街を歩いているとよく見かけるバッグがあります。市場にこれだけの種類がある中でなぜこんなにも見かけるのか。そこには少なからず人気となる理由や目につくワケがあります。

 

という事で、今回は都内を歩いていて、男女関係なくとてもよく見かけるバッグを5つピックアップしてみましたので紹介したいと思います。

コートエシエル/Isar Rucksack

f:id:penta0602:20170814215815p:plain

 

アップル創業者のスティーブジョブズ自身が着用していたこともあり、アップル公認のブランドとなっているのがこの「コートエシエル」

 

PCや周辺機器を収納するため大容量のリュックでありながら、機能性を重視したためアシントメトリーな作りが独創的で目に留まります。街で多く目に留まるというのもこの独特の形から気付きやすいのが理由の1つでしょう。

 

着用者の多くは男性の若者が多いのはもちろんなんですが、デザインが奇抜にも関わらずビジネスマンと思われる方も使っているのが面白いところですね。そういったビジネスマンに愛されるのはPCに特化したブランドだからという事もあるでしょう。

 

奇抜だけどやりすぎていない、そして機能性が大変い重要視されたリュックです。サイズはS・M・Lといった展開があるのですが、一番いいバランスなのがMでしょう。一番多く見かけるサイズでもあります。

 

MAKAVELIC(マキャベリック)/ダブルラインフラップバックパック

f:id:penta0602:20170814220203p:plain

東京のカジュアルファッションブランド「マキャベリック」

素材や機能性にすぐれたリュックを数多く展開し、ストリートからビジネスまでどんなファッションにもなじむように作られています。ロゴがリュックの中央にあるため、分かりやすいブランド。

 

特に使っている方が多いのがこの「ダブルラインフラップバックパック」

内容量が多いながらも縦長でスタイリッシュな形が特徴です。PCやタブレットなどの収納はもちろん、ポケットが多くついているので小物の収納も簡単です。

 

使っている世代的内は10代から20代前半の男性が多いようですが、着こなしの系統はそれこそバラバラ。どんなファッションにも合うリュックなのがうかがえます。

 

レディースでもちょこちょこと持っている方を見かけますね。価格は17,280円(税込)と手の届きやすい物となっています。

 

アネロ/ポリエステルキャンパスシリーズ

f:id:penta0602:20170814220344p:plain

都内を歩いていて、本当に使っている方が多いと思うのがこの「アネロ」のリュック。

なぜこんなにも使っている方が多いのか、ものすごく気になったので正規店で手に取って確認してきました。人気の理由はその使いやすさとお手軽な値段、そして半端じゃないカラー展開でしょう。

 

開き口にはワイヤーが入っているので、中を除きやすく取り出したい物が一目瞭然です。それでいて、サイドの2つのポケットやファスナー付きポケットも備えられているのでとても使いやすい物になっているんですね。

 

カラー展開はこのシリーズだけでも20種類はあるので自分のお気に入りの色を見つけることが出来ます。

 

そしてなんといっても値段が3,179円(税込み)とかなりの安さ。見た目と使いやすさそして値段のバランスがとてもいいリュックですね。

 

形やディテールを見ても少し可愛いイメージがあるので、比較的に女性の方の方が使っている方は多いですが、男性の方でもちょくちょく見かけます。

 

ロンハーマン/キャンバストート

f:id:penta0602:20170814220510p:plain

https://item.rakuten.co.jp/collectionstyle/10000049/

 

キャンパストートで一番多く見かけるのがロンハーマン。ロンハーマンはLA発のセレクトショップで、洗練されたカリフォルニアファッションを提案し、海外セレブから支持され、日本でも絶大な人気を誇ります。

 

「憧れのセレクトショップ」といったイメージが強いのが特徴といえますね。そんなロンハーマンのトートバックはシンプルな布地にブランドのロゴが入った物。人気のセレクトショップだけにそのネームバリューもかなりの物。

 

ロゴが入っているだけですぐにロンハーマンの物だと分かりますね。持っている方は比較的20代後半から30代と思われる女性の方が多く、今のセレブファッション・リゾートファッションを思わせる服装の方が多いですね。

 

シンプルだけど請求力のあるキャンパストートだと思います。値段は5,980円(税込)とトートバッグにしてはなかなかの値段になっていますが、バイマなどのサイトを使うともう少し安くなるようです。

 

BAOBAO ISSEY MIYAKE(バオバオイッセイミヤケ)/トートバッグ

f:id:penta0602:20170814220655p:plain

初めて見た時に「なんだこれは!?」と目に留まり、それから忘れられなくなってしまったほどインパクトのあるバッグ。三角のピースを4つ合わせたモチーフが特徴的で、デザインというよりもアートのような雰囲気があります。

 

光の当たり方でも雰囲気が変わるので面白いバッグですよね。新宿伊勢丹辺りに行くと急激に持っている方が増えるのですが、あまりにインパクトがあるので目に留まりやすいのも見かける理由の一つです。

 

色々な着こなしに使われていて、存在感のあるバックファッションに向いています。価格はAmazonで40,500円(税込)とかなりの高価格。簡単に買える価格のバッグではありませんが、3000円程度で似せたバッグを販売しているところも多いです。

 

終わりに

以上、街中でよく見かけるトートバッグとリュックを5つご紹介しました。様々なリュックが市場にある中でここまで人気のあるものは、そこまで多くないでしょう。

 

他と被るのが嫌だという方もいるかもしれませんが、手っ取り早く皆が気に入っている人気のバッグが欲しいのならこの中から探してみると良いでしょう。

 

以上、バッグ選びの参考になれば幸いです。