無印良品のハーフパンツを全て比較してレビュー【2018】

スポンサーリンク

 f:id:zakikaz:20180622145612j:plain

 

ユニクロと比べ素材からもナチュラル志向がうかがえる無印良品のファッションアイテム。今回は夏の大定番アイテム、ハーフパンツをレビューします。

 

今、無印良品の店頭に置いてあるハーフパンツを全て試着してきました。

 

素材、シルエットにユニクロとどんな違いがあるのか、別記事「ユニクロのハーフパンツを全て比較してレビュー」もぜひ合わせてお読みください。

 

 

オーガニックコットンオックスハーフパンツ

f:id:zakikaz:20180622125256j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002366100

 

コットン100%のハーフパンツです。オーガニックコットンを使用したとても無印っぽいアイテム。余計なものが入っていないおかげか、少しガサガサしたはき心地です。ストレッチ性もなし。

 

オーガニックにこだわり、肌に優しい感じは伝わってきますがはき心地は決してよくないです。

 

シルエットは膝下ですそ幅細め。典型的な子どもっぽく見えてしまうハーフパンツの形です。裾サイドにスリットが入っているものの生地感がくたっとしているせいかあまり意味はありません。

 

ポケットは左右に2箇所。 ウエストはゴムなので脱ぎ履きは楽です。

 

がさっとした生地感の安っぽさとステテコ感は否めないので、使うとしたらルームウェアかワンマイルウェアになるでしょう。

 

ストライプ、ギンガムチェック、タータンチェックのバリエーションですがストライプはトランクス感があるので注意です。

 

かといってギンガムチェック、タータンチェックも使いにくい微妙なラインナップでした。

 

裏毛ハーフパンツ

f:id:zakikaz:20180622130448j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002365264?searchno=1

 

スウェット素材のハーフパンツです。

裏毛といっても裏起毛とは別。タオルのようなパイル地の裏地になっているので暑苦しさはないです。

 

さらっとしていて夏でも十分着用可能です。

 

シワが寄らないスウェット素材で薄いながらもハリが感じられます。

ダンボールニットやボンディング加工の廉価版というイメージ。非常に柔らかくしっとりしていてはき心地はかなりいいです。

 

シルエットは膝下の丈と細めの裾。やはりこちらもルームウェアをイメージしてしまいます。ウエストはゴムとドローコードです。

 

ポケットは左右に2箇所。

 

生地感は良いもののシルエットが問題。こちらもルームウェアかワンマイルウェアとしては活躍するでしょう。

 

商品画像を見るとコーデと合わせてよく見えがちなので注意です。

 

オーガニックコットン混あきは織ショートパンツ

f:id:zakikaz:20180622132216j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002272470?searchno=4

 

あきは織という織り方の生地を使用したショートパンツです。あきは織とは、縦糸を通さない箇所を作り空気に通り道を作る技法。

見た目は非常に細かなチェック、ミリタリーでよく見られるリップストップもようなものでした。

 

空気の通り道を作っているということだけあって生地自体は非常に軽量。

実際に履いて見てもその軽さと、あきは織の特徴か特に涼しく感じました。

 

さらっとしていてシワになりにくい生地感です。糸を通さない箇所があるからといって特にペラペラでもないし、丈夫さに欠ける印象もありません。

 

シルエットは膝上の裾細め。もう少し裾幅があったほうが足がスッキリ見えおしゃれに履きやすいですが、シンプルで色味も落ち着いているので十分使えるハーフパンツです。

 

ポケットは左右とヒップの計4箇所。

 

サイズアップして履くのも良いと思いましたがウエストがゴムのみなので、ジャストサイズを選ぶしかないです。少し残念。

 

アウトドアなどお出かけにも軽くて動きやすいので、下手に柄やロゴの入っているハーフパンツよりは断然オススメです。

 

オーガニックコットンポプリンショートパンツ

f:id:zakikaz:20180622134424j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002275150?searchno=2

 

ブロード地を使用したハーフパンツです。

オックスフォードと並んでシャツの定番素材であるブロードを使用したこちらは、滑らかなツヤ感とパリッとしたハリ感を備えています。

ハーフパンツではあまり見ないような生地感ですね。

 

シャツが大人っぽいのは生地が滑らかでツヤがあるのが一つの理由。そんなシャツと同じ生地なのでこのハーフパンツも他のアイテムと比べ大人っぽい仕上がりになっています。

 

さらっとしたはき心地で不快感ゼロ。加えて、少しゆとりのあるシルエットなので非常に涼しいです。

 

シルエットは膝にかかるぐらいで裾太め。若干丈が長いので裾を1、2回ロールアップすると足がかなりスッキリ見えるのでオススメです。

 

ウエストはゴムとドローコード。ドローコードが全色白で垂らしているとかなり目立つので注意です。ポケットは左右とヒップの計4箇所です。

 

一見何の変哲も無いハーフパンツですが、履いて見るとその良さがわかるアイテムです。大人っぽいハーフパンツをお探しの方にオススメです。

 

フレンチリネンショートパンツ

f:id:zakikaz:20180622140119j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002274054?searchno=1

 

フレンチリネンを使用したハーフパンツです。

手に取った瞬間、完成度の高さを感じたアイテムです。

 

リネン特有のシャリ感は残しつつもチクチクした不快感は感じられません。しっとり、ひんやりとしたはき心地。

真夏でも大活躍してくれそうな素材感です。作りがしっかりしている割にかなり涼しいです。

 

また、一目でわかるツヤがあり高級感を感じさせます。特にカーキグリーンとダークネイビーが分かりやすいです。両者ともそこまで主張の強いカラーではないので、色を入れても子供っぽくならないのもありがたいですね。

 

ウエストは木製ボタンとドローコード。ポケットは左右、ヒップの4箇所。ヒップのポケットにもボタンが付いています。

 

シルエットは膝下で裾細めです。素材はいいもののシルエットが野暮ったいので、サイズアップしてロールアップがおすすめ。一気に履きやすくなります。

 

シャツやストールなどはよく見かけますが、リネンのハーフパンツはなかなか見ないですよね、ユニクロにもありませんでした。

 

非常にオススメできるアイテムなのでぜひ履いてみてください。

 

リネンハーフパンツ

f:id:zakikaz:20180515194420j:plain

https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4550002378578

 

N.ハリウッドの尾花大輔氏が手がけるMUJI Laboラインのアイテム。

リネン素材のハーフパンツです。

 

他ではあまり見ない膝丈、裾広めのワイドハーフパンツです。

タックの入ったボリュームのあるシルエットとしっかりした生地感で、足の形をすっぽりと隠せます。

そしてリネン素材で通気性が良く快適なのが嬉しいポイント。

チクチク感もなくさらっと履けます。

 

ベージュより黒がツヤが感じられて高級感があり、使い易いのでおすすめ。ウエストがゴムなので、楽にはけて裾の位置も自由に調節可能。

 

リリースされてから少し時間は経ってしまいましたが取り扱い店舗の店頭にはまだ並んでいました。本ラインとは完成度と雰囲気が違う別格のアイテムです。

 

無印良品ハーフパンツレビューは以上です

 

以上が今店頭に並んでいる無印良品のハーフパンツです。

 

ユニクロと比べて展開数は少ないものの、素材使いで特徴のあるものが多いです。

 

これからの季節、ハーフパンツは必須アイテムなのでぜひ本記事を参考に探してみてください。