ファーは小物から取り入れよう!トレンド解説とオススメアイテム紹介!

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20191113084836j:plain

 

今季トレンドの一つに「ファー」が挙げられます。主に動物の毛皮を用いたファッションアイテムです。コレクションを見ても多くのブランドが取り入れ徐々にファーアイテムが多くなってきています。現状レディースでは取り入れられ始めていますが、まだメンズでの浸透は低め。トレンドはレディースからメンズに流れてくることが多く、今から注目しておくに越したことはありません。

 

今回はファーアイテムについてとオススメアイテムを紹介します。

なぜファーがトレンド?

f:id:zakikaz:20191114153959j:plain


ファーが注目されている流れに装飾性トレンドが挙げられます。

 

無地を主体としたノームコアから徐々に柄物が気分になっている現在のファッションシーン。無地からストライプ、ボーダー、チェックというように差別化を意識していき自ずとより派手な柄を追い求めるようになっている現状です。

 

装飾性を追い求める結果、次なる柄物としてアニマル柄が注目されています。アニマル柄とはレオパードやパイソン等直線がなく複雑性の増した柄物です。

 

動物特有のファーはその派生として、また装飾性の極みともいう豪華絢爛さのイメージとも相まり注目度が高まってきています。

 

各ブランドのコレクションでも下記の通りファーアイテムが見受けられます。

 

ミスター・ジェントルマン

f:id:zakikaz:20191113085012j:plainhttps://www.fashion-press.net/collections/11036

 

ブルゾンとチェスターコートのドッキングというミスタージェントルマンらしい変わり種アイテムですが、ファーを用いて効果的にインパクトをプラスしています。全体が無地ですが、ファーがあることによって地味さはありません。


ハイク

f:id:zakikaz:20191113085034j:plainhttps://www.fashion-press.net/collections/11010

 

ハイクはケープのようなアイテムに使用。ファーを一点投入するだけで大きく印象が変わります。ミリタリーアイテムを織り交ぜながらクラシカルでシックな雰囲気にまとめられています。

 

サンローラン

f:id:zakikaz:20191113085148j:plainhttps://www.fashion-press.net/collections/10831

 

サンローランではファーマフラーを取り入れています。ブラックのファーはサンローランらしいソリッド感もありつつラグジュアリーさも感じさせるアイテムになっています。

 

グッチ

f:id:zakikaz:20191113085311j:plainhttps://www.fashion-press.net/collections/10768

 

グッチは首元にインパクトのあるファースヌード。街着では難しそうな良い意味で毒のあるアイテムばかりですが、ラグジュアリーなファーは相性が良いです。ハイブランドも小物での使用率が高いですね。

 

ディオール

f:id:zakikaz:20191113085721j:plainhttps://www.fashion-press.net/collections/10517

 

ディオールはレオパード柄のファーを使用したミニバッグ。トレンド盛り沢山な小物でシンプルなスタイルも一気に今っぽい印象になります。リアルな街着のお手本になるコーデです。

 

リアルファーとフェイクファー

f:id:zakikaz:20191114154155j:plain

ファーは「リアルファー」と「フェイクファー」の大きく2種類に分けられています。

 

リアルファーは動物の毛皮を使用したもの。ウサギやキツネ、ミンクなどが使用されます。ウールのような天然素材なので保温効果がありつつも体温調整ができる優れた素材です。見た目通りの暖かさと高級感ある風合いが魅力です。レザーのようにケアが重要で、カビや自然劣化が起こりやすい素材でもあります。

 

優れた見た目がありつつも実際に使用するにはかなりのコストが必要になってきます。

 

フェイクファーは現在のファーアイテムの主流です。環境問題や動物保護の観点からサステイナブルな素材への意識がファッション界でも取り沙汰されています。

 

技術が向上しリアルファーとの見た目の違いが分かりにくくケアもしやすい、長持ちする等のメリットがあります。

 

ファーフリー宣言という、リアルファーの使用を廃止する取り組みが多くのブランドから発表されています。グッチやカルバンクライン、ジミーチュウなどのラグジュアリーブランドからユニクロ、ギャップ、H&Mなどファストファッションブランドに至るまでファッション業界全体がリアルファー廃止に向けて動いている現状です。

 

オススメアイテム 

ファーといえばセレブが使うような豪華なファッションアイテムというイメージが強いもの。無闇に使うと嫌味で悪趣味にも見えてしまうので、取り入れる際はワンアイテムに止めることがポイントです。

 

特に小物をチョイスすればそこまで抵抗なくトレンドを楽しめるのでオススメです。

 

HARE / 2WAYエコファーキンチャク

f:id:zakikaz:20191113094827j:plain

http://www.dot-st.com/hare/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?ITEM_CD=864425

 

人気の巾着型バッグにフェイクファーを使用したアイテム。ファーを取り入れるならこうした面積の小さいアイテムがオススメです。ミニバッグトレンドと合わせて季節感がプラスできるのでこれからの季節に使いやすいオススメアイテムです。

 

SENSE OF PLACE / ドッキングスヌード

f:id:zakikaz:20191113095401j:plainhttps://zozo.jp/shop/senseofplace/goods/48563244/?did=79239818

 

ニットとファーを組み合わせたスヌードです。ボリューム感もある小顔効果も抜群。ファーだけでは抵抗がある人もニットの表情でインパクトは和らいでいるので着用しやすいでしょう。価格も安いのでファーアイテムにチャレンジしてみたい方にオススメです。

 

PUBLIC TOKYO / ファーチェックフライトキャップ

f:id:zakikaz:20191114151027j:plainhttps://zozo.jp/shop/publictokyo/goods/37115814/?did=63264536

 

フライトキャップもファーを用いたアイテムということで人気です。同じくトレンドのクラシックなチェック柄のウールキャップをベースにモダンなデザインになっています。ロングコートなどの外しアイテムとしてオススメです。

 

BEAMS / ボーン ファーマフラー

f:id:zakikaz:20191114153129j:plain

https://www.beams.co.jp/item/beams/fashiongoods/11450668863/

 

モノトーンで柄があしらわれたフェイクファーマフラーです。柄を取り入れることによってファーアイテムでも、カジュアル目な印象に。モノトーンの配色で派手さは抑えられているので気軽にコーデに合わせやすいアイテムです。

 

sacai / Faux Fur Waist Bag

f:id:zakikaz:20191113093820j:plainhttps://soupmens.jp/sacai-waist-bag

サカイのファーバッグ。ポーターのタンカーをベースにフェイクファーがあしらわれています。ミリタリーの無骨さがファーのラグジュアリーさを和らげており使いやすいバッグになっています。ロングコートの上からの着用がオススメです。

 

以上がファーアイテムについてです

 

一見取っ付き難いイメージのあるファーですが、まずは小物でチャレンジしてあげると意外と使いやすい素材です。シンプルなコーデに一点投入で今っぽい雰囲気に変わるので是非試してみてください。