【4選】大人なら持っておきたいオススメの傘ブランドを紹介!

スポンサーリンク

f:id:zakikaz:20190411072127j:plain

おしゃれをしている日にとって雨の日は厄介ですよね。お気に入りの洋服が濡れて汚れたり、着用できるものが制限されたりとデメリットが目につきます。ただ雨の日にしか使えないアイテムもあります。

 

それは傘。ファッションアイテムの1つとして認識すると雨の日でもおしゃれの幅が広がります。こだわると価格もかなり上がってくるのでいまいち手を出しずらい人もいいるかと思います。しかしコンビニのビニール傘ではおしゃれとは言えませんし、何本も買い足すのであったらお気に入りを一本見つけてそれを大事に使っていくほうがコスパも良くなりますよね。

 

今回は雨の日に使う傘のおすすめブランドのアイテムを紹介します。

 

傘の種類

f:id:zakikaz:20190410150716j:plain

ご存知かとは思いますが傘には2種類あります。傘と言われてイメージする普通の大きさの傘が「長傘」。折りたたみできるものがそのまま「折りたたみ傘」です。まずはこの2種類についてファッション面も含め紹介していきます。 

長傘のメリットデメリット

f:id:zakikaz:20190410150855j:plain


長傘のメリットとして大きさが挙げられます。折りたたみは特性上大きさが制限されてしまいますが長傘は長さに応じて大きくなります。大体大人一人分は余裕で覆うことのできるサイズ感で濡れにくさも優っています。

 

開いて生地を見せているときはもちろん、閉じた時もフォルムの美しさでファッションアイテムの1つとして捉えることができます。

 

デメリットとしては大きさです。基本手持ちになるので夜に降りそうなのに朝から出かけないといけないなんて時は一日中傘を持っていなければいけません。雨が降らなければ余計な荷物を持っていただけになります。

 

また折り畳み傘よりも置き忘れが多くなります。

 

どこにでも立てかけられるので忘れがちになりますね。電車などを見ても圧倒的に長傘の忘れ物が多いです。

 

折り畳み傘のメリットデメリット

f:id:zakikaz:20190410151118j:plain

 

折り畳み傘のメリットとしてはやはりコンパクトさです。大抵のバッグに収納できるので手が開くことは大きなメリットです。

 

常時バッグに足伸ばせておけば天気予報を気にしなくても、急に雨に降られても対処できます。

 

またコンビニや電車などで立てかけることがないので傘を置き忘れるということがなくなります。

 

デメリットは大きさです。どうしても大きさに限界があるので小さめなものが多くなります。筆者も長傘より折りたたみ傘をさしていた時の方が身体が濡れることが多かったです。

 

おすすめブランド&アイテム

フォックスアンブレラ

f:id:zakikaz:20190410151251j:plain

https://www.imn.jp/post/108057196111

 

英国王室御用達のブランドです。元々はパラシュート製造を行なっていましたがその技術を転用し傘を開発しています。

 

イギリスを中心に世界中で絶大な人気を占めており、高級傘の代名詞的な存在になっています。

 

開いた時だけでなく閉じた時の美しさも考えられている細身のシルエットが非常に美しい傘です。ハンドルがアニマル仕様のものがあったりと上品な遊び心のあるアイテムもあります。

 

おすすめアイテム

GT18 HORN INSET HARDWOOD HANDLE

f:id:zakikaz:20190410142404j:plain

https://amzn.to/2I9dmbF

 

写真からも伝わる圧倒的な高級感が魅力です。ハンドルに埋め込まれた水牛の角がツヤ感を生み、上品な印象です。

 

閉じると一本のステッキのようにシャープなシルエットになります。

 

フルトン

f:id:zakikaz:20190410151409j:plain

https://fultonumbrellas.jp/ec/pressrelease_20160401/

 

こちらも英国王室御用達のブランドです。レディースの傘に特徴があり、エリザベス女王が丸みを帯びた鳥かごのようなシルエットの傘を愛用しているのを見たことがある方も多いかと思います。あのモデルは彼女のワードローブに合わせ開発されました。「高品質・技術革新・デザイン性」を追求しています。質の割にかなりお手頃な点もおすすめです。

 

おすすめアイテム

G451 014943 Knightsbridge-2 City Stripe 

f:id:zakikaz:20190410143545j:plain

https://amzn.to/2YYrwSc

 

スーツのようなストライプが特徴。落ち着いた色合いでスーツスタイルによくマッチします。ハンドルは天然素材ではないのですがソフトラバーを使用し握りやすさがポイントです

 

前原光榮商店

f:id:zakikaz:20190410151542j:plain

https://www.eva-info.jp/3927

 

皇室御用達の日本の傘ブランドです。

 

全てにおいて職人の手作業で作成された傘は使えば使うほど馴染む上質さが魅力です。通常傘の骨は8本組ですが、前原光榮商店は16本になっています。

 

これにより強度が増し、傘を広げた際のシルエットが丸に近くなり、雨を防ぐ面積も広くなります。

 

和傘のような日本的な雰囲気があります。

 

おすすめアイテム

SOLID(ソリッド)-16

f:id:zakikaz:20190410144319j:plain

https://bit.ly/2D4JvNy

 

前原光榮商店の定番アイテムです。ツヤのある生地と各部の素材にもこだわった逸品です。

 

非常に高級感があり持つだけでおしゃれに見えるような魅力があります。

 

16本骨で強度もあり長く使用できます。名前を刻印できるオプションがあり、盗難防止にも役立ちます。

 

W.P.C

f:id:zakikaz:20190410151815j:plain

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001227.000003860.html

 

傘だけでなくレインコートやレインブーツなどレイングッス全体を販売しているブランドです。

 

非常に手頃な値段と、様々な柄・カラーバリエーションが魅力。

 

作りは高級感があるとは言えませんがしっかりとしたディテールで長く愛用できそうです。低価格ですが16本骨モデルもあり、デザインだけのブランドではないことが伺えます。

 

おすすめアイテム

UNISEX 18K

f:id:zakikaz:20190410145209j:plain

https://item.rakuten.co.jp/bighit/wpcmst/

 

価格の手頃さ、高品質さはもちろんカラーバリエーションが魅力です。こちらで5パターンありそのどれもがセンスのいいものになっています。16本骨で耐久性もバッチリ。シンプルな傘では物足りない方にはおすすめです。2本目としておしゃれ用で持っていてもいいかもしれません。

 

以上がおすすめの傘ブランドの紹介です

ビニール傘しか使ってこなかった人もぜひこの機会に他の傘を手に取ってみてください。おしゃれのワンポイントとして認識すると傘にも手を抜けなくなるはずです。梅雨に向かいこれから雨が増える前にお気に入りの傘を見つけておくと雨の憂鬱な気分が少しは晴れるかもしれません。